本日は、Zaif(ザイフ)の使い方を解説します。

私が考えるZaif(ザイフ)を使うメリットは、イーサリアムの取扱がある点です。

海外の取引所に送金する通貨としては、リップル、ライトコインの次に、イーサリアムがオススメだと思います。

ちなみに、リップル、ライトコイン、イーサリアムの全てを扱っているのは、Bitbankです。

まだ、Bitbankの登録がお済みでなければ、この機会に下記よりどうぞ。

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

Zaif(ザイフ)の使い方を解説

では、Zaif(ザイフ)の使い方を解説しいきます。

Zaifへの入金方法

アカウント

ザイフにログイン後、画面上部のメニューから、「アカウント」を選択します。

入出金

グローバルメニューから、「入出金と履歴」を選択。

入金

「¥」マークを選択し、「入金」をクリックします。

今回は、銀行振込で入金するので、「銀行振込による入金」タブを選択。

ちなみに、ペイジー入金を選択すると、下記の注意が表示されます。

ペイジーを利用して入金された額については、一週間の出金制限対象になります。
例えば、10万円ペイジーで入金された場合、入金後1週間はお客様の時価評価額10万円を下回るような出金は制限されます。

私は出金制限を受けたくないので、銀行振込を選択しました。

続いて、「入金金額」に振込予定額を入力し、『入金開始』ボタンをクリックします。

振込先

上図のように振込先が表示されますので、「お振込名義」に注意して振込を行います。

ネットバンクで振り込む場合は、「お振込名義:」に表示されている名前をコピペした方が、間違いがなくていいです。

今回私は楽天銀行から、09:33に振込を行いました。

で、数分後ザイフから下記内容のメールが届いてます。

1件の通知が有ります。

09:37:32 Zaifアカウントへの5000円の入金が完了しました。

日時: 2018/07/10 09:37:32

金額: 5000円

「お振込名義」をコピペすると、ザイフでスグに入金確認が取れるようです。

ザイフでの仮想通貨の買い方

続いて、ザイフで仮想通貨のイーサリアムを買ってみます。

取引

画面上部のメニューから、「取引」を選択。

イーサリアム

画面左上の方に、通貨ペア(BTC/JPY▼)が表示されているはずです。

通貨ペア(BTC/JPY▼)をクリックして、「ETH/JPY」を選択。

成行

私は成行き注文する方なので、『成行』ボタンをクリックしました。

(※成行注文とは価格を指定せずに、今すぐ約定する金額で買う方法です。)

もし、指値注文したい場合は、『指値』ボタンをクリックして希望の金額を入力して下さい。

数量は「使用残高▼」をクリックし、パーセンテージを指定すると簡単です。

私は「100%」を選択。

買い注文

『買い注文』ボタンをクリックしたところ、現在「成行」が使えないと表示されてしまいました。

仕方ないので、『指値』ボタンをクリック。

買い注文

上図は分かりやすいように、板と注文画面を並べています。

まず、「1ETHの価格」は、板の数字(52345)をクリックしました。

「買いたい量」は、「使用残高▼」から「100%」を選択。

あとは、『買い注文』ボタンをクリックしました。

注文完了

上図のように、「注文:注文を受け付けました。」と表示されれば、約定を待つだけです。

私の場合は売りに出ている数値をクリックしているので、スグ約定しています。

私の買い方は、成行注文と変わりません。

注文履歴

ちなみに、takerの場合は、手数料が0.1%かかるようです。

(※takerについては、ザイフでは下記のように解説しています。)

Zaif exchangeでは、maker手数料は板に注文を並べる際の手数料、taker手数料は並んだ注文を消費する際の手数料を指します。

今回の場合は、手数料が5円(0.0000958ETH )かかっています。

あなたが手数料を払いたくないな場合は、「1ETHの価格」の欄に板にない数字を入力するといいでしょう。

数字の入力が面倒であれば、買い気配の数値をクリックしてもいいと思います。

買い気配値

上図でいうと、赤文字の数字が買い気配の価格です。

ただ、あまり安い価格を指定すると、約定に時間がかかるので注意して下さい。

ザイフから仮想通貨を送金する

今回は、現時点で取引高が世界一のFCoinへ、ザイフからイーサリアムを送金してみます。

アカウント

画面右上のメニューから、「アカウント」を選択。

イーサリアム

画面を下にスクロールすると、上図のように各コインのシンボルマークが表示されているはずです。

今回はイーサリアムを送金するので、「ETH」を選択。

出金

「出金」をクリックします。

出金

「出金アドレス:」には、FCoinのイーサリアムのアドレスを入力。

FCoinのイーサリアムのアドレス取得は、『FCoinの登録方法!FTの買い方も解説!うまい話が続くはずは・・・』を参考にして下さい。

次に、「出金金額:」には、送金したい金額を入力。

私は残高全てを送ることにしました。

但し、出金手数料が0.01ETHかかるので、残高から手数料分を引いた金額を入力しています。

あとは、認証コードを入力し、『出金』ボタンをクリックするだけです。

保有資産

ちなみに、残高は画面右上の「保有資産▼」をクリックすると、上図のようにポップアップ画面で表示されます。

私は先にイーサリアムの残高をコピペしてから、手数料分(0.001)を引きました。

出金準備中

問題がなければ、出金履歴に「出金準備中」と表示されます。

出金完了

また、数分で上図のような表示に変われば、ザイフ側の出金手続は完了です。

あとは、送金先の取引所を確認して下さい。

Deposit

今回のザイフからの送金は、約10分かかっています。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

ザイフの使い方について

私はBitbankの次に、ザイフを利用してます。

私がザイフを利用するのは、殆どが海外の取引所へ送金する時です。

利用頻度としてはBitbankが9割で、ザイフが1割といったところでしょうか。

Bitbankとザイフ以外の日本の取引所は、殆ど利用することがありません。

Bitbankとザイフだけで、事足りるからです。

多分、今後はザイフを使う機会も、増えるかもしれません。

なぜなら、ザイフの送金処理が、驚くほど早くなっているからです。

以前であれば、ザイフのイーサリアムの送金は、1時間以上かかっていたと思います。

それが、今回ザイフを使ってみると、なんと10分で送金が完了しました。

今後はイーサリアムの送金は、ザイフも使おうと思っています。

最後に、仮想通貨の送金は、アドレスを間違うと資金を失ってしまいます。

仮想通貨を送金する際は、細心の注意を払うようにして下さい。

また、まずは少額で送金を行い、テストするといいでしょう。

仮想通貨に関わる行動は、必ず自己責任でお願いします。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談は、コチラからどうぞ。

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング