本日は、DCEXという取引所の登録について書いてみます。

DCEXはこれからオープンする取引所ですが、基軸通貨はリップルです。

DCEXでは、リップルで仮想通貨を購入できるということ。

非常に珍しいですよね。

ですが、リップルでの入出金だと、資金移動がスムーズに出来るので、DCEXへの登録者は多い気がします。

現在DCEXへ上場予定の仮想通貨は、時価総額ランキング上位20位内のCoinがほとんど。

  1. BTCXRP:1(ビットコイン
  2. ETHXRP:2(イーサリアム
  3. XRPUSD:3(リップル
  4. BCHXRP:4(ビットコインキャッシュ
  5. LTCXRP:7(ライトコイン
  6. IOTAXRP:9(アイオータ
  7. TRXXRP:11(トロン)
  8. XMRXRP:12(モネロ)
  9. DASHXRP:14(ダッシュ
  10. ETCXRP:15(イーサリアムクラシック)
  11. VENXRP:19(ヴィチェーン)
  12. ZECXRP:20(ジーキャッシュ)
  13. OMGXRP:21(オミセゴー)
  14. BTGXRP:27(ビットコインゴールド

上記銘柄がDCEXで取引できる仮想通貨になります。

上記銘柄は投資のリスクは低いかもしれませんが、ハイリターンは望めないかもしれません。

なので、今後、DCEXに面白い仮想通貨が上場することを期待します。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

DCEX(取引所)の登録方法

DCEX

早速、DCEXの登録にチャレンジしてみます。

まずは、下記にアクセス。

メールアドレス

メールアドレスを入力して、『Get Started』ボタンをクリックします。

Sign Up

Sign Upの画面が表示されるので、

  • ユーザーネーム
  • メールアドレス
  • パスワード
  • パスワード(確認)

を入力して『Sign Up』ボタンをクリック。

Account Created. Check your email for Activation Link.

日本語訳▼

アカウントが作成されました。 アクティベーションリンクのメールを確認してください。

上記が表示されたら、登録したメールアドレスの受信ボックスを確認します。

Welcome to DCEX. Please verify your email address to activate your account.

To activate your account please click this link: Activate Your Account

上記内容のメールが届くので、「Activate Your Account」をクリック。

以上で、DCEXの登録は完了です。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

DCEXの本人確認

ログイン

画面右上のメニューから「LOGIN」を選択。

LOGIN

上図の画面で、登録したユーザーネームとパスワードを入力して、『Sign In』ボタンをクリックします。

確認

『VERIFY ACCOUNT』(アカウントを確認)ボタンをクリック。

住所入力

必要項目を入力して、『SUBMIT』ボタンをクリックします。

  • First Name(名)
  • Last Name(姓)
  • Date of Birth(誕生日)
  • Billing Phone(携帯番号)
  • Billing Coutry(国)
  • Street Name(町名以下)
  • Billing State(use abbreviation only) (都道府県)
  • Suburb(市区町村名)
  • Billing Zip(郵便番号)

上記の内容を入力するのですが、住所入力で迷うかもしれません。

その場合は、下記を利用すると便利です。

君に届け!
日本語住所を英語表記の住所に変換する無料Webサービス。海外サイトへの会員登録や手紙や小包を国際便で送る際の宛名・差出人などにご活用ください。

上記にアクセスして「郵便番号」の欄に、半角英数字で7桁(ハイフンなし)の郵便番号を入力します。

君に届け

すると町名までは表示されるので、番地以降を入力して『変換』ボタンをクリック。

  • Address Line⇒Street Name
  • State⇒Billing State
  • City⇒Suburb
  • ZIP⇒Billing Zip

上記を参考にコピペするといいでしょう。

アップロード

次に、上図が表示されたら、『UPLOAD YOUR DOCUMENTS』ボタンをクリック。

本人確認

身分証明書が必要になるので、運転免許証等の写真を用意して『Start verification』ボタンをクリックします。

運転免許証

私は「DrivingLicense」(運転免許証)を選択しました。

コンピュータ

私の場合は、パソコンから写真をアップロードするので、『Upload from computer』をクリックしています。

運転免許証

まずは、運転免許証の表面の写真をアップロードし、『Submit』ボタンをクリック。

運転免許証裏面

続いて、運転免許証の裏面の写真をアップロードして、『Submit』ボタンをクリックします。

本人確認手続き完了

上記が表示されれば、本人確認の手続きは完了です。

あとは、審査の結果を待つだけになります。

DCEXで2段階認証を設定

続いて、セキュリティレベルを上げるために、2段階認証を設定します。

2段階認証の設定

画面右上のユーザーネームをクリックし、「Settings」を選択。

赤枠内の『OFF』ボタンを左にスライドし、『UPDATE 2FA』ボタンをクリックします。

QRコードの表示

上図のポップアップ画面が表示されるので、『Show QRCode』ボタンをクリック。

もし、Google認証システムを使ったことがない場合は、『仮想通貨初心者って?おすすめの基礎知識を紹介したい!?』を参考にインストールして下さい。

Google認証システム

スマホでGoogle認証システムを起動し、『+』をタップ。

バーコードをスキャン

「バーコードをスキャン」を選択します。

QRCodeをスキャン

上図のようにQRコードが表示されるので、スキャンした後キャプチャを撮ったほうがいいでしょう。

なぜなら、DCEXの場合、秘密鍵が表示されないからです。

ですから、スマホの故障や機種変の際に困らないように、QRコードを保存しておいたほうがいいと思います。

あとは、認証コードを入力後『SUBMIT』ボタンをクリック。

以上で、2段階認証の設定は完了です。

DCEXについて

今回、DCEXの登録を行ってみましたが、多分手続自体は間違っていないと思います。

ただ、下記を見ると微妙です。

本人確認

私は運転免許証を提出しましたが、上記には「米国運転免許証」とあります。

また、私は、

  • 3.確認された居住証明書
  • 4.ID確認写真(セルフリー)

を提出していません。

というか、提出するよう求められていないと思います。

もしかしたら、最悪、1日の引き出し限度額は、2,999ドル(約33万円)かも(汗)

レベル1

まあ、DCEXはまだオープンしていないので、連絡が来たら対策を考えます。

今回は、ネット上にDCEXの登録方法の記事がなかったので、参考になればと思い書いてみました。

最後に、私の意見は独断と偏見です。

DCEXの登録に関しては、必ず自己責任でお願いします。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談は、コチラからどうぞ。

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング