本日はWWB(Wowoo)という仮想通貨について書いてみます。

最近、Bit-Zの登録記事に、アクセスが集中していて不思議でした。

理由を調べてみたら、本日WWBがBit-Zに上場するらしい。

Bit-Z

WWBが取引できるのは、日本時間では夜のようですね。

※20:00追記:WWBはBit-Zに上場しました。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

WWB(仮想通貨)の将来性は?

Wowoo

注目度の高いWWBですが、将来性はどうなのでしょうか?

まあ、普通に考えると、

「注目度が高い=将来性がある」

と考えてしまします。

WWB(Wowoo)の現状から見ていきましょう。

ICO価格:1WWB=0.0011ETH

となっています。

現在のレートで日本円換算すると、1WWBは約89円です。

価格が100円を超えていないので、WWB(Wowoo)は購入しやすい価格帯ではあります。

ただ、Wowooの運営サイドは、上場後30倍を目指すと言っているようです。

WWBの現在価格(89円)の30倍というと、2,670円となります。

(※正確には、0.033ETHということでしょう)

将来的にWWB(Wowoo)が30倍になるのは、余程の材料がないと難しいでしょう。

WWBの将来性を考える上で、他の材料も確認してみます。

テレグラム

Wowooのテレグラムのメンバーを確認すると、7,484人の登録があります。

WWBはテレグラムのメンバーが多いとは言えませんが、ある程度関心度は高いかもしれません。

WWBの将来性と関係ありませんが、テレグラムで余計なものを発見(汗)

We are happy to announce the 1st campaign which are taking place on Bit-Z!!

Users who register their Bit-Z account from below link will get free WowBit token (WWB)!!

Total of 200,000WWB are given out in this first campaign.

https://www.bit-z.com/user/signup?pid=1491068

The 2nd campaign are to be announced soon too.

Wowoo Team

上記を翻訳すると、下記の内容になります。

「Bit-Zで行われている第1回キャンペーンを発表いたします。

下のリンクからBit-Zアカウントを登録すると、無料のWowBitトークン(WWB)が手に入ります!

この最初のキャンペーンで合計200,000WWBが出されます。

https://www.bit-z.com/user/signup?pid=1491068

2回目のキャンペーンもすぐに発表される予定です。

Wowooチーム」

私には何のメリットもありませんが、上記リンクからBit-Zに登録するとWWBがもらえるようです。

詳しい内容が知りたい場合は、下記テレグラムでご確認下さい。

https://web.telegram.org/#/im?p=@wowooofficial

尚、キャンペーに関しては、私は一切責任を持てません。

ご了承下さい。

話を先に進めます。

次に、Wowooプロジェクトの参加メンバーを確認します。

山下氏

WWBのチーフアーキテクトに「ヤマシタ ユキオ」氏という日本人がいます。

山下さんの金融システム開発の実績には、

「東京証券取引所、東京証券取引所、大阪証券取引所、NYMEX、野村證券、大和証券、ソニー銀行、ジャパンネット銀行、マネックス証券、楽天証券、三菱東京UFJ銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、FXシステムサービス プロバイダー」

といった大企業が含まれるようです。

マーケティング

WWBのマーケティング責任者にも日本人がいます。

杉浦有哉氏。

杉浦さんは、TokenNewsの代表取締役です。

会社概要 |
代表挨拶 我々は、ブロックチェーンプロジェクトの分析を行い、魅力あるプロジェクトの発展に貢献します。ブロックチェーン専門のリサーチチームにより(あるいは、プロジェクトに直接コンタクトを取り)、プロジェクトに関する様々な情報を蓄積し続けます。これらの情報をベースに、プロジェクトの比較・分析、付加価値の高い情報を顧客に配信することにより、企業としての信用力をつけていきます。 ブロックチェーンは、新たな信用の形を世の中に広め、様々な人たちがその信用の形を利用し次々とビジネスを生み出しています。この技術を使うことで今までにない未来を創造することができると我々は確信しています。一方で、法整備がなされていない現在のブロックチェーンの業界では、既存の法規制に従いながら、ビジネスを展開していくことが重要です。どんなに素晴らしいコンセプトを持ったプロジェクトでも、法規制に則っていなければ、その業界のスタンダードになることはできないからです。ブロックチェーンの技術は、既存のビジネスを塗り替え、新しいビジネスを創造するという世界を変える力があります。 代表取締役 杉浦有哉 社名 Token News HK Ltd. 事業内容 ・ブロックチェーンプロジェクトに関する人材派遣 ・教育サービス ・デジタルメディア運営 ・ビジネスセミナー運営 ・会員サービス運営 など 本社所在地 香港中環皇后大道中99號中環中心33樓3309室(Unit 3309, 33/F, The Center,99 Queen’s Road Central,Hong Kong) 設立 2017年6月 お問合せ info@tokennews-hk.com 提携会社

兼元氏

WWB評議会の兼元謙任氏。

兼元さんは、日本最大級のQ&Aソーシャルコミュニティ「OKWAVE」の代表取締役です。

役員紹介
役員紹介 Officers 当社の経営陣をご紹介します。 代表取締役社長(CEO)兼元 謙任KANETO Kanemoto 株式会社GK京都、株式会社ダイワ、株式会社イソラコミュニケーションズ を経て2000年2月より現職 通産省グッドデザイン・中小企業庁 長官特別賞 ニフティ ホームページグランプリ2000・日経ナビ賞 サンブリッジ アントレプレナー オブ ザ イヤー2003 日本デジタルコンテンツ協会 デジタルコンテンツグランプリ2002 コミュニティ賞 2007年 第7回 Entrepreneur Of The Year Japan「グロース部門」ファイナリスト 『グーグルを超える日』(ソフトバンク クリエイティブ) 『ホームレスからのリベンジ』(小学館文庫) 『ホームレスだった社長が伝えたい働く意味』(大和書房) 『これで僕はホームレスから上場企業社長になった 1日1枚成功シート』(東洋経済新報社) 『元ホームレス上場社長のリアルな「お金」の話』(こう書房) 他 その他 著書一覧はこちら 講演履歴はこちら 取締役(COO)副社長福田 道夫Michio Fukuda 日本電信電話株式会社を経て、2000年6月就任 OKWAVEを運営する中で培ってきたツールやノウハウを企業様にご利用いただくことで、サポートコストの削減や売上アップのお手伝いをさせていただい ております。企業様にFAQをご利用いただくメリットを感じていただき、その善さを益々多くの企業様にもお伝えできればと思います。 取締役(CFO)経営管理本部長野崎 正徳Masanori Nozaki 山田長満会計事務所を経て、2000年2月就任 経営管理部門で、業務フローを円滑にし、働きやすい会社にするといったことに従事しています。OKWAVEのビジネスを広げていくことで、世界がよりよくなっていくことが何よりの喜びです。 取締役(CMO)エンタープライズソリューション事業部長佐藤 哲也Tetsuya Sato リコー株式会社、日本マイクロソフト株式会社を経て、2014年9月就任 Q&A

他にも、OKWAVEの副社長である福田氏、取締役の松田氏がWowoo(WWB)の評議会に名を連ねています。

六川

また、日本人弁護士の六川 浩明氏もいます。

弁護士等紹介 – 六川 浩明|小笠原六川国際総合法律事務所
小笠原六川国際総合法律事務所は、企業法分野を中心として近時の新たな現代的法的諸問題に対しても精力的に取り組む法律事務所です。

ただ、六川さんは、仮想通貨の色々なプロジェクトで目にします。

最近だとAlbosですね。

Albos(仮想通貨)とは?ICOと将来性について!?
本日はAlbos(アルボス)という仮想通貨について書いてみます。 私はブログの読者さんから、 「Albosとい […]

ロジャー氏

日本人以外では、ロジャー・バー氏。

ロジャーさんは、Bitcoin.comの代表取締役です。

Bitcoin.com
Get started with Bitcoin: find a wallet, buy bitcoin, shop with bitcoin, read bitcoin news, and get involved on the forum. on Bitcoin.com

ロジャーさんは、仮想通貨業界ではかなりの有名人らしい。

早い時期にビットコインに目をつけ、ビットコイン関連企業に投資を行ってきたのだとか。

「ビットコインの神」とも呼ばれているようです。

NEO

最後は、Da Hongfei氏。

Da Hongfei氏は、仮想通貨NEOのCEOです。

NEO

NEOは、本日の時点で時価総額ランキングで11位。

NEOは仮想通貨の中でも、有名な優良通貨です。

以上から、Wowooの関係者には身元の知れた日本人が多いので、いい加減なプロジェクトではないでしょう。

また、Wowooの評議会には仮想通貨業界の有名人もいますから、将来性も期待できるかもしれません。

株主

ちなみに、上図はZaifを運営するテックビューロの株主構成です。

テックビューロの株主に、OKWAVEが入っているのが分かります。

実は、OKWAVEという会社は、ブロックチェーン技術に詳しい会社なのです。

中でも、松田 元さんは、OKWAVEのブロックチェーン専門部署の責任者。

ですから、Wowoo(WWB)のプロジェクトにOKWAVEが関わっているということは、将来性が見込めると判断してもいいかもしれません。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

WWBの取引所と買い方

続いて、WWBの取引所と買い方を紹介します。

WWBの取引所ですが、既にお伝えしている通りBit-Zに本日上場予定です。

また、Wowoo主導で立ち上げ予定のWowoo Exchangeという取引所にも、WWBは上場が決まっているとのこと。

Wowoo Exchange
Wowoo Exchange is to be operated in 4 different locations, covering UK and leading crypto market of South East Asia. Whitepaper and more details coming soon!

Wowoo Exchangeが出来れば、WWB(Wowoo)が基軸通貨になる可能性もあります。

益々、WWBの将来性が楽しみですね。

WWBの買い方

今回は、Bit-ZでのWWBの買い方を解説します。

まずは、Bit-Zに入金をする必要があります。

WWBがBTC建てであれば、LTCを送金すればいいでしょう。

もし、ETH建てしかないようであれば、ETHを送金するほうがいいですね。

いずれにしろ、私はビットバンクから送金します。

ビットバンクの登録は▼

仮想通貨ならビットバンク

ビットバンクの登録方法

ビットバンクからの送金方法は、下記記事で詳しく解説しています。

Bitbankの使い方は?買い方から送金方法までを詳しく解説!
本日は、Bitbank(ビットバンク)の使い方を解説します。 最近、同じ手順を何度も解説しているので、1つの記 […]

次にBit-ZでのWWBの買い方ですが、下記記事で詳しく解説していますので参考にして下さい。

Bit-Z(取引所)の登録方法!送金と買い方も解説!
今回はBit-Zという取引所の登録方法について解説します。 しかし、仮想通貨の種類も多いですが、取引所もいくら […]

Bit-Zは非常に使いやすい取引所です。

ですが、初めて利用する取引所では、必ず少額でテストすることをお勧めします。

※22時追記:WWBを少しだけ買ってみました。

WWB購入

現在のレートで、123.49円です。

WWB(Wowoo)という仮想通貨とは?

今更ですが、WWBとはどんな仮想通貨なのか?

基本的にWowooが独自のブロックチェーン技術を用いて、WWBを発行しているわけでありません。

ICOの時点では、イーサリアムのプラットフォームを利用して、WWB(Wowoo)を発行しています。

ですが、今後WWBは、NEOのブロックチェーン上へ移行する予定になっているのです。

NEOのCEOが、WWBに興味を示す理由が分かりましたね。

NEO上でWWBが成功すれば、NEO自体の評価があがるからです。

では、Wowooはどんなサービスを提供するのか?

分かりやすく言うと、Wowoo(WWB)の提供するサービスは、OKWAVEと変わりません。

Wowoo(WWB)も、Q&Aのサービスを提供します。

だから、OKWAVEは、Wowooに興味を示したのでしょう。

Q&Aサービスに需要があることを、OKWAVEは充分に理解しているからです。

WowooとOKWAVEの違いは、謝礼が発生する点にあります。

例えば、私が無計画で旅に出たとしましょう。

私の旅行先でイベントが行われていて、泊まる宿がどこにもありません。

そんな時、私はWowooを利用して、宿泊施設を尋ねます。

すると、親切なあなたが、ネットには載っていない宿泊施設を紹介してくれました。

私はあなたのお陰で、屋根付きの場所で過ごすことが出来たのです。

私は感謝の気持ちを、あなたに伝えたいと思いました。

私は御礼の言葉と少額のWWBを、あなたのアカウントに送付。

別にあなたが、お礼が欲しかったわけではないのは知っています。

ですが、私は本当に助かったので、気持ちを示したかったのです。

今回の例は、個人と個人の話ですが、相手が団体や企業でも構いません。

私が特定の団体を金銭的に支持したければ、WWBを送付することも出来るでしょう。

要するに、Wowooのアカウント同士で、数量に関係なくWWBを送受金出来ます。

その為、Wowooのネットワークを使うと、ICOを行うことも可能です。

WWBの上場について

WWBがいきなりBit-Zに上場するのは、凄いとは思います。

ですが、私自身WWBの凄さが、いまいち分かっていません(汗)

Wowooのプロジェクトに、独自性があるわけでもない。

でも実際は、ICOの段階からWWBは、注目を集めていたようです。

ということは、WWBの価格はBit-Zに上場後、ある程度の上昇は見込めるかもしれません。

多分ですが、WWBのマーケッターが、非常に優秀なのでしょう。

日本人の杉浦有哉さんがマーケティング担当ですから、彼がやり手なのか。

いずれにしろ、WWBは技術面はNEOが基盤となっていきますから、問題ありません。

プロジェクト面でも、OKWAVEのアドバイスが有れば、WWBは大失敗はないでしょう。

そう考えると、WWB(Wowoo)は、そこそこの成功を収めるかもしれませんね。

最後に、私の意見は利益を保証するものではありません。

仮想通貨の投機は、必ず自己責任でお願いします。

今日は、WWBのBit-Zへの上場を待ってみましょう。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング