本日は、ビットコインFXのやり方を解説します。

私はビットコインFXは、あまりオススメしていませんでした。

ですが、これほど仮想通貨の市場が冷え込んでいると、色々と稼ぐ方法を考える必要があります。

今、私が注目しているのは、取引所トークンです。

取引所トークンとは?仮想通貨で稼ぐために逃げておく?!
本日は、取引所トークンについて、書いてみます。 仮想通貨市場が冷え込んでいて、多くの人が嫌になっているのではな […]

私が買い増し中のFTは、嬉しいことに反転し始めました。

ですが、あなたは海外の取引所には、抵抗があるかもしれません。

ということで、国内の取引所で出来る、ビットコインFXのやり方について考えてみます。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

ビットコインFXのやり方はデモから

ビットコインFX

ビットコインFXをやる場合、いきなり実践しても勝てるはずがありません。

仮にFXのプロだとしても、難しいでしょう。

なぜなら、どんな市場にも特徴があり、癖があるからです。

ですから、まずは、ビットコインFXのデモ取引を行い、感覚を掴んだほうがいいでしょう。

もしかすると、ビットコインFXの実践の前に、諦めるかもしれません。

お金を捨てるよりは、ビットコインFXをやらないという選択もありだと思います。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

ビットコインFXのやり方の前に

ビットコインFXのやり方の前に、準備をしておきましょう。

ビットコインFXなら、BITPointがおすすめ。

なぜなら、MT4という最強チャートが使えるからです。

仮想通貨のおすすめのチャートは?やっぱりMT4は最強か?
仮想通貨の勉強もいいのですが、仮想通貨FXが通常のテクニカルが効くかどうかが気になります。 例えば、チャート分 […]

ビットコインFXのデモトレードの前に、BITPointで口座開設しておいてはどうでしょう。

BITPOINTの公式サイトはコチラ

BITPointの登録で迷ったら、『ビットポイントの口座開設方法!図解で分かりやすく解説!』で詳しく解説しています。

「今回はビットコインFXのデモトレードだけでいい」

という場合は、下記からアクセスしてください。

BITPoint

BITPoint

画面上部のメニューから、「取引ツール」を選択します。

デモ版

画面を下にスクロールすると、上図のような『デモ版ダウンロードはこちら』ボタンがあるのでクリック。

MT4をダウンロードしたら、インストールを行ってください。

BITPoint

チェックボックスにチェックを入れ、『次へ』ボタンをクリック。

MT4 インストール

MT4のインストールが終わったら、『完了』ボタンをクリックします。

インストール中にMQL5のサイトが開くと思いますが、関係ないので閉じていただいて結構です。

デモ口座

MT4のインストールが完了したら「BITPoint-FX Demo」を選択し、『次へ』ボタンをクリック。

デモ口座

「新しいデモ口座」にチェックを入れ、『次へ』ボタンをクリックします。

デモ口座申請

必要項目を入力し、『次へ』ボタンをクリック。

以上でMT4のデモ口座の申請と、デモトレードの準備は完了です。

ビットコインFXのやり方

まずは、チャートの設定を行います。

ビットコインFXのチャート設定

新規チャート

画面左上のメニューから、「ファイル」⇒「新規チャート」を選択。

BTCJPY

BTCJPYのチャートを選択します。

MT4チャート

既にチャートが表示されている場合は、チャートの右上の「□」をクリックして拡大してください。

プロパティ

チャート上で右クリックし、プロパティを選択。

グリッド

チャートを自分の好みの色に変更します。

私は、グリッドが目障りなので、「None」を選択して消しました。

ズーム

次に、チャートを見やすくするため、ズームインでローソク足を拡大します。

ツールバーにも虫眼鏡のマークがあるので、どちらを使っても構いません。

続いて、インジケータを入れていきます。

インジケータ

「データ・ウィンドウ」は特に使わないので、「×」をクリックして閉じてください。

次に、「ナビゲーター」の上部の境界線にマウスを持っていくと、上図のような矢印が出るはずです。

左クリックして「ナビゲーター」を上に引き伸ばし、「インディケータ」の左にある「+」をクリック。

移動平均線

「Moving Average」を右クリックし、「チャートに表示」を選択します。

移動平均線

「期間:」を8に変更し、「スタイル:」の色を青に変更。

同じ要領で、8,13,21,34の4種類の移動平均線を作成します。

ちなみに、最初に表示されている移動平均線は、14になっているかもしれません。

表示中のインジケータの変更方法を解説します。

表示中のインジケータ

チャート上で右クリックし、「表示中のインジケータ」を選択。

編集

上図のように、変更したいインジケータを選択し、『編集』ボタンをクリックすると変更が可能です。

BTCJPYチャート

上図が出来上がりのチャートです。

8(青)、13(赤)、21(黄)、34(白)で作成しました。

定型として保存

チャート上で右クリックし、「定型チャート」⇒「定型として保存」を選択。

自分がわかり易い名前で保存してください。

私は「Tomo」で保存しました。

一度定型チャートで保存すると、次からは「定型チャート」から呼び出すだけです。

定型チャート

表示させたいチャート上で右クリックし、保存した名前(Tomo)をクリックすると同じチャートが表示されます。

ビットコインFXのやり方

では早速、ビットコインFXを行っていきます。

時間足設定

画面左上のメニューから、「表示」⇒「ツールバー」⇒「時間足設定」を選択。

日足

「D1」を選択して、日足チャートを表示させます。

日足チャート

上図はBTCJPYの日足チャートです。

まずは、日足チャートで、大まかな流れを掴みます。

BTCJPYの価格が上昇するか下降するかを、予想するわけです。

参考にするのは、移動平均線の傾きと順番。

移動平均線が下に傾いている場合は、下降ではないかと考えます。

次に、移動平均線の順番が下から8⇒13⇒21⇒34と数字の小さい順に並んでいれば、下への圧力が強いと判断してください。

ですから、BTCJPYの大まかな流れは、下降になります。

次に、ツールバーから「H1」を選択して、1時間足を表示。

1時間足

上図がBTCJPYの1時間足チャートです。

1時間足では、日足と同じ方向になるのを待ちます。

現時点では、横ばいで方向感がないですよね。

移動平均線の傾きも微妙で、順番も小さい順に並んでいません。

チャートに方向感が出るまでは、絶対に手を出さないことです。

1時間足チャート

約半日経って、ようやく移動平均線の順番が揃い、乖離し始めました。

乖離とは、各線の間隔が広がり始めることを言います。

乖離

上図のように、移動平均線が広がっていくのが理想です。

1時間足の方向が日足と同じになってきたら、5分足を確認します。

「5M」を選択して、5分足チャートを表示。

5分足チャート

上図はBTCJPYの5分足チャートですが、移動平均線の順番が揃って傾きも下向きになっています。

条件が揃ったので、次の足の始値で売りでエントリー。

損切りは、直近で目立つ高値あたりに設定します。

上図の赤の水平線辺りですね。

売り

注文方法は、「SELL」(売り)のボタンをクリックするだけです。

もし、上図のようなボタンが表示されていない場合は、チャート上で右クリックします。

ワンクリックトレード

表示されたメニューから、「ワンクリックトレード」を選択してください。

売り注文

注文状況はチャートの下に表示されているターミナルで、「取引」タブを選択すると確認できます。

ビットコインFXでは、注文後に損切りを入れるようにしましょう。

損切りを入れることは、自分の資産を守るために必要なことです。

上図の赤矢印が指している「決済逆指値(S/L)」の項目をクリックします。

損切り

上図の画面が表示されたら、「決済逆指値(S/L)」の欄に損切りラインの価格を入力し、赤枠内のボタンをクリック。

ビットコインFXの場合は急な値動きがありますので、損切りラインより少し余裕を持った価格を設定したほうがいいでしょう。

決済

決済は、1時間足で行います。

ローソク足の実体が、移動平均線の青を完全に上に抜けるか、若しくは移動平均線の赤を抜けたときです。

(※ローソク足の実体に関しては、下記記事を参考にしてください。)

仮想通貨をチャートから予想?見方を簡単に解説!【Part1】
今回は、仮想通貨のチャートで、将来の動きを予想する方法を解説してみたいと思います。 仮想通貨の最強チャート!お […]

エントリーが赤矢印の箇所なので、どちらでも十分な利益が出ています。

決済

決済を行う際は、「ターミナル」の右端の「×」をクリック。

決済

上図の赤枠内の『決済取引』ボタンをクリックすると、決済が実行されます。

ビットコインFXのやり方まとめ

ビットコインFXを実践する場合、必ずルールを作って守るようにしましょう。

例えば、今回のルールは、以下のとおりです。

  1. 日足で方向を確認する
  2. 1時間足が日足と同じ方向になるのを待つ
  3. 5分足が1時間足と同じ方向に向いたらエントリー
  4. 5分足の直近の目立つ高値(安値)に損切りを入れる
  5. 1時間足が移動平均線8か13を抜けたら決済する

各時間足での方向の確認方法は、

  1. 移動平均線の傾き
  2. 移動平均線の並び順

を参考にします。

ビットコインFXのやり方で大事なことは、条件が揃わない時は見送ること。

ビットコインFXでエントリーするチャンスは、何度でも訪れます。

全ての条件が揃うまで、気長に待つようにしましょう。

ビットコインFXの売りとは?

今回、ビットコインFXの「売り」については、知っている前提で話をしました。

ですが、

「持っていないビットコインを売る?」

と疑問に思うかもしれません。

そんな場合は、『ビットコインの空売りとは?方法は簡単でも絶対勧めない?』を参考にしてください。

(※上記記事では、ビットコインFXを完全に否定していますが、いきなり実践は行わないでほしいということです。)

ビットコインFXの売りは、あまり難しく考える必要は無いと思います。

「ビットコインの価格が上がると思ったら買って、下がると思ったら売ればいい」

という感じで構いません。

その感覚を知るために、ビットコインFXをデモトレードから始めるのです。

ビットコインFXとは?

ビットコインFXとは、ビットコインのレバレッジ取引です。

レバレッジとは、テコの原理のこと。

少額の証拠金で、大きな金額の取引が可能です。

例えば、先の取引は、レバレッジが25倍になります。

ですから、ビットコインが68万円の時、必要な証拠金は、

680,000÷25=27,200円

でいいのです。

たった27,200円の証拠金で、ビットコイン1枚を売買できる。

なぜ、レバレッジ取引が可能なのか?

運営会社は、実際の損失分を払ってもらえれば、損することはありません。

仮に、ビットコインが680,000円から、10,000円値下がりしたとします。

この時、私がビットコインを自己資金の680,000円で1枚買っていれば、10,000円の損失です。

当然ですね。

一方、私がビットコインFXを行って、27,200円の証拠金でビットコインを1枚買っていたとしたら?

やはり、同じ10,000円の損失なわけです。

正確には、スプレッドや手数料がありますが、わかりやすいように話を単純にしています。

レバレッジ取引では、ビットコインの購入にいくら使うかではなく、実際にいくらの損失かが重要なのです。

違いは、投資金額に対する損失の割合。

ビットコインの現物取引で10,000円の損失なら、投資金の1.47%です。

ですが、ビットコインFXで10,000円の損失なら、投資金の36.7%にもなる。

とにかく、ハイリスク・ハイリターンのマネーゲームが、ビットコインFXだと考えてください。

ビットコインFXについて

今回、ビットコインFXのやり方について、解説しました。

私が使ったインジケータは移動平均線だけなので、物足りないと感じたかもしれません。

ですが、紹介するからには、再現性がある手法かどうかが大事。

とにかく、ビットコインFXではビットコインの価格の向かう方向が、上か下かが分かればいいのです。

「シンプル・イズ・ベスト」

って言いますよね(笑)

本来、私の場合は、移動平均線さえ表示させません。

チャートに、ラインを引くだけです。

ですが、ライントレードは経験が必要なため、今回は移動平均線の手法を紹介しました。

それでも、今回の手法は、かなり有効です。

デモトレードで今回の手法の有効性を、実感してください。

但し、デモトレードで勝ったからと言って、実戦で勝てるわけではありません。

なぜなら、取引ルールを守ることは、簡単ではないからです。

ビットコインFXを実践すると、トレードの難しさを実感するでしょう。

FX取引は手法も大事ですが、メンタル面が最も重要です。

ビットコインFXで勝てるようになるには、検証を繰り返し1年以上の修行が必要だと思いますよ(笑)

だから、私はビットコインFXを勧めないのですが、

「デモトレードなら損失が出ないのでいいかな」

と思って記事にすることにしました。

最後に、ビットコインFXでも、ビギナーズラックはあります。

絶対に、調子に乗ることが無いように、気をつけてください。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談は、コチラからどうぞ。

 

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング