昨日、SBIバーチャルカレンシーズ(SBI VC)のハガキが届きました。

ハガキ

私の場合は、登録の手続から11日かかったことになります。

SBI (仮想通貨取引所)の登録方法!図解で分かりやすいはず!?
本日は、SBI Virtual Currencies(SBIバーチャルカレンシーズ)という仮想通貨取引所の登録 […]

でも、無事にSBIバーチャルカレンシーズの口座開設ができたので、本日は、使い方について書いてみます。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

SBIバーチャルカレンシーズのハガキが届いたら

SBIバーチャルカレンシーズ

まずは、取引パスワードの変更を行ったほうがいいでしょう。

下記より、SBIバーチャルカレンシーズへログインします。

SBIバーチャルカレンシーズ公式サイトはコチラ

口座管理

画面上部のメニューから、「口座管理」を選択。

取引パスワード

「お客様情報」『変更』ボタンをクリックします。

取引パスワード

届いたハガキを開いて、載っている取引パスワードをテキストエディタなどに控える。

取引パスワード

現在のパスワードに、テキストエディタに控えたパスワードをコピペ。

「新しいパスワード」と「新しいパスワード(確認)」に同じパスワードを入力して、『変更する』ボタンをクリックします。

以上で、SBIバーチャルカレンシーズの取引パスワードの変更は完了です。

SBIバーチャルカーレンシーズの2段階認証設定

2段階認証設定

先の「取引パスワード」の下にある「二要素認証」『変更』ボタンをクリック。

もし、Google認証システムを使ったことがない場合は、『仮想通貨初心者って?おすすめの基礎知識を紹介したい!?』を参考にインストールして下さい。

Google認証システム

スマホでGoogle認証システムを起動し、『+』をタップします。

バーコードをスキャン

「バーコードをスキャン」を選択。

Google認証システム

上図のようなポップアップ画面が表示されるので、

  1. QRコードをスキャン
  2. 認証コードを入力
  3. 『変更する』ボタンをクリック

上記の順番で手続を進めます。

2段階認証 設定

「二要素認証」の欄が「On」になっていれば、2段階認証の設定は完了です。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

SBIバーチャルカレンシーズの使い方

では、SBIバーチャルカレンシーズ(SBI VC)を使ってみます。

SBIバーチャルカレンシーズへ入金

入金

画面上部のメニューから、「入出金」を選択。

入金

「ご入金する金額」に入金額を入力し、『次へ』ボタンをクリックします。

取引パスワード

取引パスワードを入力し、『完了』ボタンをクリック。

住信SBIネット銀行のログイン画面が表示されるので、「ユーザーネーム」「WEBログインパスワード」を入力し『ログイン』ボタンをクリックします。

確認

「支払依頼内容」が表示されますので、内容を確認の上、WEB取引パスワードを入力して『スマート認証』ボタンをクリック。

スマホ

スマホで上図の画面が表示されるので、内容に問題なければ『OK』ボタンをタップします。

確認

再度確認の画面が表示されるので、間違いがなければ『OK』ボタンをタップ。

入金完了

パソコンで「入金依頼を受け付けました」と表示されると、入金は完了です。

上図で分かると思いますが、住信SBIネット銀行の手続完了と同時に入金が反映されます。

SBIバーチャルカレンシーズでの仮想通貨の買い方

取引

画面上部のメニューから「取引」を選択。

『銘柄選択』ボタンをクリックし、購入希望の仮想通貨を選択します。

私は「XRP」を選択しました。

買い

注文画面が表示されますので、金額と取引パスワードを入力します。

私は残高を入力してみました。

問題がなければ、『コインを買う』ボタンをクリック。

買い

確認画面が表示されるので、内容を確認して『コインを買う』ボタンをクリックします。

注文履歴

すると、残高分が買えたわけではなく、切りの良い数量だけ約定しました。

【ご注意事項】

・「成行」の買付は発注する仮想通貨数量の1.05倍の買付余力が必要となります。

・「成行」は提示価格に対して買い+5%、売り-5%以内に乖離が収まるよう制限がかかっております。相場状況によっては取引が成立しない場合があります。

・「日本円の金額」で発注された場合、入力金額で発注可能な仮想通貨数量に換算して発注いたします。

注意事項を読むと、成行の場合は、事前に計算して発注したほうがいいようです。

注文不可

あと、500円未満では注文できませんでした。(汗)

SBIバーチャルカレンシーズから出金してみる

SBIバーチャルカレンシーズから出金するには、まずは仮想通貨を日本円に戻す必要があります。

売り

今度は、「XRP数量」にチェックを入れ、先程購入できたリップルの数量を入力。

あとは、取引パスワードを入力して『コインを売る』ボタンをクリックするだけです。

資産

問題なくリップルが売却できたので、出金を行ってみます。

画面上部のメニューから「入出金」を選択。

銀行口座登録

「出金」を選択し、『銀行口座を登録する』ボタンをクリックします。

銀行口座

上図の登録画面が表示されますので、必要項目を入力し『登録情報を確認する』ボタンをクリック。

登録

確認画面が表示されるので、内容を確認して問題がなければ、『登録する』ボタンをクリックします。

登録完了

上図が表示されれば、出金先の銀行口座の登録は完了です。

次に、戻るボタンをクリックして、出金画面に戻ります。

出金

上図の画面が表示されますので、出金金額を入力して『日本円を出金する』ボタンをクリック。

取引パスワード

取引パスワードを求められるので、入力して『完了』ボタンをクリックします。

出金完了

上図が表示されれば、出金の手続は完了です。

手数料

ちなみに、出金手数料(51円)は、出金金額から差し引かれていました。

お客様のご登録済み銀行口座に出金します。
午前6時までのご依頼は当日(銀行営業日)中、
それ以降は翌銀行営業日に出金します。

尚、朝6時以降に出金手続きした場合は、翌日に振り込まれるようです。

SBIバーチャルカレンシーズ(SBI VC)について

今回、SBIバーチャルカレンシーズ(SBI VC)を使ってみて思ったのは、とてもシンプルだということ。

仮想通貨の取引画面の操作方法に関しては、一度使ってみるとスグに覚えてしまうでしょう。

ただ、SBIバーチャルカレンシーズ(SBI VC)では、仮想通貨を保有している実感を持つことは出来ないと思います。

なぜなら、SBIバーチャルカレンシーズ(SBI VC)で購入した仮想通貨は、移動も使用も出来ないからです。

意地悪な見方をすれば、本当に仮想通貨を購入できているかもわかりません。

せめて板でもあれば、現実味が出てくるのではないでしょうか。

現時点で私がSBIバーチャルカレンシーズを使うメリットは、残念ながら思い当たりません。

私はSBIバーチャルカレンシーズ(SBI VC)に期待していたので、本当にショックです。

もし、今後SBIバーチャルカレンシーズを使うことがある場合は、追記したいと思います。

最後に、私の意見は独断と偏見です。

SBIバーチャルカレンシーズの利用に関しては、必ず自己責任でお願いします。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談は、コチラからどうぞ。

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング