今回はZaif(ザイフ)の登録方法を解説します。

仮想通貨取引所の登録は、全く難しくはありません。

ですが、はじめて登録する際は、面倒に感じるかもしれませんね。

あなたが躓かないように、分かりやすく丁寧に解説したいと思います。

慌てず、ゆっくりZaif(ザイフ)の口座開設まで終わらせてみましょう。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

Zaif(ザイフ)の登録方法から

Zaif

出典元:Zaif

まずは、下記にアクセスします。

Zaif

無料登録

Zaif(ザイフ)公式サイトの右上のメニューから、「無料会員登録」を選択。

登録

メールアドレスを入力し、『登録』ボタンをクリックします。

出来ればメールアドレスは、仮想通貨用を用意したほうがいいでしょう。

確認

上図のように、ロボットでないことを確認されます。

指示された画像を選択し、『確認』ボタンをクリック。

確認メール

上記が表示されますので、登録したメールの受信ボックスを確認します。

確認メール

上記内容の確認メールが、Zaifから届いているはずです。。

確認メールの赤枠内のURLをクリックします。

ユーザー登録

先に利用規約と重要事項説明を読み、チェックボックスにチェックを入れます。

次に、メールアドレスは自動入力されていますので、パスワードを入力。

パスワードに関しては、強度が51%以上の必要があります。

パスワード管理ソフトなどで、強度の高いパスワードを生成したほうがいいでしょう。

KeePass Password Safe のダウンロード・使い方
KeePass Password Safe のダウンロード・使い方。

全ての項目を入力して、『同意して登録』ボタンをクリック。

Zaifの基本情報登録

登録完了

続いて、Zaifに基本情報を登録します。

なぜなら、基本情報を登録しないと、入出金が出来無いからです。

画面を下にスクロールすると、基本情報の入力画面が現れます。

名前 生年月日

「個人・法人区分」と国名は、最初から自動で入力されています。

ですから、漢字の名前、フリガナを入力。

注意点は姓と名の間に、スペースを入れること。

生年月日は、プルダウンメニューで選択します。

更に画面を下にスクロールします。

住所 電話番号

郵便番号をハイフンなしで入力すると、住所は自動入力されます。

ですから「番地」の箇所に、番地以降の住所を入力します。

次に電話番号をハイフンなしで入力。

あとは、「ご職業」「お取引目的」をプルダウンメニューから選択後、『変更』ボタンをクリックします。

ちなみに外国PEPsについては、国または国の機関の重職についていない限り、「いいえ」のままで結構です。

本人確認

上記が表示されれば、Zaifへの登録は完了です。

続いて、取引が出来るように、本人確認を行いましょう。

『本人確認手続きを開始』ボタンをクリックします。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

Zaif(ザイフ)の口座開設までの流れ

続いて、Zaifの口座開設までの流れを解説します。

Zaifの本人確認手続き

まずは、本人確認からです。

運転免許証の表面と裏面の写真を用意します。

運転免許証

プルダウンメニューから「運転免許証」を選択。

運転免許証

用意した運転免許証の表面と裏面の写真をアップロードします。

必ず運転免許証の裏面の写真もアップロードして下さい。

本人確認の申請

基本情報に間違いがないかを確認し、『本人確認の申請をする』ボタンをクリック。

申請完了

上記が表示されれば、本人確認書類の申請は完了です。

あとは、郵送で「本人確認コード」が来るのを待ちましょう。

Zaifの2段階認証設定

続いて、本人確認コードが届く前に、2段階認証の設定を行っておきましょう。

セキュリティ

「セキュリティ」を選択し、『2段階認証設定』ボタンをクリック。

次に、スマホにGoogle認証システムをインストールします。

GooglePlayストアで「認証システム」で検索すると、インストール出来るはずです。

Google認証システムがインストール出来たら、起動し『+』をタップ。

「バーコードをスキャン」を選択します。

QRコード

スマホのバーコードリーダーが起動しますので、表示されているQRコードを読み取ります。

次に、「クリックしてキーを表示」をクリックし、表示されるキーを保存します。

キーはスマホの機種変や故障の際に必要となるので、大事に保管して下さい。

コード

画面を下にスクロールすると、上図のコード入力画面が現れます。

スマホの認証システムに表示されるコードを入力し、『確認』ボタンをクリック。

有効化

上記が表示されれば、2段階認証の設定は有効化されています。

ですが、まだ2段階認証の設定は、完了ではありません。

画面を下にスクロールします。

任意項目

任意項目を確認し認証システムのコードを入力後、『設定を更新』ボタンをクリック。

2段階認証設定完了

上記が表示されれば、2段階認証の設定は完了です。

Zaif(ザイフ)からハガキが届いたら

Zaif(ザイフ)に本人確認の申請をして、約1週間後にハガキが届くと思います。

ハガキ

Zaifから届いたハガキは2重になっていますので、右下隅からゆっくり開きます。

本人確認コード

「本人確認コード」に記載されているコードをメモ帳に保存。

Zaifにログインします。

本人確認完了

画面右上の「アカウント」を選択し、「登録情報/本人確認」タブをクリック。

「本人確認」『郵送確認』ボタンをクリックします。

確認コード

画面を下にスクロールすると、「本人確認コード」の入力欄がありますので6桁のコードを入力。

最後に、『本人確認コードを送信』ボタンをクリックします。

完了

上記が表示されれば、Zaifの口座開設は完了です。

最近は、4~6日程度でハガキが届きます。

お疲れ様でした。

Zaifの登録について

Zaifの登録方法については、記事だと面倒に感じるかもしれません。

ですが、実際に記事通り進めていくと、あっという間に終わっていまいます。

しかも、現在はZaifの口座開設の手続きも混んでいないようなので、割りと早くハガキも届くでしょう。

思い立ったが吉日(笑)

Zaifの登録に挑戦してみてはどうですか。

▼登録は下記よりどうぞ▼

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング