昨日、10月11日にビットコインが急落した。

仮想通貨にとって年末は正念場なのに、いい迷惑です(笑)

【仮想通貨】今後の展開について!年末にかけてが勝負かも!?
本日は、仮想通貨の今後の展開について、書いてみます。 記事の更新は久しぶりですが、私はコツコツ注目銘柄を買い増 […]

今回のビットコインの急落は、年末に影響するのか?

本日は、ビットコインの急落について、書いてみます。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

ビットコインの急落は?

ビットコイン 急落

まずは、ビットコインのチャートを確認してみましょう。

ビットコイン チャート

上図はビットコインの日足チャートです。

ビットコインは少しずつ値を戻しつつあったのに、全て帳消しにする急落。

なぜ、ビットコインは、これ程までに急落したのでしょうか。

NYダウ史上三番目の下落幅を記録 仮想通貨ビットコイン市場もリスクオフに
株式市場の下落は仮想通貨市場にも波及し、一時ビットコインの価格(BTC/JPY,bitFlyer)は68万円台をタッチした

上記記事でも書いていますが、米国の株価急落が影響したと考えられます。

ちなみに、上記記事で使われている「リスクオフ」は、下記の通りです。

投資家がリスクを回避するために、より安全な資産に資金を移動する傾向にある市場の状況を表す金融用語。⇔リスクオン。

引用元:デジタル大辞泉

つまりビットコインは、リスクの逃避先にはならないと認識されたということ。

仮想通貨市場は年明けから今まで、低迷を続けているのですから、信用がないのも仕方ないですよね。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

ビットコインの急落でトレンド転換か?

ビットコインは今回の急落で、トレンド転換したのでしょうか。

実は、10日の時点で、下記のような記事が出ています。

下落トレンドへの転換をパラボリックが示唆 仮想通貨ビットコイン価格分析
本日10日のビットコイン価格(BTC/JPY,bitFlyer)は日本時間9時過ぎから下落貴重が続き、一時約1週間ぶりとなる72万円台をつけた。

今の仮想通貨市場はネガティブな情報に、すぐ反応するんですよね。

トレンド 反転

上記のチャートに表示されている『』が、パラボリックといわれるインジケータ。

パラボリックは、トレンドの転換を教えてくれるインジとして有名です。

但し、どんなインジも万能ではありません。

例えば、上図の赤矢印の箇所を見てください。

わずか4日で、パラボリックが逆のトレンドを示しています。

俗に言う「ダマシ」という現象です。

上図には、サポートライン(赤ライン)を引いています。

具体的な数字でいうと、8月10日の終値である687,000円の位置です。

ビットコインは今回の下落で、サポートラインを終値で割ることは出来ていません。

これは、下落トレンドを阻止したい人たちが、買い支えている証拠です。

現時点で、

「ビットコインが下落トレンドに転じた」

とは、言えないでしょう。

ビットコインの今後について

私はビットコインのようなメジャー通貨には、手を付けません。

マイナー通貨のほうが、夢があるからです。

ですが、もし、私がビットコインの取引を行っていれば、サポートラインで反転したら買うでしょう。

ビットコイン 反転

上図の赤矢印のローソク足が陽線で確定したら、買いで入るということです。

陽線については、下記記事を参考にしてください。

仮想通貨をチャートから予想?見方を簡単に解説!【Part1】
今回は、仮想通貨のチャートで、将来の動きを予想する方法を解説してみたいと思います。 仮想通貨の最強チャート!お […]

私がビットコインを買いで入る理由は、年末にかけて上昇すると信じているからです。

理由は、下記記事を参考にしてください。

【仮想通貨】今後の展開について!年末にかけてが勝負かも!?
本日は、仮想通貨の今後の展開について、書いてみます。 記事の更新は久しぶりですが、私はコツコツ注目銘柄を買い増 […]

買い増し

買い増しするのは、①のラインを終値で超えた時。

具体的にいうと、755,000円を終値で超えてきたら、翌日に買い増します。

決済するのは、②の819,000円。

ビットコイン取引の本番は、②を終値で超えてからです。

ビットコインの価格が終値で②を超えてくると、上昇トレンドへ転換する可能性が高くなります。

ビットコインの価格が820,000円を超えた時は、多くの人が仮想通貨市場に参入してくるはずです。

波に乗り遅れないよう、チャートのチェックを怠らないようにしたいですね。

目先は、本日のローソク足が陽線で終わることを願いたい。

最後に、ビットコインへの投機は、必ず自己責任でお願いします。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問は、コチラからどうぞ。

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング