本日は、ビットコインのウォレットについて、書いてみます。

私自身はビットコインに限らず仮想通貨は、仮想通貨取引所に分散保管している方が多い。

というのも、私の場合は、頻繁に売買しているからです。

ですが、今後扱うビットコインの量が増えるようなら、専用のウォレットで管理したほうがいいのかもしれません。

ということで、今後のことも考え、ビットコインのウォレットについて調べてみます。

この記事の目次

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

ビットコイン(Bitcoin)のウォレットとは?

ビットコイン ウォレット

ビットコイン(Bitcoin)のウォレットとは、その名の通りビットコインの財布と理解していいでしょう。

上図のように、ビットコイン(Bitcoin)を入れておく財布。

(※実際はウォレットにビットコインは入っていませんが、細かいことは気にしないでいいと思います。)

但し、ビットコインは実体が無いので、ウォレットを財布と考えるのは難しい。

ビットコインウォレットの仕組みとしては、ビットコインアドレスと秘密鍵を保管するデータBOXだと思ってください。

ネットバンキングを使ったことがあれば、理解が早いかもしれません。

ネットバンキングとビットコインウォレットを比べると、

  • 口座番号=ビットコインアドレス
  • 秘密鍵=パスワード

と考えていいでしょう。

大きな違いは、データの保存場所です。

銀行の場合は、銀行が管理するサーバーにデータが保存されています。

一方、ビットコインの場合は、ブロックチェーン上にデータが保存されている。

ブロックチェーンとは何?わかりやすく解説してみたい!?
仮想通貨を学ぶと、必ずブロックチェーンという言葉が出てきます。 昨日の記事にも出てきたので、ブロックチェーンと […]

その為、取引に関しては、下記のような違いがあります。

  • ネットバンキング⇒銀行の営業時間に左右される
  • ビットコインウォレット⇒自分の都合で取引できる
仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

ビットコインウォレットの種類

続いて、ビットコインウォレットの種類を確認します。

ビットコインのウォレットは、大きく分けると2つに分けることが出来る。

  1. ホットウォレット
  2. コールドウォレット

です。

それぞれを解説します。

ビットコインのホットウォレットとは?

ビットコインのホットウォレットとは、ネットワークに接続されたウォレットです。

今年大問題になったcoincheck事件は、ホットウォレットでネムを管理していたために起こりました。

ですから、ビットコインのホットウォレットのデメリットは、ハッキング被害にあう可能性があるということ。

では、なぜ、ビットコインのホットウォレットを使うのか?

ホットウォレットでは、ビットコインの入出金を手軽に行うことが出来るからです。

なので、少額のビットコインを保管する場合は、ホットウォレットが便利ということ。

ビットコインのコールドウォレットとは?

ビットコインのコールドウォレットとは、オフラインのウォレットです。

コールドウォレットのメリットは、オフラインのためハッキングの心配がない。

但し、

「ビットコインの入出金には手間がかかる」

というデメリットがあります。

コールドウォレットでは、長期間保有するビットコインなどを保管するといいでしょう。

ビットコインウォレットを更に詳しく

ビットコインのウォレットが、ホットウォレットとコールドウォレットに分けられることは理解できたはず。

では、更にビットコインのウォレットの種類を、細かく見ていきましょう。

  1. デスクトップウォレット
  2. ウェブウォレット
  3. モバイルウォレット
  4. ペーパーウォレット
  5. ハードウェアウォレット
  6. 取引所のウォレット

一般的なのは、上記の6つのウォレットです。

他にもビットコインのウォレットはありますが、使っている人は少ないでしょう。

例えば、「ブレインウォレット」という言葉もあるようです。

言葉通り、ビットコインの秘密鍵を、自分の脳に記憶します。

ブレインウォレットはセキュリティレベルが最も高いと言われますが、私には使用不可能なウォレットです(汗)

今回は、先の6つのビットコインのウォレットを調べていきます。

ビットコインのデスクトップウォレット

ビットコインのデスクトップウォレットは、言葉から想像できるのではないでしょうか。

デスクトップウォレットは、パソコンにインストールして使用します。

ソフトウェアをインストールするため、ソフトウェアウォレットと呼ばれることも。

デスクトップウォレットのメリット

デスクトップウォレットは、ソフトウェアをダウンロードしてインストールするだけなので簡単に導入できます。

また、デスクトップウォレットはオフラインで管理できるので、セキュリティレベルが高い点がメリットでしょう。

他にも、デスクトップウォレットの機能面を評価する人も多いようです。

デスクトップウォレットのデメリット

デスクトップウォレットはパソコンの故障やウィルス感染で、ビットコインを失う可能性があります。

デスクトップウォレットはオフラインで使用できると言っても、パソコンはネットに接続することが多いはずです。

パソコンをネットに接続すれば、ハッキングの危険にさらされます。

セキュリティを考えるのであれば、ネットに接続しないパソコンを用意する必要がある。

ビットコイン用にパソコンを用意する必要があるのが、デスクトップウォレットのデメリットです。

ビットコインのウェブウォレット

続いて、ビットコインのウェブウォレットを確認します。

ビットコインのウェブウォレットは、ウェブ上で提供されるウォレットサービスです。

ウェブウォレットは、オンラインウォレットと呼ばれることもあります。

ウェブウォレットのメリット

ウェブウォレットは設定が簡単な上に、どこからでもアクセスできます。

また、ビットコインの入出金が、簡単に行えるのがメリットです。

ウェブウォレットのデメリット

ウェブウォレットは、常にハッキングのリスクにさらされています。

なので、ウェブウォレットのデメリットは、セキュリティに不安がある点です。

また、ウェブウォレットに関しては、悪質な業者もいるようなので注意が必要。

ビットコインのモバイルウォレット

モバイルウォレットは、スマホのアプリとして動作するウォレットです。

AndroidやiPhoneに対応しており、アプリをインストールするだけなのですぐに使用できます。

モバイルウォレットのメリット

モバイルウォレットのメリットは、QRコードでお店の支払いが簡単に行えることです。

また、モバイルウォレットはスマホ上で利用できるので、ウェブウォレットよりセキュリティが高いと言われています。

モバイルウォレットのデメリット

モバイルウォレットの場合、データをスマホに保存します。

ですが、スマホがウィルス感染したり、ハッキング被害にあう可能性があるのがデメリットです。

ビットコインのペーパーウォレット

ビットコインのペーパーウォレットは、ビットコインアドレスと秘密鍵を紙に印刷して保管する方法です。

私はペーパーウォレットを初めて知ったときは、使う人などいないと思いました。

ですが、意外なことに、私も現在使っています(汗)

ペーパーウォレットのメリット

ペーパーウォレットのメリットは、最も安全と言われる点です。

ペーパーウォレット自体を無くさない限り、盗難のリスクは極めて少ないと言えます。

また、ペーパーウォレットは、紙に印刷するだけなので費用がかかりません。

ビットコインを長期的に保管する場合、ペーパーウォレットの利用を検討する人も多いのではないでしょうか。

ペーパーウォレットのデメリット

ペーパーウォレットで管理したビットコインは、頻繁に移動できないのがデメリットです。

また、ペーパーウォレットの紙が劣化して読めなくなったり紛失したりすると、永久にビットコインを出金することが出来ません。

ビットコインのハードウェアウォレット

ビットコインのハードウェアウォレットは、最も財布として認識しやすいかもしれません。

ハードウェアウォレットは専用の端末にデータを保存する形なので、ビットコインを保管しているという感覚になるでしょう。

ハードウェアウォレットのメリット

先に、デスクトップウォレットを使う場合、専用のパソコンを用意したほうが良いといいました。

ハードウェアウォレットは正に専用の端末なので、完全にオフラインで保管できるのがメリットです。

また、ハードウェアウォレットはセキュリティレベルが高いのに、ビットコインの引出が簡単に行なえます。

ハードウェアウォレットのデメリット

ハードウェアウォレットは、現在は国内産がありません。

その為、ハードウェアウォレット本体が、日本語化されてない点がデメリットです。

また、ハードウェアウォレットは高価なので、初期費用がかかるのがデメリットという人もいます。

ビットコインの仮想通貨取引所のウォレット

ビットコインの取引所のウォレットは、ウォレットとして認識していない人も多いでしょう。

私自身、

「ビットコインを取引所に預けている」

という感覚でしかありません。

ですが、取引所では自分専用のビットコインアドレスもあるので、入出金が可能です。

また、coincheck事件以降は金融庁の指導の下、取引所のセキュリティ強化が行われています。

その結果、現在日本の仮想通貨取引所では、ホットウォレットとコールドウォレットを使い分けているようです。

流動性の無いビットコインは、コールドウォレットで管理。

流動性のあるビットコインは、ホットウォレットで管理といった感じです。

仮想通貨取引所のウォレットのメリット

取引所のウォレットでは、ビットコインの管理を取引所に任せるのでというのがメリットでしょう。

また、ビットコインの売買が簡単にできるのも、取引所のウォレットのメリットです。

仮想通貨取引所のウォレットのデメリット

取引所のウォレットのデメリットは、coincheck事件のようなハッキング被害の可能性があることです。

まあ、coincheck事件のおかげで日本の取引所は、現在はコールドウォレットで管理しているようですが。

あとは、口座開設の手続きが必要なので、取引所のウォレットはすぐ使えないのもデメリットかもしれません。

ビットコインのウォレットのおすすは?

ビットコインのウォレットを選ぶ基準は、使用用途によるでしょう。

  1. 取引に使うビットコインのウォレット
  2. 長期保有用のビットコインのウォレット

上記2通りのウォレットについて考えてみます。

取引に使うビットコインのおすすめウォレットは?

取引に使うビットコインということは、頻繁に売買や入出金を行うことになります。

ですから、セキュリティ面も大事ですが、入出金が簡単な方がいいでしょう。

  1. デスクトップウォレット
  2. ウェブウォレット
  3. モバイルウォレット
  4. ペーパーウォレット
  5. ハードウェアウォレット
  6. 取引所のウォレット

上記のウォレットの中で、セキュリティを考えると、

  1. ペーパーウォレット
  2. ハードウェアウォレット
  3. 取引所のウォレット

の3つに絞られます。

次に利便性を考えると、ペーパーウォレットは除外すべきかも。

あとは、手数料等を考えると、ハードウェアウォレットは、経済的ではありません。

いちいち取引所に入金の必要があるからです。

ということで、取引に使うビットコインは、取引所のウォレットをお勧めします。

但し、取引所に預ける金額が多くなってくれば、ハードウェアウォレットと取引所のウォレットを併用したほうが良いでしょう。

ハードウェアウォレットについては、また後ほど紹介していきます。

ビットコインのおすすめの取引所は、下記記事を参考にして下さい。

ビットコインの取引所のおすすめは?ランキングも付けてみた!
本日は、ビットコインのおすすめの取引所について書いてみます。 仮想通貨と言えば、ビットコインです。 初めて仮想 […]

長期保有用のビットコインのウォレット

ビットコインを長期保有するなら、セキュリティを第一に考えたほうがいい。

となると、

  1. ペーパーウォレット
  2. ハードウェアウォレット

の2つが残ります。

最近では、最もセキュリティが強いのは、ハードウェアウォレットだという意見もあります。

理由としては、ハードウェアウォレットのセキュリティシステムが強固だからとのこと。

いずれにしろ、ビットコインを長期保有するなら、ペーパーウォレットかハードウェアウォレットで保管することが、現時点でのおすすめです。

ビットコインのペーパーウォレットの作り方

あなたもビットコインの「ペーパーウォレット」という言葉を、聞いたことがあるかもしれません。

ですが、あなたはペーパーウォレットの作り方を知っていますか?

私は最近まで知りませんでした(汗)

なので、今回はビットコインのペーパーウォレットの作り方を紹介しておきます。

簡単ですので、一度試してみてはどうでしょう。

ペーパーウォレットの作成手順

まずは、ペーパーウォレット作成に使うパソコンが、安全であることを確認します。

必ずウィルスチェックを行ったほうが良いでしょう。

次に、下記にアクセスします。

ビットコイン ペーパーウォレット作成

私の場合は、「日本語」を選択しています。

上図の緑色の点は、マウスの軌道です。

マウスを動かすことで、進行状況(8%)が加速します。

ペーパーウォレット作成

進行状況が100%になると、上図のように「ビットコインアドレス」「プライベートキー」が表示されます。

『印刷』ボタンをクリックすると、ペーパーウォレットの完成です。

「ビットコインアドレス」は入金に必要ですので、コピーを取っておきましょう。

但し、入金が済んだらパソコンの中のビットコインアドレスは、破棄したほうが良いです。

ペーパーウォレットのセキュリティが強化されますからね。

また、「プライベートキー」をパソコン内に保存すると意味がありません(笑)

ペーパーウォレットからビットコインを出金する

ペーパーウォレットを作成できても、ビットコインを出金出来なければ意味がありません。

必ず一度少額でテストし、本番では新規ペーパーウォレットを作成してください。

https://wallet.bitcoin.com/

上記にアクセスし、Bitcoin.com Walletをインストールします。

スマホにインストールすると、秘密鍵をQRコードで読み込めるので便利です。

私のケースで解説します。

プレイストア

スマホで「Play ストア」を選択し、「ビットコインウォレット」で検索。

Bitcoin.com ウォレット

「Bitcoin.com ウォレット」が表示されますので、『インストール』ボタンをタップします。

Bitcoin.com ウォレット

インストールが完了したら、『開く』ボタンをタップ。

スキャン

画面下の「スキャン」をタップします。

QRコードを読み込む画面になりますので、ペーパーウォレットのプライベートキーのQRコードをスキャン

出金

上記が表示されますので、「ペーパーウォレットの全残高インポート」をタップ。

あとは、出金したいビットコインアドレスへ送金するだけです。

ビットコインのハードウェアウォレットについて

最近は、ペーパーウォレットよりも、ハードウェアウォレットを利用する人が増えているようです。

やはり、デジタルに慣れてくると、便利な方法を選択してしまいますよね。

ということで、ハードウェアウォレットを調べてみました。

  1. Ledger Nano S
  2. TREZOR

ハードウェアウォレットで信頼があるのは、上記2つのようです。

それぞれを確認します。

ハードウェアウォレットLedger Nano S

Ledger Nano S

ハードウェアウォレットで人気№1は、Ledger Nano Sです。

Ledger Nano Sの価格は15,800円(税込み)で、送料は500円となっています。

ビットコインのハードウェアウォレットLedger Nano Sを、高いと思いますか?

私は安全を15,800円で買えるなら、安いものだと思います。

Ledger Nano S

Ledger Nano Sの仕組みは、上図のように秘密鍵を暗号化して保管しています。

Ledger Nano Sではオフラインで秘密鍵を保管するので、ペーパーウォレットと同様にセキュリティレベルが高いのです。

Ledger Nano S

ハードウェアウォレットとペーパーウォレットとの大きな違いは、上図のようにパソコンに接続することでビットコインを簡単に送金ができる点です。

ledgerーAll Products – 【公式】Ledger日本正規代理店 ハードウェアウォレットジャパン

上記Ledger Nano Sの公式サイトでは、

  • 概要
  • 初期設定
  • 設定の復元
  • 操作方法
  • 設定のリセット
  • ビットコインの送金方法

といった解説動画が準備されています。

なので、Ledger Nano Sは、安心して利用できるでしょう。

Ledger Nano Sの対応仮想通貨は、

  1. ビットコイン(Bitcoin)
  2. ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
  3. イーサリアム(Ethereum)
  4. リップル(Ripple)
  5. ライトコイン(Litecoin)
  6. ダッシュ(Dash)
  7. Zcash
  8. Dogecoin
  9. Ark
  10. イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
  11. Expanse
  12. Komodo
  13. PivX
  14. PoSW
  15. Stratis
  16. Ubiq
  17. Vertcoin
  18. Viacoin

となっています。

Ledger Nano Sの公式サイトはコチラ

ハードウェアウォレットのTREZOR

TREZOR

続いて、人気№2のTREZORについて調べてみます。

TREZORの価格も、Ledger Nano Sと同じ15,800円(税込み)です。

TREZORは機能面でも、Ledger Nano Sと違いは殆どありません。

ですが、日本語サイトが、Ledger Nano Sの方が親切だと思います。

あと、対応仮想通貨に違いがあります。

TREZORの対応仮想通貨は、

  1. Bitcoin
  2. Ethereum
  3. Bitcoin Cash
  4. Litecoin
  5. Dash
  6. Zcash
  7. NEM
  8. Bitcoin Gold
  9. Ethereum Classic
  10. Expanse
  11. UBIQ
  12. Namecoin
  13. Dogecoin
  14. Bitcoin Testnet

となっています。

もし、リップルをハードウェアウォレットで管理したければ、Ledger Nano Sになります。

また、NEMをハードウェアウォレットで管理したければ、TREZORですね。

Ledger Nano Sの公式サイトはコチラ

TREZORの公式サイトはコチラ

ビットコインのウォレットについて

今回、ビットコインのウォレットを調べて意外だったのは、ペーパーウォレットが思いのほか便利だということ。

あくまで、スマホにBitcoin.com Walletをインストールした場合の話です。

ですが、現代では殆どの人がスマホを持っていますので、一度ペーパーウォレットを試してみてはどうでしょう。

実際に試してみないと、わからないことってありますよね。

私は痛い目に合わないと、取引所のウォレットを使い続けるだろうと思っていました。

ですが、今回色々なビットコインのウォレットを調べて、ペーパーウォレットとハードウェアウォレットは使ってみようと思っています。

先に書いたペーパーウォレットとハードウェアウォレットのデメリットなど、実際に調べてみると大した欠点では無い気がしてきました。

あなたの先入観が、少しでも変われば嬉しいです。

最後に、私の意見は安全を保証するものではありません。

ビットコインのウォレットの使用に関しては、自己責任でお願いします。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング