あなたはGMOコインに興味があるようですね。

実は私もです(笑)

仮想通貨の取引所は、多くの人のおすすめが同じです。

例えば、

  1. ビットフライヤー
  2. ザイフ
  3. コインチェック

といった感じです。

▼私の一押しの取引所▼

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ですが、私は今後のGMOコインに期待しているのです。

理由は、GMOはFXでの実績があるため、仮想通貨でもFXでのノウハウを活かしてくると思っているからです。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

GMOコインの評判は?

GMOコイン ビットコイン

私は元々FXをやっていた関係で、GMOコインは気になります。

なぜなら、GMOコインは、世界で一番FX取引されている業者のグループになるからです。

世界一になるには、それなりの理由があるものです。

ということで、GMOコインの評判を確認していきます。

GMOコインの良い評判

まずは、GMOコインの良い評判を見ていきます。

GMOコインは金融庁から仮想通貨交換業者として認可されてるから安心

GMOコインの評判で多いのが、国の認定があるから安心というもの。

まあ、金融庁に認可されているのは、大前提ですよね。

ですが、初心者の方にとっとは、その辺から気にしたほうがいいかもしれません。

GMOコインではビットコインFXが最大レバレッジ25倍で取引できる

GMOコインのレバレッジに関しては、FX経験者の評判が多いです。

FX経験者であれば、レバレッジはわかると思います。

ですが、投資が初めての人はわからないかもしれません。

レバレッジとはテコの原理の事で、少額の資金で大きな取引ができると考えて下さい。

ただ、最初は仮想通貨の取引に慣れることが先決です。

なぜなら、レバレッジを効かせるということは、利益も大きくなりますが、損失も大きくなるからです。

GMOコインの仮想通貨FX専用のスマホアプリが使いやすい

これは重要です。

やはり、投資経験者の評判になります。

取引するシステムが複雑だと、操作を間違う可能性があります。

何よりもFXの取引では、チャートが見やすくなければいけません。

FXの取引はファンダメンタルズ分析と、テクニカル分析に別れます。

これは仮想通貨でも同じでしょう。

ちなみに、ファンダメンタルズ分析は、社会情勢を見ながら将来を予想します。

一方、テクニカル分析はチャートを使い、ラインやテクニカル指標を組み合わせて取引を行います。

どちらが正しいとはいいませんが、私達個人にできるのはテクニカル分析の方でしょう。

ですから、チャートシステムは重要になってきます。

GMOコインはセキュリティがしっかりしている

仮想通貨はブロックチェーン技術によって取引が管理されますが、取引所などの会社に預けている状態だと、預けている会社のセキュリティが重要になってきます。

ブロックチェーンとは何?わかりやすく解説してみたい!?
仮想通貨を学ぶと、必ずブロックチェーンという言葉が出てきます。 昨日の記事にも出てきたので、ブロックチェーンと […]
GMOコインの分別管理

GMOコインでは、金銭の分別管理と仮想通貨の分別管理を行っているようです。

これは、GMOコインの資産とお客さんの資産を、別々で管理しているということです。

ですから、仮にGMOコインが破綻しても、お客さんの資産は守られるということ。

GMOコインの盗難対策

ここは大事です。

2014年のマウントゴックス事件は、代表が横領したという見方が強い。

ですから、社内の対策は重要といえます。

その点、GMOコインでは長期間保管される仮想通貨の扱いに関しては、複数部署の承認が必要となっています。

他には、外部からのハッキング対策として、即時送金に必要な仮想通貨以外はオフラインで管理しています。

また、即時送金分に関しても、下記のような対策を取っています。

即時送付に必要な分についても、一つのアドレスに複数の秘密鍵を割り当てる「マルチシグネチャアドレス」を採用しており、秘密鍵をセキュリティ構成の異なる複数の場所に設置し、リスク低減を図っています。

引用元:https://coin.z.com/jp/corp/about/security/index.html

GMOコインは取扱通貨が多い

仮想通貨の取引できる種類が多い、ということです。

これは、一攫千金を狙う人の評判だと思います。

ビットコインは、これからも需要が増えるでしょう。

ですが、価格の上昇率を考えると、昨年は他の仮想通貨が上回っています。

特に最近は、リップルの取引をしたい人が増えているようです。

GMOコインで現在取り扱っている通貨は、

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. ビットコインキャッシュ
  4. ライトコイン
  5. リップル

となっています。

GMOコインでは提示された価格で約定する

「えっ?普通じゃないの」

私はGMOコインのこの評判を見た時、不思議に思いました。

私はFX出身なので、提示された価格で約定するのが当たり前だと思っていたんです。

ですが、仮想通貨の取引所では個人間で取引が行われるため、最低価格をみて買い注文しても注文数によっては、高い金額で約定することもあるようです。

GMOコイン 取引所

出典元:GMOコイン

上図でわかりますか?

1BTCを購入しようとした時、最安値の価格は0.1BTCしか数量がないので、残りは高い金額で購入することになるわけです。

一方、GMOコインの場合は、提示された金額で発注すると、提示された金額で約定するようです。

GMOコイン 約定金額

出典元:GMOコイン

※1)ただし、レバレッジ取引(仮想通貨FX)の場合には、価格変動時に成行注文等を発注すると、提示された価格と約定した価格との間に差異(スリッページ)が発生することがあります。

引用元:GMOコイン

これは、GMOコインが取引所ではなく、販売所だからです。

簡単に言うと、取引所は個人間で売買が行われます。

一方、GMOコインのような販売所では、お客様と販売所の取引になります。

GMOコインは口座開設が早い

これは、ネットに慣れた若い人の評判です。

『思い立ったが吉日』ではないですが、

「ビットコインを手に入れたい」

と思ったら、出来るだけ早く取引を開始したいですよね。

そういう人には、GMOコインは評判が良いようです。

関東近郊だと、申し込んで2日で取引が出来るようになることもあるようです。

GMOコインの悪い評判

どんなものにも、いい評判もあれば、悪い評判もあります。

ということで、GMOコインの悪い評判も確認しましょう。

GMOコインはスプレッドが広い

スプレッドとは、取引相手となる会社が提示する買値と売値の差のことです。

スプレッド

上図で解説しますね。

Bidは売値で、Askが買値です。

ですから、私がBTC/JPYを1枚買いたい場合は、取引会社が提示している買値で買うことになります。

それで、すぐに売ってしまうと、売値でしか売れませんからマイナス27,359円になるのです。

上図の『!』が差額でスプレッドといいます。

上図は例としてあげただけで、GMOコインではありませんが、このスプレッドがGMOコインは広いという評判があるのです。

但し、ビットコインFXに限ってです。

手数料関係に関しては、後ほど解説します。

GMOコインは追証が発生しないはずなのに発生した

追証とは追加証拠金の略です。

自分が預け入れた金額以上に損失が出たら、その分を入金しなければいけないということです。

その追証がGMOでは、発生しないと謳っているようです。

ところが、追証が発生したというのは、GMOコインでビットコインFXを行う人の評判です。

GMOコイン 追証

出典元:GMOコイン

確かに、『「追加証拠金制度」なし』とありますね。

ですが、FXの場合でも急激な相場変動があれば、追証は発生します。

必ず注意書きがあるはず。

※4)ロスカットに関するご説明
レバレッジによって、自動ロスカットが執行される証拠金維持率が異なります。自動ロスカットが執行される証拠金維持率は以下の通りです。
5倍:75%
15倍:80%
25倍:85%
当社のシステムは、各お客様の証拠金維持率を巡回しながら監視しており、また、ロスカットの執行には、ある程度の時間を要するため、お客様の証拠金維持率が上記の数値を下回ったとしても、必ずしも直ちにお客様の建玉が決済されるわけではありません。したがって、相場が急激に変動した場合には、証拠金の額を上回る損失が生じることがあります。証拠金の額を上回る損失が生じた場合には、その超過額をお支払いただきます。

わざわざ探すまでもなく、しっかり書いてありました。

仮想通貨の取引に慣れるまでは、レバレッジを効かせた取引はしないことです。

GMOコインを使ってビットコインFXで稼ぎ過ぎたら口座を凍結された

これって本当でしょうか?

本当であれば、ネット上で大騒ぎでしょう。

と思って調べると、ビットコインFXで、かなり稼いでいる女性のトレーダーのブログを発見。

なんと、その方がメインで使っているのが、GMOコインなんです。

話が違いますよね。

う~ん、ビットコインFXで稼ぐお客さんを締め出すって、あるんでしょうか。

私はGMOコインを信じたいですね。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

GMOコインの手数料について

仮想通貨の取引所や販売所を選ぶ場合は、手数料はかなり重要です。

なぜなら、手数料が高ければ、それだけ手元に残る利益が減るからです。

また、手数料分を稼ぐため、無理な取引をしてしまう可能性も出てきます。

では、GMOコインの手数料は高いのか?

早速、確認してみましょう。

まずは、入出金に関する手数料ですね。

GMOコイン 入出金手数料

出典元:GMOコイン

上記を見ると、入出金に関しては、ほぼ無料ですね。

振込手数料は指定銀行以外を使うのですから、負担するのは当たり前ですよね。

手数料無料の即時入金は、楽天銀行住信SBIネット銀行となっています。

楽天銀行は他の会社でも便利に利用できますので、口座開設しておくと便利ですよ。

▼口座開設は下記より▼

楽天銀行

続いて、取引手数料です。

GMOコイン 取引手数料

出典元:GMOコイン

日をまたがなければ、取引手数料は無料ですね。

ただ、先に、GMOコインのスプレッドが広い、という評判を紹介しました。

スプレッドは、簡単に言うと手数料だと思って構いません。

ですから、手数料という名目は無料ですが、ビットコインFXを実践する場合は、スプレッド分の赤字からスタートです。

GMOコイン スプレッド

出典元:GMOコイン

GMOコインの場合、BTC/JPYが1枚1,841,502円で約定すると、1,500円のスプレッド幅になるようです。

ただし、急激な価格変動の時は、5,000円位までスプレッドが開くことがあると先の評判では言っています。

FXをしていた人間からすると、とんでもないスプレッド幅ですが、それだけビットコインの価格の変動が大きいということでしょう。

何度もいいますが、ビットコインFXは、仮想通貨に慣れてからにして下さい。

GMOコインの評判や手数料を調べて・・・

今回は、GMOコインの評判と手数料を確認してみました。

GMOコインの良い評判は、そのままGMOコインのメリットのようなものです。

また、悪い評判のスプレッドが広いのは、GMOコインのデメリットになります。

ただ、割合でいうと、GMOコインの評判は、圧倒的に良い評判が多いです。

特に、GMOコインの仮想通貨FX専用スマホアプリ、「ビットレ君」の評判が良いですね。

あとは、GMOコインのチャートが使いやすいようです。

私の場合もFXをやっていた時はチャート命でしたから、かなり魅力を感じます。

あと、GMOは昨年12月20日に、マイニング事業を開始しました。

クラウドマイニングとは?メリットとデメリットも考えた!?
本日はクラウドマイニングについて、解説したいと思います。 クラウドマイニングは仮想通貨を理解するためには、知っ […]

マイニングについては、上記記事で解説していますが、GMOが仮想通貨に本気なのがわかります。

きっと、仮想通貨業界でも、GMOは確固たる地位を築くでしょう。

GMOコインはスプレッドは広いかもしれませんが、それに見合うサービス提供を期待したい。

どういうことかというと、スプレッドが狭くても、約定金額がスベルと意味が無いのです。

スベルというのは、例えば、BTC/JPY を1枚185万円で購入しようとした時、実際に約定するのが186万円とかになることです。

この場合、仮にスプレッドが500円だとしても、実際には10,500円のスプレッドと同じことになります。

であれば、多少スプレッドが広くても、表示金額でしっかり約定するほうがいいのです。

結論として、GMOコインの評判と手数料を考えると、口座を開設してみようと思います。

あなたも、一緒にGMOコインの口座を開設してみませんか。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング