ここ数日はNEM(XEM)だけでなく、ほぼ全ての仮想通貨が下落していますね。

NEM(XEM)の場合は、75円辺りで反転が確認できたら買いを入れるのもありかな。

但し、短期売買の場合です。

利確の目標は107円辺り。

成功すれば32円も抜けるわけですから、仮想通貨で稼ぐ人の収益の桁が違うのが分かります。

ちなみに独り言ですので、絶対に真似しないで下さい。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

NEMの取引所?

nem 取引所

まずは、NEMを取り扱っている業者さんを調べてみます。

但し、今回はコインチェックは除外します。

理由は、御存知の通りコインチェックは、金融庁の許可が降りていないからです。

コインチェック以外でNEMを扱っているのは、

  • Zaif(ザイフ)
  • DMM Bitcoin

となります。

一応、Xtheta(シータ)もNEMを扱う予定でしたが、まだ営業がスタートしていません。

Xtheta(シータ)はお客様の仮想通貨取引を取り次ぐサービスをおこなっております。お客様の資産状況に合わせて仮想通貨投資のプランもご提案させていただきます。
Xtheta(シータ)はお客様の仮想通貨取引を取り次ぐサービスをおこなっております。お客様の資産状況に合わせて仮想通貨投資のプランもご提案させていただきます。

あと、私の場合は現時点で海外の取引所は、信用していないので除外します。

今後状況が変わるかもしれませんが、その時は追記しますね。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

NEMの取引所(日本限定)!

NEMを取り扱っているのは、金融庁の登録許可が降りている業社では2社だけです。

その中で、NEMの取引所はZaif1社になります。

ですから、NEMの日本での取引所を紹介するとなると、Zaifを紹介するしかないということです。

ちなみにDMM Bitcoinは、NEMのレバレッジ取引になりますので、初心者の方は控えたほうがいいでしょう。

レバレッジ取引とは、FX(外国為替証拠金取引)と同じです。

少額の証拠金で、大きな金額の取引が可能となります。

その為、大きな利益を狙うことが可能ですが、損失も大きくなる為初心者にはお勧めできません。

私はNEMを購入するなら、Zafiをお勧めします。

Zaifの登録は▼

Zaifの登録方法

NEMの取引所でZaifがおすすめな理由

私はNEMの取引所では、Zaifをお勧めします。

それは、金融庁の許可が降りているNEMの取引所が、Zaifだけだからではありません。

実は、ZaifとNEMは、深い関係があるのです。

朝山貴生氏

出典元:https://nem.io/about/foundation/

上の写真はNEMの理事会メンバーの写真ですが、朝山貴生さんも載っています。

朝山貴生さんといえば、Zaifの運営会社であるテックビューロの代表です。

なぜ、朝山貴生さんが、NEMの理事会メンバーに成れたのか?

それは、mijinの開発の功績が認められたからではないでしょうか。

(※微塵ミジン」は忍者の武器の名前です。)

mijinとは、NEMのブロックチェーン技術を基に開発された、プライベート利用専用のブロックチェーン製品です。

mijinは既に2.0バージョンのβテストプログラムを、昨年11月に開始しています。

このmijinの2.0バージョンのコードネームが、『Catapult』(カタパルト)です。

(※動画でAsset(アセット)という言葉が出てきますが、『資産』という意味です。)

『Catapult』については、NEMに興味がある人は知っているかもしれません。

なぜなら、NEMのバージョンアップが、Catapultの実装だからです。

ネムコインとは?将来性(2018年)を予測してみる!
本日はネムコインについて書いてみます。 理由はわかると思います。 取引所「コインチェック」 580億円相当仮想 […]

これで、NEMとテックビューロが、深い関係なのが分かって頂けたでしょうか。

NEMとテックビューロの関係が分かれば、ZaifがNEMを優遇するのが分かるはずです。

だから私はNEMの取引所で、Zaifをおすすめするのです。

NEMのおすすめの取引所

私はNEMの取引所として、Zaifを強く推します。

NEMの評価が上がれば、Zaifを運営するテックビューロの評価も上がるでしょう。

また、テックビューロのmijinが進化すれば、NEMも同様に進化していきます。

テックビューロのmijinは、既に300社以上が利用していますが、Catapultの実用化で更に利用する企業が増えるでしょう。

それに、技術力の高いテックビューロが運営するZaifは、セキュリティの面でも安心できます。

私は、

「ZaifはNEMと共に成長する」

と考えています。

もし、あなたがNEMの購入をお考えなら、Zaifしかないのではないでしょうか。

Zaifはセキュリティを重視しているため、口座開設に十分な時間をかけています。

その為、NEMのCatapultの実装に興味がある場合は、早めに登録しておいたほうがいいかもしれません。

Zaifの登録は▼

Zaifの登録方法

最後に、仮想通貨は価格の変動幅が大きいです。

ですから、仮想通貨の取引は余剰資金で行うようにして下さい。

あなたが仮想通貨の取引を楽しめることを願っています。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング