本日はIDAXという取引所の登録方法と、使い方を解説します。

私がICOに参加したWorldWi-Fiが、IDAXに上場するらしい。

World Wi-Fi(仮想通貨)とは?将来性も考えた!
本日は、World Wi-Fiという仮想通貨について、書いてみたいと思います。 なぜなら、先日勢いで、Worl […]

WorldWi-Fi

WorldWi-Fiは、IDAXが初上場かな。

親愛なるユーザー、

IDAXは7月3日(UTC + 8)14:00にWTの入出金を行います。7月10日14:00にWT / BTC、WT / ETH取引が開始されます。 

既に、WorldWi-FiのTokenの入金は出来るようです。

できれば、急落だけは避けて欲しい(汗)

※7月10日追記:WorldWi-Fiの上場は、12日に延期になったようです。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

IDAX(取引所)の登録方法を解説

IDAX

まずは、下記にアクセスします。

IDAX公式サイトはコチラ

言語は英語を選択し、サイト上で右クリックします。

日本語

表示されたメニューから、「日本語に翻訳」を選択。

認証コード 取得

メールアドレスを入力し、「コードを取得」をクリックします。

「電子メールの認証コードの送信に成功しました。」と表示されますので、登録したメールアドレスの受信ボックスを確認。

Register
Hello,Dear user. Welcom to IDax!
You recently received an one-time authentication code instructionsto create your IDax account.
Your Code is : 516677

上記内容のメールが届くので、コードを「検証コード*」の欄にコピペします。

Sign Up

あとは、パスワードを2箇所に入力して、チェックボックスにチェック。

問題なければ、『登録』ボタンをクリックします。

以上で、IDAXの登録は完了です。

IDEXで2段階認証を設定する

アカウント設定

画面右上の人のマークをクリックし、「アカウント設定」を選択。

Google認証システム

Google認証の『有効にする』ボタンをクリックします。

Google認証システムを使ったことがない場合は、『仮想通貨初心者って?おすすめの基礎知識を紹介したい!?』を参考にインストールして下さい。

Google認証システム

スマホでGoogle認証システムを起動し、『+』をタップします。

バーコードをスキャン

「バーコードをスキャン」を選択。

QRコード

表示されているQRコードを読み取り、16文字の秘密鍵(赤枠内の文字)を控えます。

秘密鍵はスマホの故障や機種変の際に必要となりますので、必ず厳重に保管して下さい。

パスワード

あとは、ログインパスワードと認証コードを入力し、『提出する』ボタンをクリックするだけです。

2段階認証設定完了

上図のように「あなたはGoogle認証を完了しました」と表示されれば、2段階認証の設定は完了となります。

IDAXで出金限度額を2BTC以上にするには

現時点では、1日の出金限度額は、2BTCとなっています。

私の場合は、1日に2BTC引き出せれば十分です。

ですが、WorldWi-Fiは人気があったので、念の為、限度額を上げる方法を解説しておきます。

1日の出金限度額を上げるには、本人確認を行う必要があります。

ID確認

「アカウント設定」『ID確認を完了する』ボタンをクリック。

基本情報

「タイプを選択」で、「その他の国と地域」にチェックを入れ、必要項目を入力します。

私は運転免許証を使うので、漢字で名前を入力しました。

身分証明書

次に、指示されたとおりの写真をアップロードし、『提出する』ボタンをクリック。

完了

上記が表示されれば、後は審査結果を待つだけです。

本人確認 完了

約2時間ほどで本人確認が完了しました。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

IDEXの使い方(WorldWi-Fiを送金)

せっかくなので、WorldWi-Fiを送金してみます。

資産

画面左上のメニューから、「資産」⇒「バランス」を選択。

翻訳

アドレスバーの右端にある「G」マークをクリックし、「原文のページを表示」をクリックします。

原文に戻すのは日本語訳のままだと、仮想通貨の名前が正しく表示されないからです。

Deposit

検索窓に「WT」と入力し、表示された「We Token」の「Deposit」をクリック。

アドレス表示

「Click to load」ボタンをクリックします。

WT アドレス

WTのアドレスが表示されますので、コピーして使います。

メタマスクからの送金方法は、『METAMASKからトークンを送金する!結構焦ったかも(笑)』を参考にして下さい。

私はメタマスクのβ版を利用しています。

メタマスクを起動し、「≡」をクリックするとβ版を選択できるはずです。

もし、先の記事通りに手続きしてMetaMaskから送金できない場合は、MyEtherWalletから送金してみましょう。

MetaMaskは起動したままで、MyEtherWalletを開きます。

マイイーサウォレット

MyEtherWalletの上部のメニューから、「Send Ether & Tokens」タブを選択。

「Private Key」にチェックを入れ、MetaMaskの秘密鍵をコピペして『Unlock』ボタンをクリックします。

(※わからない点は、先の記事で確認してください。)

Token 追加

画面を下にスクロールすると、画面右側に上図のような画面が現れます。

「Add Custom Token」タブを選択し、必要項目を入力します。

「Decimals」は「18」です。

入力が完了したら、『Save』ボタンをクリック。

WT

WTがMyEtherWalletにダウロードされました。

送金手続

「To Address」にIDAXのWTのDepositAddressをペースト。

「Amount to Send」の通貨は「WT」を選択し、「Send Entire Balance」をクリックして数量を自動入力します。

「Gas Limit」は触らずに、『Generate Transaction』ボタンをクリック。

送金

『Send Transaction』ボタンが表示されるので、クリックします。

確認

確認画面が表示されるので、問題なければ『Yes, I am sure! Make transaction』ボタンをクリック。

以上でWTが送金できたはずです。

送金に必要な手数料はイーサリアムで引かれるようなので、多少のETHの残高が必要です。

とはいえ、私の場合で送金手数料は0.002290096ETH(約116.6円)でした。

WT Deposit

本日(7月6日)、ようやくWTが着金して一安心。

(※まだ初値がついていないので、「Estimated Value: 」は0BTCとなっています。)

WTは着金に、約18時間かかっています。

WorldWi-Fiの上場後の売りを考えているのであれば、早めに入金しておいたほうがいいでしょう。

また、IDAXでWorldWi-Fiを購入希望の場合は、Bitbankの登録を済ませておいたほうがいいですよ。

IDAXへイーサリアムを送金するなら、Bitbankがおすすめだからです。

 

最後に、仮想通貨に関しての行動は、全て自己責任でお願いします。

私は一切責任が取れませんので、ご了承下さい。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談は、コチラからどうぞ。

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング