仮想通貨とは何か?

仮想通貨で稼ぐには、基本的な知識は必要でしょう。

仮想通貨をわかりやすく解説したいが、出来るだろうか?(汗)

頑張ってみたいと思います。

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

仮想通貨とはわかりやすく言うとなに?

仮想通貨とは、現実社会では手に触れることが出来ない通貨です。

どういうことかというと、コンピューターのデーター上に存在し、すべての記録がブロックチェーンという技術の元に管理されています。

ブロックチェーンとは何?わかりやすく解説してみたい!?
仮想通貨を学ぶと、必ずブロックチェーンという言葉が出てきます。 昨日の記事にも出てきたので、ブロックチェーンと […]

わかりやすく言うと、インターネット上のお金で、現実社会には存在しません。

ですから、上の写真のように、ビットコインが存在するわけではないのです。

仮想通貨とは電子マネー?

では、仮想通貨は電子マネーと同じか?

という疑問が湧くかもしれません。

残念ながら仮想通貨は電子マネーとは別になります。

電子マネーは、お金を持ち歩くのが不便であったり、ネット上の決済が不便なので実際のお金を電子化したものです。

その為、私達日本人の場合は、電子マネーの単位も『円』になります。

電子マネーは『お金』です。

日本の場合は日銀が発行しているので、信用があります。

日銀と言うより、日本という国が保証しているので『円』は信用があるのです。

ところが、仮想通貨は国の銀行が発行していないので、『お金』ではないともいえるのです。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

仮想通貨の始まり

仮想通貨の始まりを考えると、仮想通貨とは何かがわかりやすいかもしれません。

現在はインターネットの普及により、急速にグローバル化が進んでいます。

英語さえできれば、インターネット上には国境がないと言ってもいい。

そんな中、通貨は国によって違いがあるのです。

日本なら『円』、アメリカは『ドル』、ユーロ圏は『ユーロ』といった感じです。

そこで、

「国によってお金が違うのって不便じゃね?」

と考えた人達が作ったのが仮想通貨です。

ここで問題となるのが信用

国の銀行が発行しているわけでもないので、信用がないわけです。

仮想通貨を作った人達は、信用を得るための仕組みを考えました。

それが、ブロックチェーン技術です。

次第に、ブロックチェーン技術で管理される仮想通貨を信用する人達が、仮想通貨を使うようになる。

これが仮想通貨のはじまりです。

仮想通貨の信用

仮想通貨は信用できるか?

答えは、仮想通貨が信用できるかではなく、

『仮想通貨を信用している人だけが使う』

ということになります。

例えば、ビックカメラでは、全店でビットコイン(仮想通貨)が使えます。

ビックカメラでビットコイン(仮想通貨)が使えるのは、ビックカメラがビットコインを信用しているからです。

では、なぜビットコインという仮想通貨は信用できるのか?

それは、世界中で需要が高まっているためです。

「それはなぜ?」

となりますよね。

金を例に上げましょう。

元々、お金は『金』をどれだけ買えるかで価値が決まっていました。

金本位制です。

『金』は美しいから価値があるのではありません。

金は埋蔵量に上限があるから価値があるのです。

ビットコインも同じです。

ビットコインの発行上限は、2100万ビットコインと決められているのです。

それと、先に紹介したブロックチェーン技術が信用されているので、世界中で需要が高まったといえます。

ですが、これは一般論です。

私の場合は、ビットコインで儲かると思っている人が多いから需要がある、と思っています。

仮想通貨の特徴

次に仮想通貨の特徴について考えてみましょう。

  • 管理者がいない
  • 世界中で取引されている
  • 手数料が安い
  • 匿名性が高い
  • 価値が変動する
  • 発行上限が決まっている

すぐ思いつく仮想通貨の特徴は上記になります。

仮想通貨は管理者がいない?

仮想通貨は『円』等の各国の通貨と違って、銀行が管理しているわけではありません。

では、誰が管理しているのか?

それは、仮想通貨を利用しているすべての人。

仮想通貨の取引のデータは、利用者全員で共有しているのです。

例えば、私があなたに仮想通貨を送ったとします。

すると、その情報は仮想通貨の利用者が共有しているデータに、書き込まれるのです。

ですから、仮想通貨には、一括管理している管理者も会社もないということになります。

仮想通貨は世界中で取引されている

仮想通貨は、どこの国の通貨でもなくネット上の通貨です。

その為、世界中の仮想通貨の利用者の間で取引ができます。

仮想通貨の価値を認めたお店であれば、世界中どこでも使えるということです。

仮想通貨は手数料が安い

仮想通貨は銀行が管理しているわけでもないので、人件費等がほとんどかかりません。

その為、海外に仮想通貨を送金したとしても、手数料が安くて済むのです。

仮想通貨は匿名性が高い

仮想通貨の取引は、全て利用者が共有しているデータに書き込まれます。

例えば、私のビットコインの財布からあなたのビットコインの財布に1BTC移動があった、みたいな感じです。

ですが、財布には個人情報が全く入っていない。

ということは、私の財布からビットコインが移動しても、私という人間は特定できないのです。

仮想通貨は価値が変動する

2014年にマウントゴックスという国内のビットコイン取引所が破綻しました。

こういうマイナスの材料があると、仮想通貨の価値は下落します。

また、逆もそうです。

2009年にノルウェーの男性が、遊び半分に約2400円分のビットコインを購入したそうです。

それが4年後、なんと1,800万円になっていたというのは有名な話です。

このようにプラス材料が出ると、仮想通貨の価値は上昇します。

仮想通貨の将来

あなたが仮想通貨に興味を持ったのは、これから仮想通貨は面白いと思っているからでしょう。

面白いというのは、儲かるという意味です。

私も仮想通貨は儲かると思って、稼ぐための勉強を始めることにしました。

なんといっても、昨年国が『仮想通貨法』を制定したくらいです。

もう、ビットコインを怪しいと言っている場合ではないと思います。

確かにビットコイン取引所が破綻した時、大きな損失を被った人はいたでしょう。

ですが、ビットコインが使えなくなったわけではありません。

ビットコインを預かっていた会社が破綻したのです。

しかも、ハッカーによってビットコインが盗まれたいう怪しい理由。

真実は分かっていませんが、横領ではないかという噂もあるようです。

いずれにしろ、あなたが仮想通貨の取引を行うなら、セキュリティのしっかりした会社を選んで下さい。

▼私の一押し▼

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

そして、実際に仮想通貨の取引所を覗いて欲しい。

これから仮想通貨は益々需要が増えるでしょう。

今のうちに仮想通貨のことを学んでおけば、仮想通貨と同じように明るい未来が待っているかもしれません。

仮想通貨は現代に必要だから、生まれたのだと思います。

私は仮想通貨の将来は明るいと信じている。

あなたが仮想通貨について、少しでも理解が深まっていれば嬉しいです。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

 

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング