本日は、CoinExの登録方法を解説します。

私はCETが高騰していたので、下落を待っていました(笑)

CET チャート

で、やっとCETが下落したため、買い方も解説したいと思います。

ちなみに、CETとは、CoinExの取引所トークンです。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

CoinExの登録方法

CoinEx

まずは、下記にアクセスします。

CoinExの公式サイトはコチラ

確認コード

メールアドレスを入力し、「確認コードを取る」をクリック。

確認

スライドボタンを右にスライドして、パズルのピースを合わせます。

次に、入力したメールアドレスの受信ボックスを確認。

お客様 non@non365.net

CoinExへようこそ!ご登録する認証コードが978678です。

安全性確保のために、このコードが30分以内有効です。

CoinEx

このメールはシステムより自動配信されています。 返信は受付できませんので、ご了承ください。

上記内容のメールが、CoinExから届くはずです。

新規登録

「メール確認コード」の欄に、メールで届いた確認コードを入力します。

あとは、パスワードを2箇所に入力し、チェックボックスにチェック。

問題がなければ、『新規登録』ボタンをクリックします。

ちなみに、「招待コード」の欄に表示されているのは、私の招待コードです(笑)

登録完了

上記が表示されたら、CoinExへの登録は完了となります。

CoinExの2段階認証の設定

セキュリティ

サイドメニューから、「セキュリティ」を選択。

アカウント

もし、サイドメニューが表示されていない時は、画面右上のメニューからメールアドレスをクリックします。

プルダウンメニューが表示されますので、「アカウント」を選択してください。

2段階認証設定

「Google認証システムを関連付ける」の右端にある『関連付ける』ボタンをクリックします。

確認コード取得

上図のようなポップアップ画面が表示されますので、「確認コードを取る」をクリック。

お客様 non@non365.net

Google認証システムを関連付けていますが、認証コードが:767727です。

自分操作しない場合に、できるだけ早くパスワードを変更して下さい。

CoinEx

このメールはシステムより自動配信されています。 返信は受付できませんので、ご了承ください。

登録したメールアドレスに、上記の内容のメールが届くはずです。

提出

メールで届いた確認コードをコピペし、『提出する』ボタンをクリック。

まだ、Google認証システムを使ったことがない場合は、『仮想通貨初心者って?おすすめの基礎知識を紹介したい!?』を参考にインストールしてください。

Google認証システム

スマホでGoogle認証システムを起動し、『+』をタップします。

バーコードをスキャン

「バーコードをスキャン」を選択。

QRコード

表示されたQRコードを読み取り、赤枠内の秘密鍵を控えます。

秘密鍵はスマホの故障や機種変の際に必要となりますので、必ず厳重に保管しておくようにしましょう。

関連付ける

あとは、認証コードを入力し、『関連付ける』ボタンをクリックするだけです。

2段階認証設定完了

上図のように、「関連付けた」と表示されれば、2段階認証の設定は完了となります。

CoinExの本人確認(運転免許証)

詳細情報

サイドメニューから、「詳細情報」を選択します。

身分確認

「身分確認:」『確認する』ボタンをクリック。

本人確認

『本人確認』ボタンをクリックします。

姓名

国籍で「Japan」を選択し、姓名を入力。

私は運転免許証を使う予定なので、漢字で入力しました。

運転免許証

ところが、パスポートしか選択肢がありません。

それでも、運転免許証しか持っていない場合を考え、あえて運転免許証をアップロードしてみます。

「書類番号:」には、運転免許証の番号を入力。

証明写真

指示された内容(CoinEX+日付)を書いた紙と運転免許証を持った写真を取り、アップロードします。

写真がアップロード出来たらチェックボックスにチェックを入れ、『提出する』ボタンをクリック。

審査中

上記が表示されれば、審査結果を待つだけです。

Dear CoinEx User non@non365.net:

Congratulations, your ID verification has been approved. You will have more privileges in CoinEx.

If it is not your operation, please contact Support.

CoinEx

Please do not reply for this is sent systematically.

で、約4時間後、上記メールが届きました。

上記は、

「親愛なるCoinExユーザーnon@non365.net:

ID認証が承認されました。 あなたはCoinExのより多くの特権を持っています。

あなたの操作でない場合は、サポートに連絡してください。

CoinEx

システムより自動配信されていますので返信しないでください」

という内容です。

本人確認 完了

アカウントの詳細情報を確認すると、「確認完了」となっていました。

CoinExでは運転免許証でも、本人確認出来るようです。

CoinExの本人確認について

CoinExでは本人確認をしなくても、1日に10,000ドルまでの出金は可能です。

参加資格

ですが、上記の通り、CETを保有して配当を受け取るには、本人確認を完了する必要があります。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

CETの配当について

CoinExでCETを保有すると、配当を受け取ることが出来ます。

配当はCoinExの手数料収益の80%から、CETの保有量に応じて分配されるとのこと。

CETの配当を受け取る条件は本人確認以外では、

  • 「CETを使って手数料控除」を受けないこと
  • 100CET以上保有すること

となっています。

CET控除設定

まず、「詳細情報」の「CET控除設定」が「OFF」になっていることを、確認して下さい。

あとは、CETを100枚購入すれば、配当を受け取る権利を取得できます。

CoinExでのCETの買い方

では、CETの買い方を解説します。

CoinExへ送金する

ウォレット

画面左上のメニューから、「ウォレット」を選択。

今回はイーサリアムを送金します。

ETH

検索窓に「ETH」と入力し、表示されたETHの「入金」をクリック。

ETH Address

上図のようにETHのアドレスが表示されますので、日本の取引所から送金します。

私のオススメは、Bitbankからの送金です。

Bitbankは送金処理が最も早く、安心できるからです。

Bitbankの登録がまだの場合は、下記よりどうぞ。

 

Bitbankからの送金方法は、『Bitbankの使い方は?買い方から送金方法までを詳しく解説!』で詳しく解説しています。

Deposit

今回はBitbankから約5分で、CoinExへ着金しました。

さすがBitbankですね。

CETの買い方

取引

画面左上のメニューから、「取引」を選択します。

CET

画面左側の銘柄の表示されている画面で、「ETH」(ETH建て)タブを選択し、「CET」をクリック。

CET買い

画面下部に、上図のようなCETの注文画面が表示されます。

私は「成行」タブを選択しました。

パーセンテージが表示された箇所にあるスライドボタンを、右端(100%)までスライドします。

あとは、『CET買い』ボタンをクリックするだけです。

以上で、CETの購入は完了となります。

CET

今回はテストなので、少量のCETしか買っていません。

ですが、100CET以上の保有になりますから、配当が貰えると思います。

配当

※7月9日追記:CETを昨日買ったばかりですが、本当に配当が貰えました。

上図を見るとわかりますが、「贈り」という形で貰えるようです。

まだ少量しかCETを保有していないので微々たるものですが、1日で保有金額の1%も配当がついています。

CoinExについて

今回、CoinExの登録方法と、CETの買い方を解説しました。

もし、CoinExに登録するのであれば、CETの購入を検討して欲しい。

日々配当が貰えると、嬉しいものですよ。

それに、CETは価格が下落中なので、割安で購入できるチャンスです。

また、CoinExは取引高が増えてきているので、CETの将来性にも期待できるかもしれません。

私はCoinExが、更に日本人の顧客を獲得すると思っています。

なぜなら、CoinExは日本語対応だけでなく、日本円表示もしてくれるからです。

それに、日本の運転免許証でも登録が可能なのは、CoinExが日本市場に興味を持っているからだと解釈しました。

私は今後のCoinExに、期待したいと思います。

最後に、私の意見は利益を保証するものではありません。

CETへの投機は、必ず自己責任でお願いします。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談は、コチラからどうぞ。

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング