本日は、REBLという仮想通貨について書いていきます。

なぜ、REBLか?

先日PUTを買った時、目にしてしまったからです(汗)

PUT(仮想通貨)とは?取引所と買い方!将来性があるんじゃない?
本日はPUT(Profile Utility Token)について、書いてみます。 実は、PUTを紹介している […]
仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

REBL(仮想通貨)の今後は?

REBL

今回は、REBLの今後から書いていきます。

なぜなら、最近ほかのサイトを見て思ったんです。

私が知りたいのは、

「それ買ったら稼げるの?」

ということだけだ(笑)

で、結論を言うと、

「REBLは面白いです」。

「REBLは稼げる」

とは言いません。

あとで、責任取れと言われても、私には無理だからです(汗)

REBLへの投機は、自己責任でお願いします。

それでは、REBLが面白いと思う根拠を挙げます。

REBL 詳細

上記は、REBLの基本情報です。

REBLは、

  • 価格:9.33円
  • 時価総額ランキング:464位
  • 取引ボリューム:約2億6千万円

となっています。

まず、価格ですがREBLは100円未満ですから、伸び代はあるのではないでしょうか。

仮想通貨は数千円で購入できると、手軽に買う人が多いものです。

次に、REBLの時価総額ランキングですが、464位なので大化けする可能性がある反面リスクも高いと言えます。

仮想通貨のリスクとは、無価値になる可能性です。

仮想通貨は日々新しい通貨が生まれ、そして消えていっています。

私自身、まだ詐欺コインを掴んだことはないですが、今後については分かりません。

次に、最も大事な取引ボリュームですが、REBLは取引高が約2億6千万円あるので流動性はあると判断できます。

他の材料も確認してみます。

Twitter

上図はREBLのTwitterのフォロワー数です。

REBLは25,963人のフォロワーがいるので、関心がある人が多いと言えます。

あと、ツイートが741と多いことから、運営サイドはやる気があるのではないでしょうか。

ただ、懸念材料もあります。

Github

上図はGithubの更新頻度を表しています。

簡単に言うと、REBLのプログラムの更新頻度です。

プログラムソースのUpload回数が少ないと、開発に力を入れていないと見らます。

比較のために、例を挙げてみましょう。

私が保有している銘柄に、POAがあります。

POA(仮想通貨)とは?将来性はあるのか?!
先日、POAという仮想通貨を購入するために、Binanceに登録しました。 Binanceの登録方法!仮想通貨 […]

POAの場合を見てみましょう。

POA

REBLとの違いがハッキリ分かりますよね。

POAの開発チームが頑張っているのが分かります。

ちなみにPOAは私が購入してから、既に2倍になっています。

最後にREBLのチャートを確認してみましょう。

REBL チャート

上図はREBLの日足チャートです。

REBLの最高値は、1月21日に付けた0.000014BTC。

当時のレートで日本円に換算すると、約18.26円

現在の価格(9.33円)の約2倍です。

最高値が現在の価格の2倍しかないということは、REBLは今後上昇余地がないのか?

注目したいのは、REBLが最高値を付けた日。

1月21日の5日後に、コインチェック事件が起きているのです。

ということは、REBLはコインチェック事件の影響で、高値を更新できなかった可能性があるということ。

ですから、今後REBLは、最高値を更新するかもしれません。

では、REBLはいつ買えばいいか?

本来であれば、4月21日の始値がREBLを買うタイミングとしては、BESTだったでしょう。

理由は、REBLは前日(赤枠で囲った箇所)に、明確な反転が確認できているからです。

具体的な価格でいうと、0.00000449BTCの時。

当時のレートで日本円に換算すると、約4.3円の時です。

現在の価格の半分以下で、買えていたことになります。

REBLを買うのは、もう遅いか?

REBLは今からだと乗り遅れなのは、間違いありません。

ただ、現在は殆どの仮想通貨が、上昇を始めています。

その為、REBLがビットコインと同じ動きをしているなら、入るのもありかもしれません。

なぜなら、ビットコインは、今後上昇すると考えられるからです。

(※ビットコインが上昇するというのは、あくまで私の意見です。)

ビットコイン チャート

上図はビットコインの日足チャートです。

REBLほどではないですが、ビットコインも押し目を付けに行ってますよね。

仮想通貨をチャートから予想?見方を簡単に解説!【Part1】
今回は、仮想通貨のチャートで、将来の動きを予想する方法を解説してみたいと思います。 仮想通貨の最強チャート!お […]

押し目については、上記記事を参考にして下さい。

私はREBLの今後は面白いと判断したので、少しだけ試し買いしてみます。

REBLに興味があれば、下記より購入できます。

Bit-Z|Z网 – Most popular Blockchain Assets Trading Exchange
Bit-Z is one of the world leading digital asset trading exchanges, providing professional digital asset trading and OTC (Over The Counter) services. We commit to benefiting users worldwide with best comprehensive digital asset trading services. Bit-Z|Z网 面向全球提供专业的数字资产交易及OTC(场外交易)服务,是全球著名的数字资产交易平台之一. 致力于为全球用户提供最优质的综合性数字资产交易服务,提供BTC交易,ETH交易,DKKT交易,USDT交易等,并提供数字货币行情接口. 上币采用投票机制以聚集优质数字资产.
仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

REBLの取引所と買い方!

REBLはどんな仮想通貨か?の前に、取引所と買い方を解説します(笑)

REBL 取引所

上記はREBLを取り扱っている取引所になります。

見て頂くと分かりますが、REBLを購入するならBit-Zで買うしかないでしょう。

他の取引所でREBLを購入しようとしても、売買が成立しない可能性があるからです。

REBLの買い方

REBLを買う場合、まずはBit-Zに入金する必要があります。

私は海外への送金は、ビットバンクを使っています。

理由は、送金に関しては、ビットバンクの処理が一番早いと思っているからです。

ビットバンクの登録は▼

仮想通貨ならビットバンク

ビットバンクの登録方法

中でも、Rippleがオススメ。

但し、今回はBit-ZでRippleの取扱がないので、ライトコインを送金に使いました。

ライトコイン

Bit-Zへの送金に関する詳しい手順は、下記記事を参考にして下さい。

Bit-Z(取引所)の登録方法!送金と買い方も解説!
今回はBit-Zという取引所の登録方法について解説します。 しかし、仮想通貨の種類も多いですが、取引所もいくら […]

また、Bit-Zでの仮想通貨の買い方も、上記記事で詳しく解説しています。

ただ、今回は少し補足が必要です。

理由は、送金にライトコインを使ったので、ビットコイン資産を作る必要があります。

Bit-Zには、ライトコイン建てがないからです。

ライトコイン売却

ライトコインの注文画面で、「Your balance」に表示されている数字をクリック。

あとは、「Trade password」を入力して、『Sell LTC』ボタンをクリックします。

これで、ビットコイン資産ができました。

REBL購入

次にREBLの注文画面で、「Your balance」に表示された数字をクリック。

今度はパスワードの入力は必要ないようです。

『Buy REBL』ボタンをクリック。

以上で、REBLの購入は完了です。

REBL残高

上図のように、DepositにREBLの残高が反映されました。

ただ、今回私は、REBLの反転を確認する前に購入しています。

慎重を期すなら、REBLが反転してから購入すべきでしょう。

また、初めて使う取引所では、必ず少額でテストすることをお勧めします。

REBLとは?

ところで、REBLとはどんな仮想通貨なのか?

「えっ?今更」

みたいな感じですね(笑)

まずは、REBLの解説動画をご覧ください。

REBLのことがなんとなく分かりましたか?

REBLはコミュニティユーティリティトークン用の、高速かつ安全なブロックチェーンプラットフォームです。

最近は横文字が多く使われるので、本当に苦労します(汗)

「コミュニティユーティリティトークン」を日本語に訳すと、

「共同体で役立つ仮想通貨」

でいいでしょうか。

例えば、楽天が世界進出するとします。

楽天は世界進出の際にREBLを使うと、世界中の楽天内だけで使える仮想通貨が出来るわけです。

また、REBLを使うことで楽天は、分散型プロックチェーンではなく、本社管理を選択することも出来ます。

ブロックチェーンとは何?わかりやすく解説してみたい!?
仮想通貨を学ぶと、必ずブロックチェーンという言葉が出てきます。 昨日の記事にも出てきたので、ブロックチェーンと […]

REBLの特徴

REBLを理解するために、特徴を確認します。

  1. 環境が揃っている
  2. 柔軟性がある
  3. 報酬が入る

上記を1つずつ解説します。

REBLでは環境が揃っている

通常、企業がブロックチェーン技術を導入しようとしても、専門家を雇い多くの時間と資金を投入する必要があります。

ですが、REBLを使うと、ブロックチェーンツールが完全に装備されています。

REBLのツールには、ウォレット、ブロックエクスプローラー、モジュール、端末が含まれています。

ブロックエクスプローラは取引内容を確認できるウェブサイトで、モジュールはシステムを構成する要素となるのもです。

REBLは柔軟性がある

REBLは分散型と中央集権型を選択できると書きました。

それだけではなく、REBLで各コミュニティごとに発行されるトークンは、変動相場にすることも価値を固定することも可能です。

基本的にREBLブロックチェーンは、各クライアントに合わせてカスタマイズが可能なのです。

REBLでは報酬が入る

ウォレットにREBLを入れておくことで、年利10%の報酬が入ります。

REBLを購入するということは、REBLの株を保有することと同じだと考えて下さい。

ですから、REBLブロックチェーンを利用するコミュニティから上がる利益が、REBL保有者に配当として支払われるのです。

REBLについて

コミュニティ

上図を見ると分かりますが、REBLは関心を持つ応援者が多いと思います。

仮想通貨の場合、コミュニティが活発だと価格の上昇が見込めることが多い。

ですから、REBLの今後は、期待できるのではないかと思っています。

しかし、仮想通貨自体投機ですから、絶対とは言えません。

それでも、REBLは価格が上昇する条件を、いくつか揃えているのは間違いない。

私の場合REBLに関しては、数倍になったらすぐ売却します。

理由は、先にも述べましたが、乗り遅れているからです(汗)

最後に、私の意見は利益を保証するものではありません。

仮想通貨の投機は、自己責任でお願いします。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング