PoWについて解説したので、PoSについても解説しておきます。

PoW(Proof-of-Work)とは?仮想通貨の用語?
仮想通貨を扱うようになると、PoWという用語を目にすることが多くなります。 Proof of Workの略です […]
仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

PoS(Proof of Stake)とは何か?

PoS

PoS(Proof of Stake)とは、PoW(Proof of Work)と同じでコンセンサス・アルゴリズムの一つになります。

コンセンサス・アルゴリズムとはPoWの記事でも解説しましたが、『合意の方法』のことです。

ですから、ブロックチェーンにおけるブロック生成の合意の方法の1つが、PoS(Proof of Stake)だと思って下さい。

PoS(Proof of Stake)とは?

PoSつまりProof of Stakeを直訳すると、『賭け金の証明』となります。

PoW(Proof of Work)の『仕事の証明』の『仕事』に対して、PoS(Proof of Stake)の『賭け金』というのは、どういうことでしょうか?

理屈は同じです。

ブロック生成の権利の為に『仕事』の代わりに、『賭け金』を差し出すのです。

その結果、『賭け金』を多く積んだ人に、ブロック生成のチャンスがより多く回ってきます。

ですから、仮想通貨の保有量が多い人ほど、報酬を多くもらえるのがPoS(Proof of Stake)の特徴です。

簡単に言うと、保有している仮想通貨を『賭け金』(Stake)としてロックアップすることで、賭け金の証明(Proof)になり、ブロック生成の権利が与えられ(合意形成)報酬がもらえるのがPoS(Proof of Stake)です。

(※ロックアップとは、一定期間売却できない状態にすることです。)

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

PoSのメリットとデメリット

では、PoS(Proof of Stake)のメリットとデメリットを挙げてみます。

PoS(Proof of Stake)のメリット

PoS(Proof of Stake)は、PoW(Proof of Work)のデメリットを補う目的で誕生しました。

ですから、

  1. 電気代が少なくて済む。
  2. ブロック生成の時間が少なくて済む。
  3. 51%攻撃の心配がない。

というのが、PoS(Proof of Stake)のメリットになるでしょう。

一つずつ解説します。

電気代が少なくて済む

PoW(Proof of Work)では、大量の電力を消費します。

理由は、PoW(Proof of Work)では、膨大な計算を行うための専用のマシーンを使用するからです。

一方、PoS(Proof of Stake)の場合、膨大な計算がブロック生成の条件ではないため、低コストのコンピュータでブロックの生成が出来てしまいます。

ですから、PoS(Proof of Stake)は、電気代が少なくて済むのです。

ブロック生成の時間が少なくて済む

PoW(Proof of Work)では、仕事量で報酬が決まるため、ブロック生成には膨大な計算が必要でした。

一方、PoS(Proof of Stake)では、『賭け金』で報酬が決まるため、難易度の低い計算でいいのです。

ですから、PoS(Proof of Stake)の場合、ブロック生成の時間が少なくて済むことになります。

51%攻撃の心配がない

PoW(Proof of Work)では、過半数のマイナーが手を組めば不正を行うことが可能です。

実際には、過半数のマイナーが手を組むことは、かなり難しいでしょうが可能性が0とは言えないでしょう。

一方、PoS(Proof of Stake)では、発行された仮想通貨の過半数を保有したとしても、不正を行えば自分の保有する仮想通貨の価値を下げることになるので、51%攻撃は現実的ではないと考えられています。

PoS(Proof of Stake)のデメリット

続いて、PoS(Proof of Stake)のデメリットを考えてみます。

  1. 仮想通貨の流動性がなくなる。
  2. お金持ちが有利。

上記がPoS(Proof of Stake)のデメリットではないでしょうか。

仮想通貨の流動性がなくなる

PoS(Proof of Stake)で多くの『賭け金』がロックアップされれば、当然ですが仮想通貨の流動性がなくなります。

ということは、通貨としては不向きですから、仮想通貨の評価が上がりにくいでしょう。

お金持ちが有利

PoS(Proof of Stake)の場合、仮想通貨の保有量が多い人ほど報酬が多く貰えます。

ですから、お金持ちは益々資産が増えることになり、格差が広がることにつながるのです。

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング