仮想通貨を扱うようになると、PoWという用語を目にすることが多くなります。

Proof of Workの略ですが、今回はPoWのことについて書いてみたいと思います。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

PoW(Proof of Work)とは?

PoW

PoWを調べると、コンセンサス・アルゴリズムの一つと出てきます。

では、コンセンサス・アルゴリズムとは?となってしまいます(汗)

  • コンセンサス=合意
  • アルゴリズム=計算方法・やり方

だと思えばいいので、コンセンサス・アルゴリズムは、『合意のやり方』になります。

よく、『合意形成』とも言われますが、同じですね。

PoWは何の合意形成か?

PoWはブロックチェーンのブロック生成の合意形成に使われています。

ブロックチェーンとは何?わかりやすく解説してみたい!?
仮想通貨を学ぶと、必ずブロックチェーンという言葉が出てきます。 昨日の記事にも出てきたので、ブロックチェーンと […]

要するに、ブロック生成を誰が行うかを、PoWで決定しているのです。

PoWをわかりやすく!

PoWつまりProof of Workを和訳すると、『仕事の証明』になります。

ですから、仕事を1番頑張った人が、強い発言権(ブロック生成の権利)を持ちます。

具体的には、ブロック生成を行うには、膨大な計算を行い特定の条件を満たすハッシュ値を探すのです。

(※ハッシュ値は、難しい計算の答えだと思って下さい。)

そして、最初にハッシュ値を探した人が、ブロック生成を行うことが出来ます。

あとは、ブロックチェーンの参加者の過半数が承認すれば、生成したブロックは正当だとみなされ報酬が貰えるのです。

簡単に言うと、膨大な計算(Work)で正しい解を導くと、仕事の証明(Proof)になり、ブロックを生成する権利が与えられ(合意形成)報酬が貰えるのがPoWです。

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング