昨日、イーサリアムの記事を書いていて、ICOという言葉を使いました。

仮想通貨の取引をする場合は、

「ICOとはなにか?」

は知っておいたほうがいいでしょう。

ということで、本日はICOについて書いてみます。

▼イーサリアムならZaif▼

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

仮想通貨のICOとは?を分かりやすく!

仮想通貨 ICOとは?

仮想通貨のICOとは、Initial Coin Offeringの略になります。

直訳すると、『最初のコインの提供』です。

一般的には、

『新規仮想通貨公開』

と訳されています。

株の経験がある人なら、IPOという言葉を聞いたことがあるはずです。

Initial Public Offering、つまり新規株式公開のことですね。

考え方は全く同じです。

IPOのばあいは株を公開することで、資金調達を行います。

一方、ICOの場合はコイン、つまり新規発行する仮想通貨を買ってもらい資金調達を行うのです。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

仮想通貨のICOを行う側のメリット

ICOとは何かが、多少なりともわかったのではないでしょうか。

では、仮想通貨のICOを行うなう側のメリットはなにか?

  1. 不特定多数から資金調達が可能
  2. 利益の配当が必要ない
  3. 信用審査がない
  4. 資金調達のスピードが早い

1つずつ解説していきます。

ICOでは不特定多数からの資金調達が可能

ICOではネット上でホワイトペーパー(仮想通貨を発行する為の報告書)を発行し、これから発行する仮想通貨がどれだけ価値があるかをアピールします。

そして、仮想通貨の取引自体もネット上で行うため、国境や取引時間も関係ありません。

その為、資金集めの対象者が、世界中のネットに接続できるすべての人になります。

極端な話ですが、ICOに参加する人は、年齢さえも関係ないのです。

ICOでは利益の配当が必要ない

通常、株を発行して資金調達した場合、株主に配当金を求められることになります。

また、定期的に業績開示をして、投資家の質問に対して説明する義務が発生するのです。

しかし、ICOの場合は、発行する仮想通貨に投資してもらうため、配当を行う必要が無いのです。

ICOは信用審査がない

企業が資金調達する方法は、大きく2つに分けられると思います。

1つは、金融機関からの借り入れです。

もう1つは、株式を上場して株を公開する方法です。

いずれにしても、資金調達するには、多くの信用審査が必要となります。

金融機関からの借入の場合、過去の業績や現在の経営状況を調べられることになるでしょう。

また、株式上場には幹事証券の指導の下、多くの厳しい審査をクリアしなければなりません。

その点、ICOの場合は、ホワイトペーパーを発行し、あとは投資家の判断に委ねるだけになります。

ICOは資金調達のスピードが早い

ICOについて調べると、よく目にするのが『Brave』の成功例です。

BraveはMozillaの前CEOが立ち上げた企業ですが、昨年5月31日に仮想通貨BAT(Basic Attention Token)を公開しました。

BATは公開から24秒後、153,250ETHで完売。

イーサリアムとは?を簡単に!2018年の予想も確認したが・・・
先日、イーサリアムの取引所について記事を書かせて頂きました。 イーサリアムの取引所は?お勧めを比較してみたら・ […]

当時のイーサリアムのレートが27,000円くらいですから、調達した資金は約41億円になります。

約41億円を24秒で集めたのです。

ちなみに初回のBAT発行枚数は、10億トークンです。

仮想通貨のICOに投資する側のメリットは?

次に仮想通貨のICOに投資する側のメリットも考えてみましょう。

  1. キャピタルゲインが期待できる
  2. 少額で投資が行える

といったメリットが考えられます。

それぞれを解説していきます。

ICOでキャピタルゲインが期待できる

仮想通貨のICOに投資する側のメリットは、購入した仮想通貨の価値の上昇が期待できることです。

いわゆるキャピタル・ゲインです。

ICOで発行される仮想通貨は、新規発行されるわけですから価格はかなり安く設定されています。

もし、ICOのプロジェクトが成功すれば、価格は何十倍にも跳ね上がる可能性があるのです。

これは、ビットコインやイーサリアム、それにリップルを見れば、夢物語ではないことが理解できるはずです。

ICOでは少額で投資できる

ICOでは、イーサリアムなどを活用するケースが多いのですが、仮想通貨の性質上、少額からの投資が可能です。

ですから、お小遣いでICOに参加することが可能なのです。

ICOはハードルの低い投資といえます。

仮想通貨のICOの注意点

ICOは企業の新たな資金調達法として注目を集めました。

ですが、一方で詐欺まがいの案件が出ているのも事実。

ですから、中国では昨年、国内仮想通貨のICO(新規仮想通貨公開)を全面禁止!」が発表されたほどです。

また、ICOに投資したからといって、必ず儲かるわけではありません。

例えば、先に挙げたBATですが、6月8日に25円程度でスタートし、7月半ばには8円まで下落しています。

(※ただ、現在は70円前後まで上げていますので、かなりの利益が出ていることになります。)

ICOで投資した仮想通貨が、いつ無価値になるかもわからないのです。

しかも、ICOのための法整備は、まだ行われていません。

ICOに関しては、投資家は100%自己責任で投資する必要があるのです。

私など、現在メジャーになっているイーサリアムやリップルコインでさえ、怖いと思いながら取引しています。

その為、長期保有という形は、殆ど取りません。

こんな私ですから、ICOに投資するなどまだまだないでしょう。

いずれ、ICOが一般的になる時が来るかもしれませんが、私は多分やらないと思います。

あなたが少しでも、ICOを理解して頂けたのなら嬉しいです。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング