本日は、CoinTigerという仮想通貨取引所の登録方法を解説します。

昨日、GUSの記事を書いたのですが、CoinTigerが最も早く取り扱っていたようです。

Guess(GUS)という仮想通貨とは?取引所と買い方!将来性は?
今回はGuess(GUS)という仮想通貨について書いてみます。 なぜ、Guess(GUS)なのか? 上図はFC […]

CoinTiger

で、少し調べてみると、CoinTigerは取引量で32位となっています。

Gate.ioやKucoinより、取引量が多いんですね。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

CoinTigerの登録方法!

CoinTiger

まずは下記にアクセスします。

CoinTiger公式サイト

英語

画面右上の言語の選択で、「English」を選択。

日本語

Google Chromeでサイトを開いている場合は、右クリックしてメニューから「日本語に翻訳」を選択します。

もし、Google Chromeを使っていない場合は、この機会にインストールしてはどうでしょうか。

https://www.google.co.jp/chrome/index.html

メール登録

まず、入力画面で「電子メール登録」タブを選択し、メールアドレスを入力します。

次に、スライドボタンを右にスライドし、表示された文字を入力後「提出する」ボタンをクリック。

登録

「検証済み」と表示されたら、「Send Code」をクリックして検証コードを取得します。

入力したメールアドレスに検証コードが届くので、「電子メール検証コード:」の欄にコピペ。

パスワードを2箇所に入力後、チェックボックスにチェックを入れ『登録』ボタンをクリックします。

登録完了

上記が表示されれば、CoinTigerへの登録は完了です。

CoinTigerの2段階認証の設定

続いて、セキュリティレベルを上げるために、2段階認証の設定を行いましょう。

アカウント

画面右上のメニューから人がたのマークの横にある「▼」をクリックし、「アカウント」を選択。

ここで、日本語翻訳から原文に戻す必要があります。

なぜなら、日本語に翻訳したままでは、2段階認証の設定が出来なかったからです。

原文に戻す

アドレスバーの右端にある「G」マークをクリックし、「原文のページを表示」をクリック。

セキュリティ

サイトを英語に戻してサイドメニューから「Security Center」を選択し、「Google Authorization」の「Bind」をクリックします。

Google認証システムを使ったことがない場合は、『仮想通貨初心者って?おすすめの基礎知識を紹介したい!?』を参考にインストールして下さい。

Google認証システム

スマホでGoogle認証システムを起動し、『+』をタップします。

バーコードをスキャン

「バーコードをスキャン」を選択。

Google認証システム

CoinTigerのサイトに表示されたQRコードを読み取ります。

QRコードを読み取った後は、「key」に表示されている秘密鍵を必ず控えて下さい。

スマホの故障や機種変の際に、秘密鍵が必要になるからです。

次に、「Send Code」をクリックして、確認コードを取得。

CoinTigerからのメールに記載されている確認コードをコピペし、認証コードを入力して『Submit』ボタンをクリックします。

「Google Authorization」の「Bind」が「Untie」に変わっていれば、2段階認証の設定は完了です。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

CoinTigerでの仮想通貨の買い方

続いて、CoinTigerでの仮想通貨の買い方を解説します。

CoinTigerへの送金方法

まずは、CoinTigerへ送金する必要があります。

私のオススメは、Bitbankからの送金です。

Bitbankの登録がまだの場合は、下記よりどうぞ。

 

私は通常リップルを送金するのですが、CoinTigerでは取扱がないのでライトコインを使います。

Deposit

画面右上のメニューから、「Funds」を選択。

Deposit

ライトコイン(LTC)の「Deposit」をクリックします。

ライトコイン アドレス

「Normal Deposits」のアドレスをコピーし、Bitbankから送金。

Bitbankからの送金方法は、『Bitbankの使い方は?買い方から送金方法までを詳しく解説!』で詳しく解説しています。

今回は5分ほどで着金しました。

Bitbankは、本当に送金処理が速いです。

次に、ビットコイン資産を作ります。

なぜなら、海外で仮想通貨を購入する場合は、大体ビットコインを使うからです。

トレード

画面左上のメニューから、「Exchange」を選択。

ライトコイン

BTC建てなのを確認し、検索窓に「LTC」と入力します。

「LTC」が表示されるので、クリック。

ライトコイン 売り

チャートの下に、上図のようなライトコインの注文画面が表示されます。

Amountの下のスライドボタンを右端までスライドさせ、『Sell LTC』ボタンをクリック。

以上で、仮想通貨を購入する準備が出来たことになります。

CoinTigerで仮想通貨を買う

今回は、GUSの買い方を解説します。

gus

ライトコインの時と同じように、検索窓に「GUS」と入力。

「GUS」が表示されるので、クリックします。

GUS 購入

チャートの下に、上図のようなGUSの注文画面が表示されるはずです。

Amountの下のスライドボタンを右端までスライドし、『Buy GUS』ボタンをクリック。

(※Amountは、数量を指定しても構いません。)

たったこれだけで、GUSが買えてしまいます。

CoinTigerからの仮想通貨出金方法

続いて、購入した仮想通貨を出金してみます。

Deposit

画面右上のメニューから、「Funds」を選択。

GUS 出金

検索窓に「GUS」と入金し、表示された「GUS」の「Withdraw」をクリックします。

出金アドレス

「Withdraw Address:」の「Add Address」をクリック。

GUS Address

「Address:」には出金先のアドレスをコピーし、「Label:」には宛先の取引所の名前を入力するといいでしょう。

間違いがなければ、『Submit』ボタンをクリック。

送金

アドレスの追加が済めば、あとは必要項目を埋めるだけです。

「Deposit Amount:」には数量を入力。

今回は「全部提币」をクリックして、全てを引き出すことにします。

「Fee:」はデフォルトで構いません。

「Verificated Code:」は「Send Code」をクリックして、確認コードを取得。

あとは認証コードを入力し、『Submit』ボタンをクリックするだけです。

CoinTigerを使ってみて

私は今回、初めてCoinTigerを使ってみました。

CoinTigerを使った感想は、非常に使いやすかったです。

しかも、メールアドレスだけで登録できました。

但し、本人確認をしていない場合は、1日に2BTCまでしか出金できません。

なので、CoinTigerで大金を扱う予定があれば、先に本人確認を済ませておいたほうがいいでしょう。

本人確認を行う場合は、「Account」⇒「Authentication」を選択して、身分証明書と身分証明書を持った写真をアップロードするだけです。

でも、初めて使う取引所の場合は、しばらくは少額でテストしたほうがいいでしょう。

最後に、私の意見は利益を保証するものではありません。

仮想通貨の投機は、必ず自己責任でお願いします。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談は、コチラからどうぞ。

 

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング