Rentberryという仮想通貨が、4月6日に上場していました。

少し面白そうなので、調べてみたいと思います。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

Rentberry(仮想通貨)とは?

Rentberry

出典元:https://ico.rentberry.com/

なんと、RentberryのICOのサイトでは、言語の選択で日本語が用意されていました。

素晴らしい。

ただ、Googleの翻訳とあまり変わりないような(汗)

RentberryのICOのサイトには、

「分散型賃貸住宅プラットフォーム」

と書かれています。

また、RentberryはICOで$30,000,000を調達したようなので、かなり注目されているプロジェクトなのでしょう。

それで、Rentberryとは、簡単に言うと何か?

Rentberryは不動産仲介業者を必要としない「分散型の賃貸住宅プラットフォーム」です。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

Rentberryの特徴

では、Rentberryの特徴を見ていきましょう。

  1. 既に実績がある
  2. ICO前に資金調達に成功している
  3. 投資機会の提供

上記がRentberryの特徴と言えるでしょう。

1つずつ解説します。

Rentberryは既に実績がある

Rentberryと他の仮想通貨の大きな違いは、Rentberryは既に実績があるという点ではないでしょうか。

どういうことかと言うと、Rentberryは現時点で120,000人のユーザーと、224,000件以上の管理物件を所有しているのです。

ですから、Rentberryのプロジェクトは、これから始動するビジネスモデルではありません。

Rentberry – Long-term apartment rentals
Rentberry facilitates the long-term rental process for both tenants and homeowners.
We help tenants save time on rentals by owners and landlords get true market values for their properties.

上記にアクセスると、Rentberryで扱っている物件の写真や詳細を確認できます。

また、物件の契約までの流れ等も解説されています。

上記サイトを覗くと分かりますが、Rentberryは2015年に設立され、既に長期賃貸のビジネスで成功してるのです。

RentberryはICO前に資金調達に成功している

RentberryはICOの前に、$4,000,000の資金調達に成功しています。

出資者は個人投資家やVCファンドとのこと。
(※VCとは、ベンチャーキャピタルの略です。)

ということは、Rentberryには、企画力とマーケティングに優れた人材が揃っていると考えられます。

ビジネスの成功の鍵は人材です。

ですから、Rentberryのブロジェクトは、今後も成長できる可能性があると言えそうです。

Rentberryは投資機会を提供

Rentberryのユーザーは賃貸契約の際に、高額な保証金を用意する必要がありません。

なぜなら、Rentberryでは、トークンの販売代金を保証金に当てるからです。

ということは、Rentberryのトークン保有者は、株主のようなもの。

ですから、株主が配当を貰えるように、Berry保有者は報酬が貰えるのです。

Rentberryはトークン保有者に、効率の良い投資機会を与えていると言えるのではないでしょうか。

Rentberryが上場した取引所と買い方

では、この興味深いRentberryは、どこの取引所に上場したのでしょう。

Rentberry 取引所

上図の表を見ると分かりますが、Rentberryは2箇所に上場しています。

ただ、取引高を考えると、RentberryはHitBTCで購入したほうがいいでしょう。

HitBTCの登録がまだの場合は、下記より簡単に登録できます。

※6月8日追記:

HitBTCが日本人向けのサービスを停止するようです。

私は全て資金を移動しました。

Vote for new currencies to HitBTC exchange!
HitBTC team is developing new features every day to bring best trading experience to our users. And of course we are open to user requests that we receive and a lot of them are about adding new crypto currencies to our exchange. We decided to start open voting to let community decide which coin should be added next. The most popular currencies will be implemented into our exchange.
Bitcoin Exchange: Bitcoin, Ethereum, Monero, Zcash / HitBTC
The most advanced cryptocurrency exchange to buy and sell Bitcoin, Ethereum, Litecoin, Monero, ZCash, DigitalNote, Ardor

Rentberryの買い方

では、Rentberryの買い方を解説します。

まずは、HitBTCに入金する必要があります。

海外の取引所への送金は、ビットバンクからがおすすめ。

理由は、ビットバンクはリップルの取扱があるのと、送金処理がダントツに速いからです。

ビットバンクの登録がまだの場合は、下記より登録できます。

▼今すぐビットバンクへ▼

ビットバンクからの送金方法については、下記記事で詳しく解説しています。

Bitbankの使い方は?買い方から送金方法までを詳しく解説!
本日は、Bitbank(ビットバンク)の使い方を解説します。 最近、同じ手順を何度も解説しているので、1つの記 […]

続いて、Rentberryの買い方を解説します。

Hitbtcの登録方法!将来有望な仮想通貨を探す?
本日は、Hitbtcの登録方法について解説します。 Hitbtcは海外の取引所ですので、堅実派の方は止めておい […]

HitBTCでの仮想通貨の買い方は、上記記事で詳しく解説しています。

初めて海外の取引所を利用する際は、必ず少額でテストして下さい。

Rentberryの将来性は?

Rentberryの将来性はどうなのか?

気になりますよね。

まずは、チャートを確認します。

Rentberry チャート

上図はRentberryの日足チャートです。

上場したばかりなので、なんと言えばいいか(汗)

まずは、上場初日の価格を見てみます。

Rentberryの始値と高値は0.00080680BTCで、安値が0.00000410BTCです。

なんと、高値は安値の約196倍にもなります。

ちなみにRentberryのICO価格は、0.0004EHTだったようです。

トークンが販売開始された時点でのレートで約21円

Rentberryは上場直後の高値は約575円ですから、驚くことにICO価格の約27倍になったことになります。

そりゃ、みんな慌てて売ったでしょう(笑)

仮に10万円分購入していたら、270万円です。

逆に欲をだして売らなかった人は、大損でしょう。

なぜなら、現時点でのRentberryの価格は、8.14円でICO価格を大きく割っているからです。

でも、本当でしょうか?

HitBTCのチャートを見ると大変なことになっているのですが、その割に騒がれていない気がします。

私は何か勘違いしているかもしれません(汗)

なので、チャートを別にして、Rentberryの将来性を考えてみます。

冷静に考えると、Rentberryは不動産を扱う割には、資産調達の額が低いかもしれません。

Rentberryはユーザーと管理物件数は充分確保出来ていますが、まだ稼働率が悪いのではないでしょうか。

ただ、Rentberryは充分な利益が出ているので、それほど資金調達しなくてもよかったのかもしれません。

だとしても、仮想通貨という観点から見れば、Rentberryは技術力が高いわけでも独自性があるわけでもないような・・・

現時点では、Rentberryは大失敗はしないでしょうが、面白みに欠けます。

いずれにしても、私的には今すぐ買いたい仮想通貨ではない気がしてきました(汗)

今後新たな情報が入れば、追記したいと思います。

最後に仮想通貨の投機は、必ず自己責任でお願いします。

私は一切責任を持ちませんので、ご了承下さい。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング