先日、Centrality(CENNZ)という仮想通貨を購入しました。

CENNZの購入方法!CryptopiaとSingularXで・・・
本日はCENNZの購入方法について解説します。 現在、CENNZは、CryptopiaとSingularXに上 […]

Centrality(CENNZ)を知ったのは、Cryptopiaという仮想通貨取引所で勧めていたからです。

Cryptopiaの使い方は?登録方法からわかりやすく解説!?
今回はCryptopia(クリプトピア)の登録方法や使い方について、解説したいと思います。 なぜ、Crypto […]

ちょっと調べた感じ、Centrality(CENNZ)は面白そうなので、記事にしてみたいと思います。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

Centrality(CENNZ)という仮想通貨とは?

Centrality(CENNZ)

出典元:https://twitter.com/centralityai

Centrality(CENNZ)は、DApps(ダップス)を開発するためのプラットフォームになります。

ここで、

「プラットフォームって?」

「DApps(ダップス)って?」

という疑問を持つかもしれません。

1つずつ解説します。

プラットフォームとは?

プラットフォームとは、基盤となる環境だと思って頂ければいいでしょう。

例えば、私の場合、パソコンを使ってブログを書いています。

私のパソコンはWindows10というOSのお陰で動いているのですが、このWindows10がプラットフォームです。

仮想通貨の開発者を目指すわけでなければ、なんとなくの理解でいいと思います。

DAppsとは?

DAppsとは、Decentralized Applicationsの略になります。

つまり、分散型アプリケーションのこと。

非中央集権(分散型)の、特定の目的や用途のために開発されたソフトウェアのことです。

中には、DAppsを定義づけしている人もいるようですが、あくまで、その人なりの定義となります。

例えば、

  1. オープンソースである
  2. 仮想通貨を持っている
  3. システムの改善にはユーザーの合意がいる

といった感じです。

代表的な仮想通貨のビットコインも、上記の定義に当てはまるのでDAppsといえます。

DAppsについても、なんとなくイメージできればいいでしょう。

Centrality(CENNZ)を分かりやすく

要は、仮想通貨が容易に使える環境を提供するのが、Centrality(CENNZ)ということです。

例えば、メルカリのようなフリマアプリをCentrality上で開発するとします。

当然ですが、支払いにはCENNZを使うことが可能です。

また、商品の発送も、Centrality上のアプリから宅配会社へ依頼できるようになる。

全てのサービスが連携することにより、集客も容易になるのです。

動画を見て頂くと、イメージしやすいのではないでしょうか。

Centrality(CENNZ)によってスマホひとつで、多くのサービスの利用と支払いが可能になるのです。

Centralityは、素敵な未来を想像させてくれます。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

Centrality(CENNZ)の特徴

Centralityが優れているのは、わかったと思います。

では、Centrality(CENNZ)には、どのような特徴があるのでしょう。

  1. 既に実績がある
  2. 開発メンバーが多い

Centrality(CENNZ)は既に実績がある

Centrality(CENNZ)は、これから実績を作ろうとする他の仮想通貨とは異なります。

それは、Centrality上には、既に利益を上げている20以上のアプリケーションが存在するのです。

今後、Centrality(CENNZ)は、更に幅広いジャンルのサービスを提供することになるでしょう。

Centrality(CENNZ)は開発メンバーが多い

Centralityのプロジェクトには、世界中から優秀な専門スタッフが75名も集まり、開発等に携わっています。

その為、Centralityの開発スピードは、他の仮想通貨とは比較にならないほど早い。

ちなみに、Centrality(CENNZ)のスタッフの活動拠点は、オークランド、ロンドン、メルボルン、シンガポールとなっています。

Centrality(CENNZ)の今後を価格から予想?

Centrality(CENNZ)の今後については、私の個人的な考えでは面白いと思っています。

CENNZの購入方法!CryptopiaとSingularXで・・・
本日はCENNZの購入方法について解説します。 現在、CENNZは、CryptopiaとSingularXに上 […]

私はCentrality(CENNZ)が面白いと思うから、上記の記事を書いたわけです。

一応、Centrality(CENNZ)の現在のチャートを見てみましょう。

Centrality(CENNZ)  チャート

出典元:Cryptopia

上図はCentrality(CENNZ)のビットコイン建ての日足チャートです。

Centrality(CENNZ)は上場後、ゆるやかに値を下げてきています。

今は仮想通貨の相場の地合いが悪いので、仕方がないのではないでしょうか。

現状では殆どの仮想通貨が、少々の好材料では価格の上昇に繋がりません。

逆に、ちょっとしたネガティブな材料で、暴落する有様(汗)

では、CENNZの実際の価格を見てみます。

Centrality(CENNZ)の最高値は、上場後の0.0000843BTC。

一方、Centrality(CENNZ)の最安値は、本日の0.0000250BTCとなっています。

日本円に換算してみると、最高値は約80円で最安値が約22円。

ちなみに、Centrality(CENNZ)のICO価格は、約15円だったとのこと。

現在の価格(25円前後)から考えるとCentrality(CENNZ)は、一度ICO価格を試す可能性が見えてきました。

ただ、Centrality(CENNZ)は最初に上場したSingularXという取引所で、一瞬ですが、ICO価格の数千倍の値を付けた実績があります。

ですから、Centrality(CENNZ)は地合いさえ良くなれば、現在価格の10倍程度は見込めるのではないでしょうか。

中には、

「Centrality(CENNZ)はロックアップ解除後に暴落する」

という人もいますが、ガセ情報のようです。

でも、Centrality(CENNZ)のロックアップ解除の日は4月9日、と言ってる人がいるのも事実。

もう、情報が正しいかどうかは、ご自身で判断するしか無いでしょう(汗)

私の個人的な意見としては、Centrality(CENNZ)は今後高騰すると見ています。

理由は、Centrality(CENNZ)の認知度が上がれば、正しい評価をされると信じているからです。

最後に、私の意見は利益を保証するものではありません。

仮想通貨の投機は自己責任でお願いします。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

 

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング