仮想通貨のビットコインを知っている人は多いですが、ビットコインキャッシュについてはどうでしょう。

「ビットコインの仲間かな?」

くらいの認識の人が多いと思います。

ですから、今回はビットコインキャッシュについて書いてみます。

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークによって誕生した仮想通貨です。

(※ハードフォークについては、下記記事を参考にして下さい。)

仮想通貨のハードフォークとは?を分かりやすく解説!
本日は、 「仮想通貨のハードフォークとは?」 について書いてみたいと思います。 本当は、イーサリアムのアップデ […]

ビットコインキャッシュが誕生したのは、2017年の8月ですから最近生まれたばかりと言えます。

ライトコインが誕生したのが、2011年の10月です。

(※ライトコインも、ビットコインのハードフォークによって生まれています。)

ですから、ビットコインキャッシュは、ライトコインの弟のような立場ではないでしょうか。

ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュは、ビットコインと比べると何が違うかを確認してみましょう。

  • ブロックサイズ
  • 送金手数料

が大きく違うと思います。

それぞれを解説していきます。

ビットコインキャッシュはブロックサイズが違う

ビットコインのブロックのサイズは、1Mです。

ビットコインとはなに?分かりやすく解説できたはず・・・
今回はビットコインとはなにか?について分かりやすく書いてみます。 ビットコインは多くの人が名前くらいは、聞いた […]

それに対して、ビットコインキャッシュのブロックサイズは、現時点で8Mあります。

(※32Mまでは、ハードフォーク無しで増やせるようです。)

ビットコインキャッシュは、ビットコインの8倍もブロックの容量が大きいのです。

というのも、ビットコインキャッシュが生まれたのは、ビットコインの欠点を克服するのが目的。

ですから、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決する為に、ビットコインキャッシュではブロックサイズを大きくしたのです。

(※スケーラビリティ問題とは、ビットコインの需要が急増したのに、受け皿の処理能力が変わらないことをいいます。)

ちなみに、ビットコインでは、このあとの8月24日にSegwitがアクティベートされています。

(※アクティベートとは制限が解除され、全ての機能が使えるようになることをいいます。)

Segwitとは?仮想通貨で稼ぐなら知っておきたい!
本日はライトコインについて書く予定が、Segwitという単語が出てきたので諦めました(汗) ライトコインを理解 […]

ビットコインキャッシュは送金手数料が安い

ビットコインの送金手数料の高騰が問題となっています。

これは、ビットコインの送金の処理を早くしてもらいたい人達が、手数料を上げるために起こるのです。

なぜ、ビットコインの送金の処理を急ぐのか?

ビットコインの価格は、絶えず変動しています。

その為、送金スピードが遅いと、損失が大きくなる可能性があるからです。

ちなみに、なぜ送金スピードが遅くなるかというと、ビットコインのブロックサイズが小さいのが問題でしょう。

ブロックサイズが小さいと、トランザクション処理に影響がでます。

ブロックサイズとトランザクション処理の関係は、以下のサイトを見ると理解しやすいです。

TX Highway
Analyze BCH and BTC transactions in our transaction highway. #BitcoinCash is the future of #Bitcoin

上記は、トランザクションハイウェイと呼ばれるサイトです。

トランザクションハイウェイでは、ビットコインキャッシュとビットコインのトランザクション処理の混雑が、リアルタイムで分かります。

トランザクションハイウェイ

また、赤枠内の車のマークをクリックすると、車種によってどれだけの送金が行われているかも分かります。

トランザクションハイウェイでは、ビットコインキャッシュが8レーン、ビットコインが1レーンとなっています。

これは、ブロックの大きさ1Mあたりを、1レーンで表しているのです。

ちなみに、どれだけ送金手数料に差があると思いますか?

ビットコインのネットワークが混雑していたときで、1万倍の差がありました。

具体的な数字を挙げると、ビットコインの送金手数料が4,000円の時に、ビットコインキャッシュは0.4円だったのです。

ビットコインキャッシュとビットコインの共通点

ビットコインキャッシュは、ビットコインのハードフォークによって生まれたのですから、共通点があって当然です。

では、ビットコインキャッシュとビットコインの共通点を挙げてみます。

  • 発行上限
  • ブロック生成時間
  • ブロック生成のアルゴリズム

等がビットコインキャッシュとビットコインの共通点です。

ビットコインキャッシュの発行上限

ビットコインキャッシュの発行上限は、2,100万枚です。

これは、ビットコインと同じですね。

ライトコインの8,400万枚と比べると、かなり少ないと思いませんか。

ビットコインと同様ビットコインキャッシュも、希少性を持たせたかったのでしょう。

ビットコインキャッシュのブロック生成時間

ビットコインキャッシュのブロック生成時間は、ビットコインと同じ10分です。

ただし、ビットコインキャッシュのブロックの容量は、ビットコインの8倍もあるのです。

ということは、ビットコインキャッシュの方が、圧倒的に処理速度が早いことが分かります。

ビットコインキャッシュのブロック生成のアルゴリズム

ビットコインキャッシュのブロック生成のアルゴリズムは、PoW(Proof of Work)です。

Proof of Workは、ビットコインで採用されているアルゴリズムです。

PoW(Proof-of-Work)とは?仮想通貨の用語?
仮想通貨を扱うようになると、PoWという用語を目にすることが多くなります。 Proof of Workの略です […]

ちなみに、ビットコインキャッシュの取引の承認作業をマイニングと呼びますが、専用の機材が必要なため一般の人では採算ベースに乗せることは不可能です。

クラウドマイニングとは?メリットとデメリットも考えた!?
本日はクラウドマイニングについて、解説したいと思います。 クラウドマイニングは仮想通貨を理解するためには、知っ […]
仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ

ビットコインキャッシュの今後の前に

ビットコインキャッシュの今後を予想する前に、昨年のビットコインキャッシュの値動きを確認してみましょう。

ビットコインキャッシュは、昨年は11月まで目立った動きはありません。

ですから、11月のチャートから見ていきましょう。

ビットコインキャッシュ

上図のチャートで目立つのは、11月12日ですね。

この日ビットコインキャッシュに、何があったのでしょう。

調べてみると、11月9日に、ビットコインのハードフォークの中止発表があったようです。

アップデートによる欠点の克服が期待されていただけに、ビットコインは失望売りで下落しています。

ビットコイン 11月

上図はビットコインのチャートです。

9日から12日にかけて急落しているのが分かります。

この時の急落は、ビットコインに失望した資金が、ビットコインキャッシュに流れたためだと考えられます。

ですから、ビットコインは急落し、ビットコインキャッシュが暴騰しているのです。

また、ビットコインキャッシュは14日にハードフォークを予定していたので、アップデートに対しての期待も買い圧力になったと考えられます。

結局、12日のビットコインキャッシュは、150,900円でスタートし294,500円の高値を付けています。

ビットコインキャッシュは、12日のたった1日で2倍近い上昇を見せたのです。

ビットコインキャッシュ 12月

次に、ビットコインキャッシュの12月のチャートです。

12月20日の急騰が目立ちます。

ビットコインキャッシュの急騰の原因を調べてみましょう。

まずは、全米最大の取引所coinbaseが、20日からビットコインキャッシュの取扱を開始しています。

これにより、ビットコインキャッシュへの関心が高まったようです。

また、Bitcoin.comの共同創業者兼CTOのEmil Oldenburg氏が、自身が保有するビットコインを全て売却し、ビットコインキャッシュを購入したことを発表。

Bitcoin.comは、ビットコインウォレットサービスを提供している会社です。

ということは、ビットコインのお陰で成り立っている会社のCTO(最高技術責任者)が、ライバルのビットコインキャッシュに乗り換えたことになります。

仮想通貨のスペシャリストが、ビットコインよりビットコインキャッシュの方が優れていることを認めたのです。

ビットコインキャッシュが高騰するのも頷けます。

次に、22日の暴落が目立ちます。

この暴落は、ウクライナLiqui(仮想通貨取引所)で大量のビットコインが盗まれた、との噂が流れたのも1つの原因のようです。

ですが、直接の原因は、機関投資家の大口の売りが、一般投資家の狼狽売りを誘ったようです。

機関投資家は年内の利確の目的があったのでしょうが、仮想通貨の一般投資家は相場に慣れていない人が多いのでパニックになったのでしょう。

2017年のビットコインキャッシュの日本での動き

昨年ビットコインキャッシュは、日本では8月2日から取引されています。

その時のビットコインキャッシュの初値は2万円

ビットコインキャッシュ、国内で取引開始 初値は2万円 
 仮想通貨ビットコインから分裂して誕生した新通貨「ビットコインキャッシュ」の取引が2日、国内で始まった。BTCボックス(東京・中央)が運営する取引所では午前5時45分から現物取引を開始し、初値は2万円

その後上昇を続け、12月21日に最高値の499,990円をつけています。

ビットコインキャッシュは誕生後わずか5ヶ月で、実に25倍の価格上昇を見せたのです。

ビットコインキャッシュの今後(2018年)は?

昨年は大きな躍進の年となったビットコインキャッシュですが、今後(2018年)はどうなるでしょう。

まずは、今年に入ってからの値動きを確認します。

ビットコインキャッシュ 2018年

上図は今年に入ってからのビットコインキャッシュのチャートです。

ビットコインキャッシュは1月は半ばまで、ほぼ横ばい状態ですね。

ところが、ビットコインキャッシュは、16日から暴落しています。

ビットコインキャッシュに、何があったのでしょう。

調べると、

「中国、仮想通貨取引への取り締まりを強化」

といったニュースが流れたようです。

これにより、仮想通貨全般が急落しています。

上の動画は日本語訳が出ますので、時間があればご確認下さい。

とにかく、ビットコインキャッシュを始め、仮想通貨は殆どが下降トレンドに入っています。

悪い材料が次から次に出てくるので仕方ありません。

例えば、1月26日のcoincheckのハッキング問題。

2月2日に分かったBithumb(ビッサム)でのハッキング事件。

(※ビッサムは韓国の大手仮想通貨取引所です。)

ビットコインキャッシュは最高値を付けてから、わずか1ヶ月半ほどで約5分の1の価格まで下落しています。

この状況では、ビットコインキャッシュの今後については、普通は悲観的な予測しか出来ないでしょう。

ですが、私はビットコインキャッシュは、息を吹き返すと思っています。

理由としては、ビットコインクラッシクの開発グループが、ビットコインキャッシュが将来のビットコインだと認めたことがあげられます。

closing
Bitcoin Classic

上記のサイトでビットコインクラッシクの開発グループは、ビットコインクラシックの開発を止めたことを発表しています。

彼らがビットコインクラッシクの開発をやめたのは、ビットコインキャッシュが彼らが求めていた機能を備えているからだと言っています。

他にも、SBIホールディングスが、ビットコインキャッシュのマイニングで、30%のシェアを取ることを目標にしていることも好材料です。

既に、SBIホールディングスは、ビットコインキャッシュのマイニング事業に参入しています。

日本を代表する金融グループが、勝算のない勝負はしないでしょう。

ビットコインキャッシュに将来性があるから、SBIホールディングスは多額の投資を行ったのです。

では、具体的な数字としてはビットコインキャッシュは、今後どの程度まで上昇が見込めるでしょうか。

私の個人的な予想では、2018年に150万円までは上昇すると思います

150万円は、ビットコインキャッシュの最高値の3倍の価格です。

ビットコインキャッシュは本家ビットコインより優れているのですから、本来はもっと高望みしたいところです。

ですが、ビットコインは、元祖なのでブランド力が違います。

ビットコインは熱狂的なファンも多いため、ビットコインキャッシュとの立場の逆転は現実的ではないでしょう。

なので、150万円という控えめな予想をしています(汗)

但し、私の予想はあくまで希望的観測であって、利益を保証するものではありません。

投資に関しては、必ず自己責任で行って下さい。

あと、仮想通貨の投資は、余剰資金で行ったほうがいいです。

理由は、仮想通貨の相場は、わずか1日で半分の価値になることもあるからです。

あなたが仮想通貨の取引を、楽しんで行えたら嬉しいです。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問や相談はコチラからどうぞ。

 

 

仮想通貨の取引を楽しむなら、Bitbankへの登録は済ませておいたほうがいいでしょう。

Bitbankへの登録は、下記よりどうぞ。

ビットバンクの公式サイトはコチラ
仮想通貨の取引所おすすめランキング