今回はビットコインとはなにか?について分かりやすく書いてみます。

ビットコインは多くの人が名前くらいは、聞いたことがあるはずです。

ただ、具体的にはいまいちピンとこない人も、多いのではないでしょうか?

▼ビットコインならココ▼

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

ビットコインとは?分かりやすく解説

ビットコインとは、分かりやすくいうと、

『最初の仮想通貨』

です。

今では色々な仮想通貨がありますが、ビットコインが誕生して、仮想通貨という考えが認知されるようになったといえます。

仮想通貨とは現実社会で使われる通貨ではなく、ネット上の通貨だと思って下さい。

仮想通貨とは?わかりやすく解説できる?(汗)
仮想通貨とは何か? 仮想通貨で稼ぐには、基本的な知識は必要でしょう。 仮想通貨をわかりやすく解説したいが、出来 […]

仮想通貨については、上記記事に詳しく書いてあります。

ビットコインとは

ビットコインはネット上の通貨である以上、写真のように手にすることは出来ません。

あくまで、ブロックチェーン上のデータで管理されます。

ブロックチェーンとは、ビットコインの中核技術として開発された技術ですが、下記で詳しく書いています。

ブロックチェーンとは何?わかりやすく解説してみたい!?
仮想通貨を学ぶと、必ずブロックチェーンという言葉が出てきます。 昨日の記事にも出てきたので、ブロックチェーンと […]

ビットコインを分かりやすく言うと、ネット上に存在する『世界共通の最初の仮想通貨』です。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

ビットコインを作ったのは?

ビットコイン サトシナカモト

ビットコインは管理責任者がいない特殊な通貨です。

通常であれば通貨は、日本銀行のように発行管理する機関が存在します。

ですが、ビットコインには、中央管理する機関が存在しないのです。

では、突然ビットコインは生まれたのか?

そんなことは有り得ませんよね。

ビットコインを作った人は存在するはずです。

『発明』と言ったほうがいいでしょうか。

調べると、Satoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)という人が浮上してきます。

漢字では『中本哲史』と表記されることもあるようですが、公式には漢字表記は存在しないとのこと。

ただ、この人物(?)、もしくは組織(?)が、ビットコインを発明したのは間違いないようです。

ちなみにサトシナカモト氏が保有するビットコインは、100万BTCと言われています。

本日のレートが1BTCで約180万円ですから、1兆8000億円の価値ということになります。

ビットコインの誕生から・・・

サトシナカモトは、個人なのか組織なのかも分かっていません。

ですが、この記事では、個人と仮定して書かせていただきます。

サトシナカモト氏は、2008年metzdowd.comというサイファーパンクのメーリングリスト上で、ビットコインに関する論文を発表し始めます。

翌2009年ネット上にサトシナカモト氏によって、ビットコインのソフトウェアが公開され、ビットコインの最初の発掘が行われる。

ビットコインが初めて商取引に使われたのは、2010年5月のようです。

アメリカのLaszlo Hanyeczさんというプログラマーが、2010年5月22日ビットコインフォーラムで報告してます。

I just want to report that I successfully traded 10,000 bitcoins for pizza.

Pictures: http://heliacal.net/~solar/bitcoin/pizza/

Thanks jercos!

引用元:https://bitcointalk.org/index.php?topic=137.msg1195#msg1195

上記は、『1万ビットコインでPIZZAを手に入れたことを報告したい』というような内容です。

多分(汗)

2013年にはノルウェーの男性が4年前に約2,400円で購入したビットコインが、数千万円になっていたことがわかりニュースになる。

男性は所有していたビットコインの一部を売却し、1800万円を手に入れ家を建てています。

これはビットコインに注目が集まったニュースでしたが、翌2014年ビットコイン最大の取引所であるマウントゴックス社が破綻。

現在ビットコインだけでなく、仮想通貨全般が怪しいと思われる原因となっています。

ですが、マウントゴックス事件は、代表者の横領との見方が強いです。

2016年、DMM.comがビットコインでの決済を受付開始。

これが、日本国内の大企業が、ビットコインでの決済を受け付けた最初になります。

昨年、2017年4月には仮想通貨法が施行され、仮想通貨の需要が拡大する。

昨年末にはビットコインの1BTCが200万円を突破。

2017年がスタートしたときには、ビットコインの1BTCは10万円前後でしたから異常な上昇率です。

ちなみに、ビットコインは発行上限が2100万BTCと決まっています。

それで、現在発行済は1200万BTCくらいです。

2018年のビットコインは?

2017年は仮想通貨元年と言われました。

それに伴い、ビットコインだけでなく、他の仮想通貨も高騰し話題となりました。

昨年は仮想通貨で、億万長者も生まれたようです。

では、今年のビットコインはどうなるでしょう。

まず、相場の格言では『戌笑い』といわれ、戌年は株価が上昇する傾向にあります。

ということは、引き続きビットコインも、上昇するのではないでしょうか。

そこで、他の方の予想を調べてみると、2018年中に1BTCが35,000ドルになると予想する方がいました。

現在のレートで計算すると、約3,920,000円です。

現在の約2倍ですね。

他には、1BTCが60,000ドルまで上昇と予想する記事がありましたが、その後1000ドルまで暴落するという大胆予想。

ちょっと現実的ではないですね。

ただ、多くの専門家がビットコインバブルは崩壊する、と予想しています。

しかし、2018年だとは言っていません。

いずれということでしょう。

私に言わせれば、一般論を言っているだけの逃げのコメントです。

私の個人的意見は、ビットコインは上下しながらも、2018年は上昇を続けると思います。

ですから、押し目で購入して、欲張らずに利益が出たら売る方がいいでしょう。

戦略が外れたら、損切りもしっかりすることです。

押し目や損切り等に関しては、また別で記事にします。

とにかく、2018年もビットコインは、買優先だというのが私の予想です。

多分、本格的に機関投資家も参入すると考えられます。

ビットコインは、ますます面白くなると思いますよ。

あなたが少しでも、ビットコインに興味を持ってくれたら嬉しいです。

ビットコインの今後は?予想というより情報を集めてみた!?
今回はビットコインの今後について、書いてみたいと思います。 私の予想というより、ビットコインに関する情報を集め […]

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング