本日は、ビットコインの換金方法を解説したいと思います。

「よくわからないけど、ビットコインを買ってみた」

だけど、日本円に換金するには、どうすればいい?

ということって、あると思うんです。

私の場合は、初めて海外へリップルを送金したとき、ビットコインに換える方法が分からず困ってしまいました。

もし、ビットコインの換金方法を知っていれば、すぐに解決できた問題です。

理由は後ほど解説しますね。

いろいろ試すことで、あなたがビットコインの達人になることを願っています(笑)

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

ビットコインの換金方法

ビットコイン 換金

まず、ビットコインを換金するには、どんな方法があるでしょう。

  1. 仮想通貨取引所で換金
  2. ビットコインATMで換金

上記の2つの方法が、ビットコインの一般的な換金方法です。

なかには、

「知り合いにビットコインを買い取ってもらう」

などの方法もあると思います。

ですが、ビットコインに詳しい人が知り合いにいれば、聞いたほうが早いです。

ということで、今回は、

「あなたの周りにビットコインに詳しい人がいない」

と思って解説していきます。

仮想通貨交換所でビットコインを換金

ビットコインの換金方法としては、仮想通貨取引所を使うのが最も一般的です。

あなたは、仮想通貨取引所の口座を持っていますか。

もし、あなたが仮想通貨取引所の口座を持っていれば、ビットコインを売却するだけで換金できてしまいます。

一番簡単なビットコインの換金方法は、仮想通貨取引所での売却です。

先に、私は海外の取引所で、

「リップルをビットコインに換えることが出来なかった」

と言いました。

でも、リップルをビットコインに換える方法は、リップルを売却するだけでいい。

海外の取引所では、基軸通貨がビットコインだからです。

日本の仮想通貨取引所だと、円が基軸通貨ですよね。

ですから、基軸通貨にするには、売却するだけでいいということ。

ちなみに、XRP/ETHのようにイーサリアム建てで売却すれば、イーサリアムに換えられます。

 

ビットコインATMでビットコインを換金

私の生活圏にはありませんが、東京などにはビットコインATMがあるようです。

ビットコインATM

出典元:https://coinatmradar.com/bitcoin_atm/386/bitcoin-atm-bitocean-tokyo-snack-coffe/

但し、初めてビットコインATMを利用する際は、仮想通貨取引所と同じように身分証明書の提示が必要とのこと。

ですから、ビットコインATMを使うのは、面倒だと考えている人もいるようです。

でも、あなたの近所にビットコインATMがあれば、使ってみるといいかもしれません。

ビットコインATMは一度個人情報を登録してしまえば、すごく簡単に換金ができるようです。

私はビットコインATMを見つけたら、使ってみようと思っています。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

仮想通貨取引所でのビットコインの換金方法

今回は、仮想通貨取引所を使った、ビットコインの換金方法を解説していきます。

まずは、ビットコインのおすすめの取引所を、確認しておくといいでしょう。

ビットコインのおすすめの取引所は、下記記事を参考にしてください。

ビットコインの取引所のおすすめは?ランキングも付けてみた!
本日は、ビットコインのおすすめの取引所について書いてみます。 仮想通貨と言えば、ビットコインです。 初めて仮想 […]

ここからは、仮想通貨取引所での、ビットコインを換金する手順を解説します。

ビットコインをZaifで換金する

私が最もおすすめしているビットコインの取引所は、Zaifです。

なので、Zaifでの、ビットコインの換金方法から解説します。

ビットコインをZaifに送金

まず、換金したいビットコインを、Zaifへ送金します。

ビットコインの送金には、0.0004~0.001BTC程度の手数料がかかるので確認しておきましょう。

 

上記より、Zaifにログインします。

アカウント

画面右上のメニューから「アカウント」を選択。

入出金

「入出金と履歴」タブを選択し、ビットコインのマークをクリックします。

必ず、BTCの入出金と履歴」となっていることを確認してください。

ビットコインとビットコインキャッシュはマークが似ているので、注意が必要です。

もし、ビットコインキャッシュを選んでしまうと、永久に資産を失う可能性があります。

次に、「入金」を選択。

アドレス取得

『入金用ビットコインアドレスを取得』ボタンをクリックします。

ビットコイン アドレス

上図のように、ビットコインのアドレスとQRコードが表示されるはずです。

ビットコインのアドレスかQRコードを使い、Zaifへ送金してください。

Zaifでのビットコインの換金方法

では、Zaifでの、ビットコインの換金方法を解説します。

取引

画面右上のメニューから、「取引」を選択します。

BTC/JPY

画面左側に表示されている通貨ペアをクリック。

上図の「BTC/JPY▼」の箇所です。

ビットコインが選択されていれば、触る必要はありません。

もし、ビットコイン以外の通貨ペアが表示されていれば、『BTC/JPY』ボタンを選択します。

ビットコイン 換金方法

上図のようなビットコインの注文画面が表示されるはずです。

「現物売り」タブを選択し、「1BTCの価格」を入力。

必ずビットコインを買った時より、高い金額を入力しましょう。

せっかくビットコインを買ったのに、損をしては面白くありません(笑)

「売りたい量」「使用残高▼」をクリックすると、

  • 100%
  • 50%
  • 30%
  • 10%

から選択することが可能です。

注文内容に問題がなければ、『売り注文』ボタンをクリック。

あとは、約定するのを待つだけです。

Zaifから日本円を出金する

入出金

取引画面の左上のメニューから、「入出金」を選択。

出金

「¥」マークを選択し、「出金」をクリックします。

次に上図の「こちら」をクリック。

『新規追加』ボタンをクリックします。

出金口座 登録

必要項目を入力し、『新規登録』ボタンをクリック。

ちなみに、銀行名と支店名には、「銀行」「支店」という文字を入力する必要はありません。

ラベルは任意の言葉で結構です。

私の場合は、「出金口座」と入力しました。

出金口座

上図のように、銀行コードと支店コードが表示されていれば、特に問題はないでしょう。

もし、各コードが表示されない場合は、入力に誤りがある可能性があります。

入出金

続いて、「入出金と履歴」タブを選択し、「出金」をクリック。

画面を下にスクロールします。

「出金金額」と「認証コード」を入力し、『出金申請』ボタンをクリックします。

午前11:00までの申請であれば、2営業日内に登録口座に入金されるはずです。

出金手数料は、

  • 50万円以下:350円
  • 50万円以上:756円

となっています。

ビットコインをビットフライヤーで換金する

続いて、ビットフライヤーでの、ビットコインの換金方法を解説します。

ビットコインをビットフライヤーへ送金

まず、換金したいビットコインを、ビットフライヤーへ送金します。

 

上記より、ビットフライヤーにログイン。

ビットフライヤー

サイドメニューから、「入出金」を選択します。

ビットコイン アドレス

上図のようにビットコインのアドレスが表示されるので、ビットフライヤーへ送金してください。

ビットフライヤーでビットコインを換金する

ビットコイン取引所

サイドメニューから、「ビットコイン取引所」を選択。

(※「ビットコイン販売所」を選択すると、不利な条件になりますので間違わないようにしましょう。)

ビットコイン 売却

上図のように、ビットコインの注文画面が表示されるはずです。

私の場合は、「価格」は最初から入力されていた数字を採用しました。

ビットコインを少しでも高くで売りたい場合は、希望の金額を入力してください。

「数量」の箇所には、残高内でビットコインの売却数量を入力。

私の場合、「0.02」と入力したところ、手数料が0.00003BTCと表示されました。

なので、

0.02-0.00003=0.01997

と入力し直しています。

問題なければ、『コインを売る』ボタンをクリック。

あとは、約定するのを待つだけです。

ビットフライヤーから日本円を出金する

ビットフライヤー

サイドメニューから、入出金を選択します。

出金

『日本円ご出金』ボタンをクリック。

銀行口座情報を追加する

次に、上図のボタンをクリックして、出金先の銀行口座情報を登録してください。

日本円 出金

銀行口座情報の登録が終わったら、「この銀行口座にご出金」にチェックを入れます。

「ご出金額」を入力して、問題なければ『日本円を出金する』ボタンをクリック。

ビットフライヤーの出金手数料は、

  • 3万円未満:540円(税込)
  • 3万円以上:756円(税込)

となっています。

午前11:30までに申請すれば、当日中に出金されるはずです。

ビットコインを換金する前に

ビットコインを換金する前に、知っておいたほうがいいことを考えてみました。

先に予備知識として、頭の片隅に入れておくといいでしょう。

ビットコインの換金を行う取引所

ビットコインの換金を行う場合は、十分な取引ボリュームがある取引所を選ぶ必要があります。

なぜなら、ビットコインの取引ボリュームが少ないと、不利な条件で換金するハメになるからです。

ビットコインを換金する取引所は、

  • Zaif
  • ビットフライヤー

がおすすめです。

出来れば、2箇所とも登録を済ませておいたほうがいいでしょう。

 

 

なぜ、2箇所の取引所に登録するのか?

ビットコインに限らず仮想通貨の場合は、リスク分散のために保険をかけておくべきです。

例えば、あなたがZaifだけにしか登録しておらず、ビットコインを急いで換金したいとします。

その時、Zaifがメンテナンスのため出金を停止していれば、あなたは困ってしまうでしょう。

万が一の時のために、ビットフライヤーにも登録しておけば、あなたはすぐにビットコインを換金できるのです。

ビットコインを換金する際の税金

ビットコインを換金する場合は、税金のことも考える必要があります。

ビットコインで儲かったからといってスグに全てを換金すると、税金を取られ資金効率が悪くなるかもしれません。

例えば、ビットコインが100万円の時に、2枚購入したとします。

1年後、ビットコインが200万円になっていれば、嬉しくなって換金してしまうかもしれません。

その場合、ビットコインで得た利益は200万円ですから、

200万円×10%- 97,500円=102,500円

が所得税。

200万円×10%=200,000円

が住民税になります。

なので、手元には、

400万円-302,500円=3,697,500円

が残ることになる。

その結果、ビットコインに再投資する場合は、1.84875BTCの購入しか出来ません。

仮に、ビットコインを換金していなければ、税金も取られず更に儲かるかもしれないのです。

(※今回は仮想通貨だけで、生活している前提で計算しています。)

仮にビットコインを換金するとしても、税金のことを考えて必要最低限の金額にするといいでしょう。

税金はビットコインで大金を稼いでから、まとめて払えばいいと思います(笑)

ビットコインの税金の計算方法

ビットコインで得た利益は、雑所得として扱われます。

その為、給与所得など、その他の収入と合算される総合課税になる。

また、仮想通貨の場合は損失があっても、損益通算できません(汗)

ビットコインで100万円損をしても、収入から損失分を引くことは出来ないということ。

ビットコインでいくら損をしても、雑所得が0円になるだけです。

税金の計算はビットコインで得た利益とその他の所得を合算し、下記の税率と控除額から計算します。

  • 195万円以下:税率 5%、控除額 0円
  • 195~330万円 :税率10%、控除額 97,500円
  • 330~695万円 :税率20% 、控除額427,500円
  • 695~900万円: 税率23% 、控除額636,000円
  • 900~1,800万円 :税率33%、控除額 1,536,000円
  • 1,800~4,000万円:税率 40%、控除額 2,796,000円
  • 4,000万円以上: 税率45% 、控除額4,796,000円

他に、住民税が一律10%かかるので、注意してください。

ビットコインにこだわる必要はない

もし、あなたが海外の取引所で稼いだとして、日本の取引所に送金するのにビットコインに拘る必要はありません。

送金スピードを考えて、イーサリアムでもいいわけです。

また、リスク分散を考えると、ビットコインだけより他の仮想通貨も保有していたほうがいいと思います。

但し、他の仮想通貨をビットコインやイーサリアムに交換した場合は、時価計算で利益が出ていれば課税されます。

ですから、日本へ送金するためにビットコインやイーサリアムに交換するのは、日本円に換金することが決まってからがいいでしょう。

ビットコインの換金について

ビットコインの換金方法を知りたいのは、どんな人だろう。

今回の記事を書く前に、考えてみました。

最初で書きましたが、

「とりあえず、ビットコインを買ってみた」

という人はいるかな。

他には、

  • ビットコインをもらった人
  • 海外の取引所で稼いだ人

といった感じでしょうか。

例えば、ビットコインをもらった人は、プレゼント企画でもらうというのは考えられます。

ビットコインに興味がなくても、貰えるのであれば受け取リますよね。

その場合、ビットコインを、すぐに換金したいはずです。

Zaifやビットフライヤーなら、1週間もかからずに口座は開設できます。

なので、10日もあれば、ビットコインを換金して日本円を手にすることが可能です。

また、海外の取引所で稼いだ人の場合は、Zaifやビットフライヤーの口座は既に持っているでしょう。

ですから、スグにビットコインの換金は可能です。

ここで、

「海外の取引所で稼ぐ人は、ビットコインの換金方法は知っているよ」

と思うかもしれません。

でも、草コインを買っている人の中には、仮想通貨に詳しくない人も意外と多いんですよ。

(※草コインとは、知名度の低いコインのことです。)

チャレンジャーな人が多いようで、

「ブログ記事通りに、〇〇を購入したけど売り方がわからない」

といった質問もあります。

ビットコインの換金方法についても、

「稼いでから調べればいいや」

という楽観的な人もいるということ。

もし、あなたが私が想定するタイプに当てはまれば、今回の記事で問題なくビットコインを換金できるでしょう。

ですが、

「今回の記事ではビットコインの換金が出来ない」

という場合は、お手数ですがご連絡ください。

あなたがビットコインを換金できるように、情報収集のお手伝いをしたいと思います。

最後に、私の意見は利益を保証するものではありません。

ビットコインの投機は、必ず自己責任でお願いします。

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング