本日は、BITPOINT(ビットポイント)の評判について書いてみます。

昨日、BITPOINT(ビットポイント)の口座開設方法を解説したので、更に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

ビットポイントの口座開設方法!図解で分かりやすく解説!
本日はBITPOINT(ビットポイント)の口座開設方法を解説します。 BITPOINT(ビットポイント)は勧め […]

仮想通貨の場合、メインで使う取引所は決まってしまいます。

ですが、リスク分散の点からも、複数の取引所を利用したほうがいいでしょう。

あなたが利用する取引所の1つに、BITPOINT(ビットポイント)が加われば幸いです。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

ビットポイント(BITPOINT)の評判

評判

どんな取引所でも、完璧というわけにはいきません。

良い点もあれば、悪い点もあります。

ですから、ビットポイントにしてもトータル的に良い点が勝っていれば、使ってみればいいのではないでしょうか。

ビットポイントの良い評判

まずは、ビットポイントの良い評判から確認します。

ビットポイントは資産を安心して預けられる

やはり、仮想通貨の場合は、預けた資産が無くなる心配がつきまといます。

日本でもマウントゴックス事件は、未だに尾を引いています。

また、最近では、仮想通貨市場を危機に陥らせたコインチェック事件。

自分の資産が引き出せないなんて、日本では仮想通貨の業界だけではないでしょうか。

その点、ビットポイントは、

「顧客資産を日証金信託銀行へ信託するから安心」

という評判が多いです。

まず、取引所を選ぶ条件として、預けた資産が安全かどうかは大事なこと。

ビットポイントは、安心して資産を預けられると感じている人が多いようです。

ビットポイントは注文画面が使いやすい

ビットポイントは、元々FXの取引業者です。

ですから、FX経験者の場合は、ビットポイントの注文画面は使い勝手がいいと感じるはず。

また、仮想通貨がはじめての投資経験でも、

「ビットポイントは使いやすい」

という評判が多いようです。

仮想通貨の取引では、注文画面が使いやすいのは非常に大事なことになります。

なぜなら、仮想通貨はボラティリティが高いです。

(※ボラティリティとは、価格の変動幅のことです。)

仮想通貨を売りたい時に手間取っては、チャンスを逃してしまいますからね。

ビットポイントの取扱通貨の種類

ビットポイントは、イーサリアムライトコインリップルといった送金に適した仮想通貨を取り扱っています。

その為、ビットポイントは、

「取扱通貨のセンスがいい」

という評判があります。

私の場合、毎日のように海外の取引所に送金しています。

私が送金に使うのは、

  1. リップル
  2. ライトコイン
  3. イーサリアム

といった順です。

送金先の取引所でリップルの取扱があれば、殆どリップルを送金に使います。

理由はリップルは送金スピードが早い上に、手数料が安いからです。

次に、リップルの取扱がない取引所では、ライトコインを利用します。

ライトコインもリップルの次に便利だからです。

最後にイーサリアムですが、分散型取引所の場合はイーサリアム建てになるので仕方なく使っています(汗)

(※分散型取引所とは、運営者がいない取引所です。)

なので、今後海外の取引所を利用する予定があれば、ビットポイントは使い勝手がいいと言えますね。

ビットポイントは手数料が無料

ビットポイントは手数料が無料のようです。

売買手数料が無料の取引所は、他にもbitbankザイフがあります。

ビットバンクの評判は?リップルの買い方はMT4との合わせ技で!
本日は、私の好きなビットバンクの評判について、調べてみたいと思います。 また、ビットバンクでのリップルコインの […]
Zaif の評判は?取扱通貨についても調べてみたが・・・
本日は、仮想通貨の取引所、Zaif(ザイフ)の評判について書いてみたいと思います。 Zaif(ザイフ)について […]

手数料だけで言うと、ザイフはマイナス手数料になっています。

(※マイナス手数料とは、逆に手数料分をもらえます。)

では、ビットポイントの手数料無料は珍しくないのでは?

ビットポイントは、

「送金手数料が無料なのがお得」

という評判があるのです。

ビットポイントの送金手数料が無料なのは、私も評価します。

なぜなら、私がイーサリアムを送金に使わないのは、手数料が高いからです。

もし、イーサリアムの送金手数料が無料なら、リップルと同じくらいイーサリアムを使う可能性があります。

私にとって仮想通貨の送金手数料が無料なのは、非常に魅力的な条件です。

ビットポイントの登録は▼

ビットコイン/イーサリアム取引所 BITPOINT

ビットポイントの登録方法

ビットポイントの悪い評判

続いて、ビットポイントの悪い評判を確認します。

先にも書きましたが、完璧な取引所などありません。

ですから、ビットポイントのデメリットも、理解しておいたほうがいいでしょう。

ビットポイントは入金の反映が遅い

取引所で仮想通貨を購入する場合は、先に日本円を入金をする必要があります。

ビットポイントでは、

「入金の反映が数時間かかる」

という評判があります。

確かに、購入したい仮想通貨が決まったあと、入金に時間がかかるとテンションが下がるかもしれません。

でも、考えようによっては、勢いで仮想通貨を買うことが無くなる、というメリットもあります。

私の場合は気になる仮想通貨があると、勢いで買ってしまうことが多いです。

私のようなタイプには、入金の反映に数時間かかる取引所の方がいいかもしれません(笑)

ちなみにビットポイントでは、即時入金サービスもあります。

即時入金サービスの利用には、イオン銀行かジャパンネット銀行の口座が必要です。

ビットポイントは指値注文が約定しづらい

ビットポイントは他の大手取引所と比べると、

「指値注文の約定に時間がかかる」

という評判があります。

ビットポイントのユーザーは、現時点では多くはないからでしょう。

なぜなら、ビットポイントは、

  1. 広告が少ない
  2. アフィリ報酬が少ない
  3. 登録のみがない

といった点があるからです。

1つずつ解説します。

ビットポイントは広告が少ない

ビットポイントは、ビットフライヤーやザイフのようにCMをやっているわけではありません。

それに、ネット広告でも、あまりビットポイントを見かかることはないでしょう。

ビットポイントは、現時点で知名度が低いと言えます。

ビットポイントはアフィリ報酬が少ない

仮想通貨取引所の口座開設では、アフィリエイターが大きな役割を果たしています。

実際に、コインチェックが多くの顧客を獲得できたのは、アフィリ報酬が高かったからです。

コインチェックの場合は、CM効果も大きかったでしょう。

ですが、費用対効果を考えれば、アフィリエイターを使ったほうがいいのは間違いありません。

なぜなら、アフィリエイターの場合は、顧客を獲得できなければ報酬を払う必要がないからです。

ビットフライヤーもザイフもコインチェックと同じ戦略で、多くの顧客獲得に成功しました。

その点、ビットポイントのアフィリ報酬は、微々たるものです(汗)

アフィリエイターにとっては、同じ労力を使うなら他の取引所を紹介したほうが稼げます。

ビットポイントのユーザーが少ないのは、現時点では仕方ないと言えるでしょう。

ビットポイントは登録のみがない

ビットポイントの場合、口座開設が完了しなければサイトにログインできません。

一方、他の取引所の場合は、メールの登録のみで注文画面を確認できます。

中には、メールの登録をする必要もなく、注文画面を確認できる取引所もあります。

口座開設前に取引所の内容を確認できるのが、一般的なのです。

ビットポイントは取引所の内容が事前に確認できないため、ユーザーが増えないのでしょう。

ビットポイントがどんな取引所かわからないのに、面倒な手続きなんてしたくないですよね。

ビットポイントも、今後は少し考えてほしいものです。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

ビットポイントの手数料を確認

ビットポイントの手数料に関しては、先に評判のところで書かせて頂きました。

ですが、あくまで評判なので、実際にビットポイントの手数料を確認してみます。

取引所手数料

ビットポイントのサイトのトップページに、上記のようにデカデカと書いていました。

仮想通貨の「取引手数料は無料」だというのが分かります。

問題の仮想通貨の送金の手数料は?

送付手数料

同じように、ビットポイントのサイトのトップページに、「送金も受金も手数料無料」と書かれています。

「※マイナーへの手数料の支払いを弊社で負担しています」

と、説明書きまであります。

ですから、ビットポイントでは、取引手数料及び送金手数料が無料なのは間違いないでしょう。

手数料

ビットポイントは、「全部手数料無料」のようです(笑)

ですが、

※手数料・費用は、今後変更になる可能性がございます。

と書かれています。

ビットポイントで実際に仮想通貨を取引する際は、再度手数料を確認したほうがいいでしょう。

また、ビットポイントでリップルを受け取る場合は、下記の点に注意して下さい。

リップル受金アドレスが初めての受金となる場合、ブロックチェーン上でアドレスを有効化するための『アドレス有効化費用』として20リップル(XRP)が受金者負担で発生します。

私の場合、ビットバンクや他の取引所では、リップルの「アドレス有効化費用」を徴収されたことがありません。

その為、ちょっと驚いてしまいました。

ビットポイントについて

ビットポイントは、手数料が無料な点は評価できます。

特に、仮想通貨の送金手数料が無料なのが大きい。

ただ、ビットポイントもビジネスである以上、必ず利益を追求します。

なので、取引する際は、スプレッド等を自分で確認する必要があるでしょう。

(※スプレッドとは、購入価格と売却価格の差額です。詳しくは下記記事を参考にして下さい。)

仮想通貨の取引所おすすめランキング!
仮想通貨は取引所を間違うと、損をしてしまいます。 そこで、仮想通貨の取引所おすすめランキングを紹介します。 あ […]

悪い評判に無かったのですが、改めてビットポイントのスプレッドに関する評判を調べてみました。

すると、ビットポイントは、

「スプレッドがとても広く設定されている」

という評判を発見。

「やっぱり(汗)」

という感じですね。

スプレッドは手数料とは表現しませんが、実質は手数料にあたります。

なので、ビットポイントの場合、利益の還元として送金手数料を無料にしているのでしょう。

ということは、ビットポイントは、私のような海外への送金が多い人にはメリットがあります。

ビットポイントの口座開設は▼

ビットコイン/イーサリアム取引所 BITPOINT

ビットポイントの登録方法

ですが、国内だけで仮想通貨を売買するのであれば、ビットバンクやザイフの方がオススメです。

リップルとモナコインの購入ならビットバンク▼

仮想通貨ならビットバンク

ビットバンクの登録方法

イーサリアムとネムの購入ならザイフ▼

Zaifの登録方法

最後に、私の意見は利益を保証するものではありません。

仮想通貨の投機は、自己責任でお願いします。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング