仮想通貨を扱っていると、ウォレットという言葉を目にすることが多いでしょう。

ウォレットは『財布』のことですが、仮想通貨の財布とはどういうものになるのでしょうか?

ということで、本日は仮想通貨のウォレットについて書いてみます。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

仮想通貨のウォレットとは何?種類も調べた!

仮想通貨 ウォレット

仮想通貨のウォレットは、財布のように仮想通貨を入れておくになるのでしょうか。

仮想通貨のウォレットについて調べてみると、

  1. ウェブウォレット
  2. ソフトウェアウォレット
  3. ハードウェアウォレット

があるようです。

それぞれを解説していきます。

ウェブウォレットとは?

ウェブウォレットとは、言葉通りウェブ上に存在する財布になります。

仮想通貨と同じように、手に取る事ができない財布ですね。

サービスを提供する業社のサーバー上で、データを保存してもらう事になります。

ですから、簡単に言うと、仮想通貨交換所に預けているのと同じです。

  1. ユーザーID
  2. パスワード
  3. 2段階認証

上記の設定だけで、いつでもどこからでもアクセスできます。

デメリットは、今回のコインチェック事件のようなことが、起こる可能性があることです。

ですから、ウェブウォレットを使う場合は、サーバー管理業社が信頼できるかどうかを見極める必要があります。

私がおすすめしている3つの業社は、いずれもセキュリティ面での信用はあると思っています。

ビットフライヤーの評判は?手数料も調べてみたが・・・
私が今現在イチオシのビットフライヤー。 本来であれば、最初に評判を調べておくべきでした。 先日、GMOコインの […]
ビットバンクの評判は?リップルの買い方はMT4との合わせ技で!
本日は、私の好きなビットバンクの評判について、調べてみたいと思います。 また、ビットバンクでのリップルコインの […]
Zaif の評判は?取扱通貨についても調べてみたが・・・
本日は、仮想通貨の取引所、Zaif(ザイフ)の評判について書いてみたいと思います。 Zaif(ザイフ)について […]

ソフトウェアウォレットとは?

ソフトウェアウォレットは、ウェブ上からソフトウェアをダウンロードし、自身のパソコンにインストールして使います。

NEMのハーベストとは何?やり方を知っていると稼げる?
昨日NEMについて記事を書いたのですが、ハーベスト(収穫)については別で書くことにしました。 なぜなら、NEM […]

先日、上記記事でも書いてますが、NEMのNano Walletをインストールしてみました。

ソフトウェアウォレットはダウンロードもインストールも、あっという間に出来てしまいます。

(※種類によっては、時間とPCの容量が沢山必要な場合もあります。)

ソフトウェアウォレットのメリットは、

  1. ネットに接続していない状態だとハッキングの心配がない。
  2. 取引所がハッキングされたり、倒産しても資産を失うことがない。

という点です。

続いて、ソフトウェアウォレットのデメリットですが、

  1. PCが故障した場合は、新しいPCで設定をし直す必要がある。
  2. ウイスル対策等のセキュリティ対策は、自分で責任を持って行う必要がある。
  3. ソフトウェアウォレットの種類によっては、PCの容量が数十GB必要なこともある。

といった点でしょうか。

ハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットは、簡単に言うとUSBメモリのような記憶装置です。

ただ、市販のUSBメモリではなく、仮想通貨のウォレット用のプログラムがインストールされています。

ですから、ハードウェアウォレットのメリットは、

  1. PCに接続していなければ、ハッキングの心配がない
  2. 取引所がハッキングされたり、倒産しても資産を失わない
  3. PCが壊れても、他のPCで使える

といった点です。

逆に、ハードウェアウォレットのデメリットは、

  1. 故障や紛失の恐れがある。
  2. 購入費用がかかる

といった点です。

▼今すぐ確認▼

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

ハードウェアウォレットは人気があるようで、現在品薄状態が続いているようです。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

仮想通貨のおすすめのウォレットは?

多くのサイトでは、仮想通貨の保管にハードウェアウォレットを勧めています。

確かに、自己管理の方が安心かもしれません。

ですが、ハードウェアウォレットに保管するということは、仮想通貨交換所を信用していない事になります。

株やFXだと取引業者に平気で預けるのに、仮想通貨は別というのはおかしい。

理由として、

「コインチェックのような事件があるから信用できない」

と言うかもしれません。

ですが、コインチェックは『みなし業社』でした。

コインチェックには、金融庁が登録許可を出していなかったのです。

もし、自分で調べて信用できない仮想通貨交換所だと思うなら、仮想通貨の取引自体を止めたほうがいいでしょう。

なぜなら、仮想通貨を預けるだけの信用がないのであれば、取引自体信用出来ないはずです。

大体、現金を自宅で保管する人は、少ないのではないでしょうか?

「お金は銀行に預けたほうが安心」

と思っているからです。

それなのに、

「仮想通貨は自己管理が安心」

というのは面白い。

私なら、仮想通貨のプロである仮想通貨交換所に預けます。

仮にパスワードを忘れても、私の身分が証明できれば、出金してくれるでしょう。

また、自分のPCがウイスル感染しても、仮想通貨交換所のオフラインの管理であれば盗難のリスクも低い。

ですから、私のおすすめの仮想通貨のウォレット(保管場所)は、仮想通貨交換所になります。

但し、どの業社でもいい、というわけではありません。

私の現在のおすすめは、

  1. ビットフライヤー
  2. ビットバンク
  3. ザイフ

の3社になります。

仮想通貨のウォレットについて

今回、仮想通貨のウォレットについて書いてきました。

私の考えとしては、現在タンス預金をしている人は、ハードウェアウォレットで仮想通貨を保管してもいいと思います。

理由は、

「自己管理がもっとも安全」

という意識の高さがあるからです。

ですが、

「仮想通貨の業界は怪しい」

と思ってハードウェアウォレットを利用するのであれば、仮想通貨の取引自体を止めたほうがいいでしょう。

怪しいものに、大事なお金をつぎ込むのは、あまり感心できません。

宝くじのように、夢を買うというのであれば、本当になくなっても困らない金額にするべきです。

いずれにしても、仮想通貨のウォレット以前に、自分が信用できる仮想通貨交換所を見つけたほうがいいでしょう。

最後に、私の意見は、あくまで個人的な見解に過ぎません。

仮想通貨の保管の安全性を保証するものではないということです。

仮想通貨の取引については、必ず自己責任で行って下さい。

あなたが仮想通貨の取引を楽しめることを願っています。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング