本日は、ビットコインの空売りについて書いてみます。

よく、ビットコインの暴落時に、

「空売りで儲けた」

という話を聞くかもしれません。

ですが、ビットコインに限らず仮想通貨で大金を稼いでいるのは、現物を買っている人でしょう。

確かに、株やFXでは、売りで入って稼ぐ人はいます。

というか、FXに限っては、売りのほうが稼ぎやすい。

だからといって、ビットコインでも売りで稼げるか?

ということで、今回はビットコインの空売りの方法と、絶対に勧めない理由を解説します。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

ビットコインの空売りとは?

ビットコイン 空売り

まず、ビットコインの空売りとは文字通り、

「持っていない(空)ビットコインを売る」

ことです。

あなたは、

「はっぁ?持ってなければ売れないじゃん」

と言うかもしれません。

普通に考えると、ビットコインのウォレットが空っぽなら売れません。

そこで、ビットコインの空売りは、取引所から借りて売るのです。

例えば、私がZaifに、100万円分のビットコインを借りたとします。

当然ですが、Zaifもタダでは、ビットコインを貸してくれません。

なので、私はZaifに100万円を担保として預けます。

1BTC=100万円のときだと、ビットコイン1枚をZaifから借りるわけです。

ビットコイン 空売り

ビットコインを借りるというのが、空売りの大事なポイント。

私は借りたビットコイン1枚を市場で売ります。

ビットコイン 売却

すると、レートが1BTC=100万円なら、100万円の現金が私の手元に入るわけです。

では、現在の私の状況を確認しましょう。

私の手元には、100万円がありますが、Zaifにビットコイン1枚の借りがあります。

ですから、Zaifに1BTCを返す必要があるわけです。

ビットコイン 買い

私は赤矢印の時に、1BTC売っています。

そして、青矢印でZaifに返すためのビットコインを、1BTC買いました。

ちなみに、青矢印の箇所は、1BTC=80万円です。

私はビットコインを買ったら、すぐにZaifへ借りた1BTCを返却します。

ビットコイン 返却

私は借りたビットコインをZaifに返却してので、担保の100万円を返してもらいました。

私の状況を整理します。

私は手元にあった100万円から、Zaifに返すビットコインを購入しました。

ですが、1BTC=80万円になっていたため、20万円が私の手元に残ることに。

その後、Zaifとの精算も終わったので、私は空売りによって20万円儲けたのです。

ビットコインの空売りの失敗例

ビットコインの相場が下落すると空売りで儲かりますが、失敗例も紹介しておきます。

Zaifから1BTC=100万のときに、ビットコインを1枚借りるのは同じです。

ビットコイン 空売り

ビットコインが下落相場だと思った私は、赤矢印でZaifから借りた1BTCを売りました。

ところが、ビットコインの相場が上昇に転じ、価格がどんどん上がっていきます。

怖くなった私は、1BTC120万円で損切り注文を入れました。

ビットコインの空売りで損切り注文を出すのは、Zaifに対して、

「1BTCを返せません」

と宣言するのと同じです。

すると、Zaifは私から預かった100万円から、20万円分を損失分として徴収します。

精算

その結果、Zaifから私に返却されるのは、残金の80万円となるわけです。

私はビットコインの空売りで、20万円の損を出しことになります。

ビットコインの空売り

ビットコインの空売りについて、理解できたでしょうか。

ビットコインの空売りは、現物取引ではなく仮想通貨FXになります。

実際には、ビットコインの受け渡しや、担保金の返金といった面倒な手続きはありません。

ただ、取引所の取引画面で、数字が上下するだけです。

担保金は「証拠金」として表示され、含み益が出ると証拠金が増えます。

逆に、損失が出ると、「証拠金」の金額が減るといった感じです。

ですから、難しく考えずビットコインを買うときと、逆だと考えればいいでしょう。

あと、仮想通貨FXですから、レバレッジを効かせることも可能です。

レバレッジとは「テコの作用」のことで、証拠金の数倍の取引が出来ます。

レバレッジ

上図はZaifのビットコイン空売りの注文画面ですが、1倍・2.5倍・5倍・7.77倍といったレバレッジを選択できます。

ちなみに、ビットフライヤーの場合は、最大15倍までのレバレッジが設定可能です。

但し、レバレッジをかけるということは利益も大きくなりますが、損失も拡大します。

例えば、ビットコインの空売りで、5倍のレバレッジをかけていたとしましょう。

ビットコインの価格が10万円上昇すれば、50万円の損失を被ります。

ビットコインの空売りは、ハイリスク・ハイリターンなのです。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

ビットコインの空売りの方法

一般的にビットコインの空売りは、「戻り売り」という方法を使います。

ビットコイン 戻り売り

上図はビットコインの日足チャートです。

表示している移動平均線は、赤が期間13で青が期間21。

上図の赤丸の部分が「戻り」になります。

ビットコインの価格が下落している途中で、上に戻ろうとしている箇所です。

簡単に言うと、移動平均線から価格が離れすぎたので、移動平均線へ「戻る」と考えてください。

なぜ、デッドクロス後に売っては駄目なのか?

(※デッドクロスとは青丸の箇所で、短期の移動平均線が長期の移動平均線を上から下に突き抜けることをいいます。)

上図の場合、確かに、デッドクロス後に売ったほうが利益は出ています。

ですが、デッドクロスだけでは、下落のサインとしては弱いのです。

ビットコインの価格がしっかり下落するのを確認し、「戻り」をつけた後に反転したら売る。

具体的には、ローソク足が赤の移動平均線にタッチし、陰線が2本続いた次の始値で売りです。

赤矢印が示すローソク足の始値で、売りでエントリー。

決済に関してはローソク足の実体が、赤の移動平均線を上抜けしたときでいいと思います。

テクニカル分析の用語については、下記記事を参考にして下さい。

仮想通貨をチャートから予想?見方を簡単に解説!【Part1】
今回は、仮想通貨のチャートで、将来の動きを予想する方法を解説してみたいと思います。 仮想通貨の最強チャート!お […]

ビットコインの空売りの精度を上げる

ビットコインの空売りの精度を上げるには、フィルターを増やせばいいでしょう。

パラボリック

上図には、パラボリックというインジケーターを追加しています。

黄色の丸点ですね。

パラボリックは、反転を教えてくれる指標です。

パラボリックがローソク足の上にあれば、価格は下落する可能性が高い。

逆にパラボリックがローソク足の下にあれば、価格は上昇の可能性が高くなります。

ですから、ビットコインを空売りした後に、パラボリックがローソク足の下に出現したら注意が必要です。

あと、ビットコインの価格が「戻り」を作ったときに、パラボリックがローソク足の下に出現したらエントリーは見送ったほうがいいでしょう。

相場では無理にエントリーしても、いいことはなにもないですよ。

ビットコインの空売りは損切りが必要

ビットコインで空売りする場合、損切りを設定する必要があるでしょう。

損切りとは、自分の資産を守るための手段です。

損失を予め決めておき、再度エントリーする資金を確保します。

損切りはルールを決めて、エントリーする際に設定しておくことが多い。

損切り

例えば、上図の水平ラインのように、エントリーの直近の高値に損切りを設定するのが一般的です。

もし、損切りラインにかかったら、エントリーは間違いだったと諦める。

ビットコインの空売りは、損切りが出来ないようなら止めるべきだと思う。

ビットコインのトレードで損切りできなければ、たった1回のエントリーで全てを失うからです。

ビットコインの空売りのエントリー前に、ストップ(損切り)を設定するようにしてください。

ビットコインの空売りを勧めない?

ここまでビットコインの空売りについて書いてきました。

今更ですが、私は、

「ビットコインの空売りは勧めません(汗)」。

そもそも、仮想通貨FXをやるのであれば、普通にFXをやったほうがいい。

ビットコインの場合は、イレギュラーな動きが多いからです。

なぜ、あなたはビットコインに興味をもったのですか?

私の場合は、ビットコインで稼げると思ったからです。

「ビットコインは稼げる=ビットコインが値上がりする」

というのが、私の考えです。

ビットコインの空売りは、私の考えに反する行動になります。

私の考えるビットコインで儲かる方法は、下記の記事で解説しています。

ビットコインで儲かる方法は?ローリスクで稼ぎたいが・・・
本日は、「ビットコインで儲かる方法」について、書いてみます。 仮想通貨に興味があれば、ビットコイン資産を持って […]

では、具体的に、ビットコインの空売りをお勧めしない理由を挙げてみましょう。

ビットコインの空売りはチャンスが少ない

意外かもしれませんが、ビットコインは売りで入れるケースが少ないです。

ビットコイン 空売り

上図はビットコインの日足チャートです。

見ていただくとわかりますが、ビットコインが売りで入れたのはわずかに3回。

しかも、3回とも買いと比べると利益が少ない。

ここで、

「時間足を短くすればチャンスが多い」

と言うかもしれません。

例えば、1時間足のチャートで空売りするとかでしょう。

ですが、テクニカルは時間足が短くなれば、精度が悪くなります。

ビットコインの空売りより、普通にFXを学んだほうが勝率もいいでしょう。

FXは世界中で参加者が多いので、稼げる手法が数多く生み出されているからです。

ビットコインの空売りよりFXが稼げる

ビットコインの空売りについて、

「ビットコインは値動きが激しいから稼げる」

と思っているのであれば、FXでレバレッジ25倍で取引すれば満足するはずです。

まさか、ビットコインでレバ25倍で勝負する気ですか?

あっという間に、資産を失いますよ。

値動きで言えば、FXにも投機通貨はあります。

しかも、レバレッジ25倍なら、ビットコインより値動きが激しい。

ビットコインの投資の魅力は、これから値上がりする可能性が高いということ。

空売りするなら、ビットコインが対象ではないということです。

ビットコインの空売りは急騰すると危険

ビットコインの急騰や急落を、あなたは経験したことがありますか?

ビットフライヤー、Zaif、GMOコイン、DMM Bitcoinなど、急変時には多くの取引所では注文が通りません。

ということは、決済だけでなく損切りも、無視される可能性があるということ。

「そんなバカな?」

と言うかもしれませんが、下記のような内容はどの取引所でも書かれています。

ただし、相場が急激に変動した場合には、ロスカットルールが適用され、証拠金の額を上回る損失が生じることがあります。
この場合、お客様は速やかに金銭を充当し不足金を解消する必要があります。

または、下記のような内容です。

当該処理により発生した損失等について当社社は一切責任を負いません。

資産が無くなってから文句を言っても、上記内容に同意していれば自分の責任です。

ビットコインの空売りは資産が0になる可能性がある

ビットコインは、現在1BTC=80万円前後です。

私がビットコインを、1BTC=80万円で空売りしたとしましょう。

ビットコインが1BTC=160万円になる可能性は?

つい数ヶ月前に1BTC=200万円を達成していますので、ビットコインの価格が160万円になる可能性は十分にあります。

もし、ビットコインの価格が160万円になれば、私の資産はなくなります。

私がレバレッジ1倍で、ビットコインを空売りした時の話です。

仮に私がレバレッジを10倍で取引していれば、ビットコインが8万円値上がりすれば資産は0になる。

逆に、ビットコインが0円になる可能性は?

多くの人や企業が許さないでしょう。

ビットコインが0円になれば仮想通貨取引所だけでなく、多くの大企業や金融機関が大打撃を受けるからです。

世界経済も混乱する。

だから、ビットコインの空売りをするくらいなら、FXを学ぶほうが絶対にいいです。

ビットコインの空売りについて

ビットコインの空売りを勧める人がいます。

私は10年以上FXで生活していましたが、ビットコインの空売りはやらないでしょう。

何回も言いますが、ビットコインの空売りをやるメリットがない。

ビットコインの空売りより、普通にFXをやったほうが稼げる可能性が高いです。

私がビットコインに興味を持っているのは、ただ保有するだけで利益が出ると思っているからです。

銀行に貯金するよりビットコインに投資しておけば、勝手に資産が増える気がする(笑)

実際に、ビットコインで「億り人」になった人もいますしね。

ビットコインの空売りで稼いでいる人が、どのくらいいるでしょう。

ビットコインの空売りで、何度か稼いだ人はいると思いますよ。

でも、今後もビットコインの空売りで稼げると思いますか。

私は、

「ビットコインは買いから入った方が稼げる」

と言いたい。

あなたは今回、ビットコインの空売りの手順を調べていたかもしれません。

だとすれば、私の記事はあなたの役にたたないかも。

ですが、もし、あなたが私の意見に耳を傾けてくれれば、ビットコインの空売りで損失を出さずに済むでしょう。

ビットコインの現物取引なら、仮に価格が10円になっても利益に転じる可能性があります。

是非、ビットコインの取引をするなら、現物取引をしてほしい。

 

Zaifの登録方法がわからない方は『Zaif(ザイフ)の登録方法!口座開設までの流れを徹底解説!』で詳しく説明しています。

 

最後に、私の意見は利益を保証するものではありません。

ビットコインの投機は、自己責任でお願いします。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング